自分磨き

幸せのお手伝い!「ウエディングプランナー」を目指す


 

 

結婚式は女子のあこがれ。一生に一度の晴れ舞台、それぞれのカップルがこだわりを持って式を挙げています。
そのお手伝いをするのが、ウエディングプランナー。
2001年にはジェニファー・ロペス主演の「ウエディング・プランナー」という映画が公開されたことをきっかけに、認知度もアップ。人気の職業としてしばしばテレビや雑誌などでも取り上げられていますが、実際にどんなお仕事をするか、みなさんはご存じでしょうか?

 

 

【「ウエディングプランナー」ってどんな人?】

 

ウエディングプランナーは、結婚式場やレストラン、ホテルなどで働いています。最初の相談から段取り、本番の進行まで、担当したカップルをつきっきりで支えるのが基本。そのため、単なる接客スキルだけでなく、ウエディング関係の幅広い知識が求められます。

 

 

【どうやったらなれるの?】

 

ウエディングプランナーになるために必要な資格はありません。民間資格がいくつかありますが、必須というわけではありません。しかし、ウエディングプランナーに転職したいと考えているなら、資格取得を目指して一通り勉強しておくと有利です。
たとえば、全米ブライダルコンサルタント協会が認定する「ブライダルプランナー検定」。こちらは受験資格は特になく、誰でも受験できます。1級と2級があり、どちらもウエディングに関するマナーや接客知識などが出題されます。
時間とお金に余裕があるなら、気合いを入れてスクールに通う手も。大手だと「ヒューマンアカデミー」や「バンタン」などがウエディングプランナー専門コースを設けています。

 

 

冠婚葬祭に関わる責任も大きいけれど、その分やりがいはバツグン。それがウエディングプランナーの仕事です。人を幸せにする仕事をしたい!そうお考えのあなた、一度検討してみてはいかが?

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ