自分磨き

ニュースで毎日聞く「日経平均」って何?株価について分かりやすく解説!


 

 

テレビのニュースを見ていると、必ず「株価情報」が流れますよね。番組の最後に「日経平均株価」と「TOPIX(トピックス)」の数値をアナウンサーが読み上げる光景、みなさんも目にしたことがあるでしょう。
しかし「日経平均株価」と「TOPIX」についてちゃんと理解している人、案外少ないのでは?
ということで、今回はこの2つの用語を分かりやすく解説します!

 

 

【日経平均株価】

 

ここでの「日経」は、日本経済新聞社のこと。日本経済新聞社は東証一部上場企業の中から主要な会社を225社選び、それらの株価の平均値をひとつの目安として発表しています。これが「日経平均株価」。225社は固定ではなく、定期的に見直しと入れ替えを行っています。
ちなみに現在選出されている企業は、ソニー、トヨタ自動車、ヤフーなど。日本を代表する超有名企業ばかりですね。「日経平均株価は日本の景気を表す」と言われるのも納得です。

 

 

【TOPIX】

 

「TOkyo stock Price IndeX」の略。日本語では「東証株価指数」といいます。こちらは東京証券取引所が公開している数値で、単位は「ポイント」。東証一部に上場している銘柄すべての時価総額の平均値です。
上場している銘柄全てが対象、しかも一秒単位で配信されているので、リアルタイムで市場全体の動きを把握できる数値だと言われています。

 

分かりましたか?

 

どちらも数値の計算方法はものすご~く複雑なのですが、基本的には数値が上がれば景気が良く、下がれば景気が悪い、と考えておけば問題ありません。
時事ネタとして株価についてさらっと話せれば「ちゃんと経済のことも分かる女子」として評判が上がるかも!?ちょっと気をつけて、ニュースをチェックしてみてくださいね。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ