自分磨き

トラベル・観光業界志望者は必見!「旅行業務取扱管理者」の資格


女子に人気の就職先といえばトラベル業界。人気なだけに競争率も高いので、志望する人は就職に向けた対策を取っておくといいですね。


今回は取得しておくとダンゼン有利、トラベル業界では必須の資格「旅行業務取扱管理者」についてご紹介しましょう。


【旅行会社には必ずいる「旅行業務取扱管理者」】

旅行業務取扱管理者は、いわば旅行を手配するプロ。旅行するお客さんに対して内容・プランをわかりやすく説明することが求められ、旅行代理店・営業所ではこの資格を持った人を置くことが法律で決められています。


旅行業務取扱管理者には2種類あります。国内旅行を取り扱う「国内旅行業務取扱管理者」と、国内・海外旅行を取り扱う「総合旅行業務取扱管理者」。


どちらかひとつだけ取得することもできますが、ふたつの試験の内容は似ているので、一気に両方取得することを目指す人が多いです。


【どうやったら取得できるの?】

旅行業務取扱管理者の資格はペーパーテストをパスすることで取得できます。試験は「旅行に関する法律」「交通費などを含めた旅費計算」「国内・海外の観光地理」などを出題。


幅広い知識を身につけなければいけないため、合格率は国内・総合ともに2~30%程度。


決してカンタンに取れる資格ではありません。

しかし、勉強は基本的に知識を覚える暗記がメインです。コツコツ覚えるのが得意な人なら、通信教育やテキストを使って1年程度独学で勉強し、合格することも十分可能だとか。


ちなみに、受験資格は特にありません。年齢・学歴・経験なく取得できますし、トラベル業界では唯一の国家資格。履歴書にも堂々と書けますよ。


試験を運営している社団法人「日本旅行業協会」の公式サイトでは、過去5年分の試験問題と正解を公表しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ