自分磨き

現代版冠婚葬祭タブー&NG~喪中の年賀状マナー

 

師走間近。そろそろ年末年始の準備を考えなくてはいけませんね。

特に今から準備をしておきたいのが「年賀状」。最近はメールで済ませることも増えていますが、仕事関係の人や年配の方の場合は、やはり紙の年賀状を送っておかなくてはいけませんよね。

今回は年賀状を書くために絶対に押さえておかなければならないマナーをご紹介します。

 

 

【年賀状を出すときに悩む一番のポイントは……】

 

年賀状を出すときにいちばん悩むのが、「喪中」の扱い。これによって年賀状の出す・出さないが決まります。相手が喪中だった場合は、年賀状の代わりに「寒中見舞い」を1月8日以降、節分(2月3日)までに送らなければなりません。

けれど、「喪中」って難しいんですよね。血縁関係どこまでを含めるか、きちんとご存じですか?

 

 

【喪中の範囲はどこまで?】

 

基本的に「一親等」が亡くなった場合は1年間、「二親等」の場合は3ヶ月が喪中期間、そして三親等以上は含めない、というのがルールになっています。

ちなみに、一親等にあたるのは「配偶者」「子ども」「両親」「配偶者の両親」。二親等にあたるのは「兄弟姉妹」「祖父母」「配偶者の兄弟姉妹」「祖父母」です。たとえば、出したい相手の祖母が3ヵ月以内に亡くなっていたら、喪中なので年賀状を出してはいけません。

しかしこれはあくまでも原則。二親等でも同居していたり、家計が同一だったりする場合は、一親等と同じように1年間を喪中の期間とすることが多いようです。

 

また、自分が喪中期間となっている場合は、「年賀状は遠慮します」ということを伝える「喪中はがき」を必ず出しましょう。これは相手が年賀はがきを書く前に届けなければいけないので、12月上旬までに出すのがベストです。

 

基本マナーを押さえて、失礼のないご挨拶ができるようにしましょうね。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ