自分磨き

気持ちよく仕事納め!あいさつや気配りポイントを押さえよう

仕事納めのオフィス

2012年も終わりに近づいてきました。あとは仕事納めを待つだけ、という方も多いでしょう。長期のお休みが目前でつい気がゆるんでしまいますが、気持ちよく来年を迎えるためにも、仕事納めのマナーを押さえておきましょう。


仕事納め、やるべきこと3つ!

①仕事の漏れはない?

デスクまわりやパソコンの中身をチェックして、今年中にやらなくてはいけないことを片づけてしまいましょう。

特に忘れてはいけないのが、取引先や顧客への連絡です。「1年お世話になったあいさつ」「年末年始の休み期間」をメールや電話でお知らせしておきましょう。


②仕事はじめにすることをリストアップ

年始の初出社時にすることをメモしておきましょう。今は覚えていても、数日休みをはさんでしまうと、うっかり抜け落ちてしまうことが必ず出てきます。

仕事始めはメモを見て作業すれば、スムーズにいつものリズムを取り戻せます。


③社内でも今年最後のあいさつ!

退社するときは「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします」と、簡単でかまわないので、あいさつをしてから帰りましょう。

会社の規模によって、あいさつする範囲は変わります。自分の所属する部署・上司あたりは基本ですが、人数の少ない企業だと、社長にまで言わなくてはいけないことも。迷ったら同僚や先輩に聞いて確認しておくと良いでしょう。


「終わり良ければ全てよし」といいますよね。

たとえ1年間いろいろあったとしても、スマートに仕事納めができれば、好印象で今年を締めくくることができますよ。

最後の一仕事をがんばって、みなさん良いお年を!


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ