自分磨き

なんとなくやる気が出ない……「5月病」になってしまったときの対処法


環境の変化が多くあわただしい4月を終え、5月のゴールデンウィークを過ぎた今「やる気が出ない」「疲れが取れない」「無力感」などを感じてはいませんか?


これは典型的な五月病の症状です。しかしいくら元気がなくても、やらなくてはいけないことはたくさん。


仕事をひんぱんに休むわけにはいきませんよね。


ということで、今回は五月病になってしまったときの効果的な対策方法をご紹介します。



【五月病の対策方法3つ!】


【1】なるべく新しい刺激を避ける


五月病は、新しい刺激をたくさん受けて心が疲れてしまっている状態。


そんなときに、さらに新しい情報を詰め込むのはよくありません。


むしろ、昔からよく聴いていた音楽を流したり、長い付き合いの友人と会って話したりと、自分が「なつかしい」と思えることをするのがオススメ。


深くリラックスでき、症状もやわらぐでしょう。



【2】栄養がある食事をする


五月病というと心の疲ればかりが注目されますが、カラダも同じく弱っています。


4月は飲み会なども多く、忙しさにかまけて食生活も乱れがちな時期です。


体調管理も兼ねて、飲み会を減らす、自炊する、など健康的な食事を心がけましょう。


カラダとともに、心の症状も改善されていくはず。



【3】あまりに辛いときは病院へ!


明らかに生活に支障が出るぐらい五月病の症状が強く出ているなら、専門の病院に行ってプロの力を借りましょう。


カラダと同じで、心も早めに治療することで短期で回復できます。


症状をおさえこみ、ムリヤリ活動するのは悪化のもと。無理は禁物です。



上記の対策方法を心がけることはそのまま予防にもつながります。ぜひみなさん覚えておいてくださいね。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ