自分磨き

ぷるぷる美肌も一緒に手に入れる『プチ断食のすすめ』


「寒くなってくると太る!」という女性は多いもの。

もしも昨日に食べ過ぎてしまった場合、あなたはどう対処していますか?

ジョギングやサウナよりも手っ取り早く、しかも“ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる、必殺のダイエット方法を伝授いたします!

 

脂肪が気になる季節がやってきた!

人間の身体は寒い季節には脂肪をたくわえ熱を蓄積しようとします。でも最近は暖房の効いた部屋で過ごすことが多くなり、体温を上げるために必要なエネルギーが不必要になってしいます。これが太る原因だといわれています。

「でもダイエットは続かない……」
そんな方にオススメなのが最近はやりの『プチ断食』!

ゆうこりんこと小倉優子さんがブログで2日間のプチ断食を報告したことも有名ですね。結果、1.5キロの減量に成功したそう。

“断食”といっても酵素ドリンクや野菜ジュースなら飲んでもOKなので、思ったほどつらくありません。しかも、やせるだけでなくお肌もツヤツヤになるなんて夢のようじゃないですか?

 

プチ断食はつらくない!

プチ断食の方法にはいろいろありますが、一般的に有名なのは
●「金曜日を軽めに食べて、土曜日を野菜ジュースだけで過ごし、日曜日はおかゆからはじめる」というもの。

もちろんこの方法でも有効なのですが、週末をアクティブに過ごしたい人には不向きですよね。

そこで筆者も実践をしていてオススメする方法は
●「毎日の朝食を抜く方法」と、
●「過食後の一日を断食する方法」をあわせて行う方法です。

よく「朝食を抜くと頭がよく働かない」といわれますが、これには医学的根拠はないようです。

朝起きてすぐ、おなかが空いていないという人も多いはず。おなかが空かないならムリに食べる必要はない。
朝は排出に適した時間帯だから、ムリに食事をして消化活動にエネルギーを使うと排せつが中途半端になってしまうという説があるのです。
「西式健康法」という、西勝造が1927年に創始した健康法です。

また、こんな研究結果も存在します。
「浜松医科大学の甲田医師は、朝食の有無が体に与える影響を検証するため、男女の学生8人を対象に生活条件を同一にして、朝食を抜いた時の血糖値などを比較した。
すると、全員が朝食抜きでも低血糖状態にならなかったばかりか、昼食直前の血糖値は朝食を食べた時とほとんど差がなかった」

この結果からいえることは、「朝食を抜いたからといって血糖値は下がらず、それによって思考能力が低下したり活動に影響が出るようなことはない」ということです。

 

老化を遅らせることができる遺伝子

また、最近「サーチュイン遺伝子」という言葉を耳にすることが多くなってきました。

これが“ぷるぷる美肌”を手に入れるための遺伝子なのです!

「サーチュイン遺伝子」とは飢餓細胞のことで、人間誰でも体内に持っていて、普段は眠っています。それが「飢餓状態」を感じると目覚め、身体から老廃物を排出し、皮膚や血管や内臓を修復しようと働きます。

現在の研究では、「サーチュイン遺伝子」を活性化すれば老化を極限まで遅らせることができ、元気ではつらつとした100歳を迎えることができるそうなのです。

この「サーチュイン遺伝子」を活性化させる方法は、カロリー制限。
普段の食事を7割程度に減らすことなのですが、それを毎食意識して続けるのはなかなか大変ですよね。だから、「朝食抜き」なのです。

ちなみに「西式健康法」では、サーチュイン遺伝子が発見されるずっと前から小食の人の自然治癒力に着目していたようです。

朝食を抜くとお昼までもたないのでは? と心配なら、酵素ドリンクや野菜ジュースを飲んでください。
野菜ジュースは自分で作ったものでないと効果がありません。市販の100%ジュースでは酵素はほとんど含まれないので効果が減ってしまいます。
酵素は、断食で内臓を休めている間の身体の修復に使われますから、美肌効果や若返り効果がアップします。

ぜひ、若返り効果で“ぷるぷる美肌”を手に入れてくださいね。

 

食べ過ぎたと後悔しても翌日に挽回できる!

これから年末にかけて、忘年会や飲み会などが多くなり、過食の機会も増えるはず。
過食してしまった翌日を「一日断食」する方法で、身体をリセットしてみましょう!

前日の過食で内臓はぐったり疲れているはずです。二日酔いなどはまさに、内臓が疲れている証拠。

こういうときはムリに食事をしないで内臓を休ませると、疲れはさっぱりと抜いてしまいます。
できれば栄養補給に手作りの野菜ジュースだけですごすのがオススメですが、面倒ならすりおろしりんごか大根おろしだけを、空腹時に食べてみましょう。

こうすることで、翌日からすっかり元気に動き回れるはずです。

『朝食抜き』と『過食後の一日断食』、この2つを組み合わせることで、太りにくい体質になっていきます。筆者はもうこれを取り入れて5年以上になりますが、165センチ49キロの体型をずっと維持し続けていますよ!

ちなみに、肌荒れとは、“細胞が水を溜め込めなくなっている状態”のこと。プチ断食で身体に飢餓状態を与えると、細胞があわてて水を取り込みはじめます。プチ断食の効果はお肌にも現れてくるのです。“ぷるぷる美肌”も一緒に手にいれましょう。

デミ・ムーア、セルマ・ハヤック、グウィネス・パルトロウといったハリウッド女優もプチ断食信者だといわれています。女優の安達祐実さんは食べ過ぎた翌日のみプチ断食を続けているそうです。女優の小雪さんやEXILEのアツシさんもテレビで断食にチャレンジしたことを報告したそうです。

プロも信頼するこの「プチ断食」は、手軽でお金もかからないところも嬉しいですね。あなたもからだの中をリセットして、きれいなプロポーションと“ぷるぷる美肌”を一緒に手に入れてみませんか?

 

関連コラム

ノーブラ状態で過ごすと「おっぱいが大きくなる」事実

他人には聞けない「アソコ切開」の怖い話

セックスはオーラの交換?セックス断捨離で運気をデトックス

「女の魅力は19〜20歳がピーク説」に真っ向から反論してみた

男の目が光る瞬間!初デートで必ず女性のココを見る

 

おすすめ特集コラム

恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選

「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選

自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選

サボリ女子のホメられBodyの作り方

Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ