自分磨き

人気急上昇中の仕事、ウェブデザイナーになろう!「ウェブデザイン」を学ぶ

y-o0806


現在、どんどん拡大しているウェブ業界。


その中で、特に人気なのが「ウェブデザイナー」の仕事。


今回はウェブデザイナーの仕事や、なるための方法についてくわしく解説します!



●ウェブデザイナーの仕事とは?


ウェブデザイナーと一口に言っても、その中身は会社によってさまざま。


ただデザインを考えるだけでなく、ページで使う画像を加工したり、きちんとネット上で動くようにプログラミング言語を使って「コーディング」と呼ばれる作業を行ったりと、ウェブページ作成の実務的な技術まで仕事に含むことが多いです。


つまり、ウェブデザイナーになるためには「デザイン力」と「ウェブページ作成技術」両方が必要なのです。


また、ウェブの技術は日々進歩します。最新情報をチェックし、勉強する積極的な姿勢も求められます。



●どうやったらなれる?


ウェブデザイナーになるために、資格は特に不要。基本的には実務能力を問うので、学歴や年齢などの制限もほとんどありません。


まずはデザイン・プログラミング言語などの基本知識を勉強した上で、見習いやアシスタントとして仕事を始め、やがて独り立ちするパターンが多いようです。


基本知識は、専門学校や通信講座などで学ぶことができます。


本や教材もたくさんありますので、それらを使って独学で勉強することもできます。


しかし学校に通うにせよ、独学にせよ、それなりにお金はかかります。


ウェブデザイナーの仕事を行う上で必要なソフトを自宅でそろえれば、数十万円単位は必要でしょう。



最初は大変ですが、ウェブデザイナーは会社勤めだけでなく、独立して仕事をすることも可能。


パソコン、必要なソフト、ネット環境があれば、場所を問わないのも魅力です。


結婚・出産を経たり、転居したりしても続けられるので、女性も十分に活躍できるお仕事。


興味のある方は、まず勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ