自分磨き

職場での気配り&マナー 「上司が出席する飲み会」

上司とお酒

仕事がらみで食事や飲み会に行く機会ってありますよね。メンバーに取引先の人や上司がいると、友だち同士の飲み会とは違い、気をつかわなければならないことが出てきます。


たとえば、会場での座るべき場所。

誰をどの席に案内すればいいか、きちんと理解していますか?

いざというときに困らないよう、この機会に確認しておきましょう。


誰が一番偉い?「上座」「下座」に座る順番

「上座(かみざ)」「下座(しもざ)」という言葉はみなさんも聞いたことがあるでしょう。目上の人が座るべき席を上座、もてなす側や目下にあたる人が座る席を下座と呼びます。


接待では当然、取引先の人が上座に座ることになります。取引先の地位が高い順から座ってもらうようにしましょう。もし同じ役職の人が複数名いる場合は、年功序列。年齢の高い人から先に座ってもらいます。

また、奥さん連れなどの場合、家族も同等の席に案内するのがマナーです。


例外もしっかり覚えておきたい、「上座」「下座」の位置

お座敷かテーブルかなど、様式によって微妙に異なりますが、基本的には入口から遠い方が上座、近い方が下座です。目上の人ほど奥側、と考えておけば基本的に間違いはありません。


しかし当然、例外もあります。

ひとつは、座敷で床の間がついている場合。このときは一番奥ではなく、床の間の正面が一番の上座です。

また、庭つきだったり、外が展望できたりと、景色を楽しむような場所が会場の場合、奥・手前に関わらず、景色が一番きれいに眺められる場所が上座です。そちらに案内するようにしましょう。


自分が案内する立場なら、事前に参加者の上下関係を把握して、順番を考えておくのがベスト。

また、会場もできれば下調べしておきましょう。席の配置を事前に知っておけば、よりスムーズに案内できますよね。


スマートに案内して、デキる女を演出しちゃいましょう!


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ