自分磨き

意外と知らない!立食形式のパーティに招かれたときの基本ルール

立食パーティーのマナー

立食形式のパーティーに参加したことはありますか?


パーティーの中では比較的気軽な雰囲気で楽しめるものとされていますが、実際には事前準備や当日の振る舞いで悩んだり困ったりすることも多いようです。


しかし、いくつかのポイントさえ押さえておけば問題ありません!今回は立食形式のパーティーで守りたいポイントをご紹介しましょう。


立食パーティの基本マナー3つ

【1】「立って食べるのに困らない」コーディネイトをチョイス!

食事を自分で取り分けたり、グラスや皿を手に持ったり、会場を歩き回ったりと、ふつうのパーティーより動きが多いのが立食形式の特徴。


ずっと立っているのに支障のない靴、動きを制限しないシルエットのドレスを選びましょう。バッグもショルダータイプなど、両手が空くタイプのものを。


【2】立食パーティーの目的は「トーク」!

席に座らず、会場内を自由に動けるのは、招待客同士が交流できるようにするため。そう、立食パーティーの主な目的は食事ではなく「話すこと」。


できるだけ多くの人と交流して楽しみたいですね。スムーズに自己紹介できるよう、事前に話す内容をまとめておいたり、名刺を用意したりしておくとあわてずにすみます。


【3】食事の取り分けルールも覚えておこう

飲食がメインではないとはいえ、食事についてのルールもしっかり守りましょう。


食事は温かいものと冷たいものをひとつのお皿に盛らない、取り分けたらすみやかに食べ物が置いてあるテーブルから離れる、取り皿はなるべく片手で持つ……あたりは常識として覚えておきたいところ。


いかがですか?マナーを守り、堂々と楽しめば、主催者の人にも招いてよかったと喜んでもらえるはず!ぜひ覚えておいてくださいね。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ