自分磨き

職場の気配り&マナー~飲み会で「幹事」になったら?

年末に向けて、飲み会が徐々に増えていく時期ですね。

飲み会は、ただ参加するだけなら楽しいのですが、場合によっては自分が幹事を引き受けなければならないことも。特に上司や偉い人が参加するような職場の飲み会だと、責任重大!うまく段取りを考え、失敗のないようスムーズに進めていきたいところです。

そこで今回は、幹事になってしまったあなたのために、それぞれの段階で押さえるべきポイントをお教えします!

 

 

ここに注意!幹事が気をつけること3つ

<準備編>

・日程は上司に合わせる!

新人歓迎会なら新人、送別会なら異動する人、など「主役」がはっきりしている場合は別ですが、基本的に日程はまず上司の予定を優先して合わせましょう。上司が決めた日程なら仕方ないな、と参加者も納得してくれます。

 

<お店への連絡編>

・お店に必ず「いつまで人数が変更可能か」聞いておく!

参加人数は直前まで変更があるのが普通です。予約する際には必ず「人数変更の可能性がある」ことを伝え、いつまで変更が可能か確認しておきましょう。前日ぐらいまで変更可能なお店を選んでおくと安心です。

 

<当日>

・参加費は事前に集める!

全員分お金を集めたはずなのに、なぜかお会計の金額より足りない……よくあるトラブルです。飲み会後の酔った状態ではどうしても混乱してしまいますし、途中でこっそり帰ってしまう参加者がいることも。できればお金は飲み会前にしっかり集めておきましょう。

 

幹事さんは、準備から当日を迎えるまで、やらなくてはいけないことがたくさんあります。大変ですが、そのぶんうまくこなせると、周囲からの評価は間違いなく上がります。「幹事ができる人は仕事ができる」という意見も多いですよね。

気をつけるべきポイントを押さえて、ぜひあなたもデキる幹事になってくださいね。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ