自分磨き

秘書から学ぶビジネスマナー -よくわからない「カタカナ肩書き」-

 

「CEO」「ゼネラルマネージャー」「ディレクター」……最近、英語やカタカナを使ったよく分からない「肩書き」を見かけることってありませんか?

「どれぐらいの立場の人なんだろう?」「どんな仕事をしている人?」と疑問に思ったことがある人も多いんじゃないでしょうか。

ということで、今回はよく分からない「カタカナ肩書き」について、分かりやすく解説します!

 

 

【こんな立場の人だったの!?カタカナ肩書きを解説!】

 

◆CEO

最近よく聞く肩書き「CEO」。日本語では「最高経営責任者」と訳されます。アメリカ型の企業で使われる肩書きで、実質的なトップと考えておけば間違いありません。

最近は日本の企業でも「CEO」を名乗る人が出てきましたが、日本ではまだ「CEO」は正式名称として認められていません。単に「代表取締役」を言い換えているだけのことが多いようです。

 

◆マネージャー

日本では「マネージャー」というと「芸能人の付き人」みたいな人を思い浮かべる人が多いですが、ビジネス用語としての「マネージャー」はちょっと意味合いが違います。

基本的に企業内で「マネージャー」と呼ばれる人は、「管理職」にあたる立場の人のこと。「ゼネラルマネージャー」は、部長・支店長クラスを指します。

 

◆ディレクター

テレビ局の「ディレクター」をイメージする人が多いでしょうが、企業内では「取締役」のこと。「ディレクター」の英語表記は「director」、そのもとになっている「direction(ディレクション)」は「指揮・指導・命令」という意味。指揮するひと、命令する人、と考えるとイメージしやすいですね。

 

 

理解できましたか?

いざ上記の肩書きの人と会うことになっても慌てないよう、しっかり覚えておきましょう。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ