自分磨き

秘書から学ぶビジネスマナー -「会議用語」を学ぼう!-


 

【どの会社にもあるはず!「会議」にまつわる言葉をお勉強】

 

社内で何かを決定する際につきものの「会議」。普段の会議では専門的な用語を使うことはほとんどありませんが、大事なことを決めるときや、正式な場での会議となると、ルールも用語もきっちり決まっています。
ということで、今回は正式な会議で使われる用語を4つ、ピックアップしてみました。

 

・委任状
・定足数
・動議
・採択

 

これらの用語の意味、説明できますか?

 

……分かりましたか?
解答は次の通りです。

 

委任状(いにんじょう)……議決権を特定の人に委ねることを記載した文書。
定足数(ていそくすう)……会議の成立・議決に必要な最小限の人数。
動議(どうぎ)……会議中、本来の目的とは異なる内容を審議するように議題を出すこと。またはその議題。
採択(さいたく)……議案や意見などを正式に採り上げること。上で挙げた「動議」が通ったときも「動議が採択された」というように使います。

 

 

ちょっと難しいですが、きちんと理解しておくと、議事録の作成を頼まれたときもスムーズに進められますよ。
またこれらの用語は「株主総会」や「国会」などでもひんぱんに使われるため、政治・経済ニュースで耳にすることも多いです。知識として知っておくと便利なので、ぜひ押さえておきましょうね!

 

ビジネスマナーを知り尽くした女性、それは「秘書」!日々気遣いや礼儀を忘れず、仕事をこなす秘書は、働く女性のお手本です。
秘書のための資格「秘書検定」では、「資質」「職務知識」「一般知識」「マナー・接遇」「技能」、5つの領域から試験が出題されます。
今回は「技能」の問題から、ビジネス知識をお勉強してみました。
秘書じゃなくても、仕事の役に立つ情報が満載ですよ!

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ