自分磨き

人事のプロフェッショナルになる!「社会保険労務士」


働いていると雇用保険や年金のことが気になります。


なんとなく制度のことは知っていても、細かい内容は複雑で分からないことが多いですよね。しかし生きていく上で欠かせないものですから、知っているにこしたことはありません。


今回はそんな必要不可欠な制度を知り、仕事にも生かすことができる人気資格「社会保険労務士」についてご紹介しましょう。


【何をする資格なの?】

社会保険労務士(社労士)は、労務や社会保険の専門的な書類を作成したり、手続きを行ったりするのが主なお仕事。企業では「総務」「人事」の業務にあたります。


社会保険の書類作成や手続き代行は、社労士の資格を持っている人しかできません。そのため、資格取得者のニーズは高いです。 実際、総務・人事に所属する人が取得を目指すことが多いです。


これから総務・人事関係の仕事を希望する人も取得しておくと有利。企業に所属するだけでなく、個人的に企業と契約を結ぶことができれば、開業も可能。働き方の幅が広がります。


【どうすればなれるの?】

社労士の試験は毎年8月に全国で行われます。基本的に高専・短大卒以上の成人であれば受験可能。人気資格だけあり、受験者は5万人程度とかなり多いです。


試験は全問マーク式ですが、合格率は10パーセント以下と決して簡単な内容ではありません。しかしテキストや通信教育・予備校などは充実しているため、勉強はすぐに始められます。


社労士で必要な知識は自分が生活していく上でも役に立ちますし、勉強して損はありませんよ。


基本的に合格までは半年程度の勉強が目安とされていますが、今から頑張れば今年の試験になんとか間に合う……かも? 人事・総務関連の仕事に興味のある方はぜひチャレンジしてみてください!

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ