自分磨き

コーヒー好き必見!「バリスタ」になれる資格って?


日本には多くの喫茶店やカフェ、コーヒーチェーンがありますね。落ち着いた空間で、コーヒーが飲んでリラックスするのが好き、という女子もたくさんいるはず。

 

そんな中、注目されているのがコーヒーを淹れるプロ「バリスタ」です。職業として「なりたい!」という人も増え、専門スクールも開講されるようになりました。
しかし実際、バリスタにはどうやったらなれるのでしょう?今回はその道のりをご紹介します。

 

 

【「バリスタ」に資格って必要?】

 

「バリスタ」になるために必要な資格というものはありません。しかしコーヒーに関する資格はいくつかあり、取得しておくことで技量をアピールすることはできます。
有名なのは、日本スペシャリティコーヒー協会の資格「コーヒーマイスター」。「お客様に豊かなコーヒー生活を提案できるサービスマン」として必要な技量を認定します。こちらを取得するためには、まず協会の会員になることが必要。その後、講座受講・実技講習会・試験をパスすれば、晴れて「コーヒーマイスター」として認められます。
また、各コーヒーチェーンが独自に行っているバリスタ試験もあります。たとえば「スターバックスコーヒー」。店舗で働く従業員には「バリスタ認定試験」が行われています。一般的にその内容は公開されていませんが、筆記や実技まで含んだ本格的なものだとか。

 

 

【経験に勝るものなし!】

 

バリスタはただコーヒーを淹れるだけでなく、接客技術も必要な仕事です。結局、実際に働く経験に勝るものはありません。コーヒーショップで働きながら必要に応じて資格を取る、というのが一人前のバリスタを目指す王道です。
ちなみに、バリスタは男女関係なく活躍できるのもいいところ。コーヒー製品のプロデュースを行うほど活躍している日本人の有名女性バリスタも存在します。
コーヒーが好きで究めたい……そんなあなた、思い切ってプロの道に進むのもアリですよ!

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ