自分磨き

あこがれだけど実際どうなの?「外資系」企業で働くということ

外資系企業イメージ

「外資系」と聞いたとき、みなさんは何を思い浮かべるでしょう?カタカナの社名、「厳しそう」「華やか」「カッコいい」というイメージ……なんとなくしか想像できませんよね。

そこで今回は、実際に外資系企業の勤務経験者からこっそり聞いた内情をお伝えしましょう。


意外?思った通り?外資系企業ってこんなところ

①英語はできて当たり前

仕事で使う機会のあるなしに関わらず、基本的に英語ができる人でないと採用は厳しいとのこと。同僚や上司が外国人なんてこともざらですし、本社が海外なら、緊急でそちらに電話やメール連絡が必要になることもあるそうです。


②自己主張が強い人が多い

外資系企業で働く人はよく「自分の意見を言えないと生き残れない」と言います。

日本では「周りに合わせる」「空気を読む」ことが大事ですが、外資系企業では「自分のことをはっきり言えない=自分のことすら分かっていない=仕事ができない」という考え。どんな場面でも、できるかぎり自分をアピールしなければなりません。そのため、自然と自己主張が強くなっていくようです。はためから見ると「ケンカ?」と思うような議論が職場で行われていることもしばしば……


③若い人が多い

海外では転職を繰り返すのが当たり前。ひとつの会社で長く働くということはあまりありません。外資系企業もその影響を受けているため、社歴が長い人が少なく、平均年齢も低め。たまに年配の人を見かけても「転職してきたばかりなのでまだ1年目です」なんてことも……。年齢でキャリアは判断できません。


このように特徴的な外資系企業。

男女差もほぼないので、バリバリ仕事して自分のことを認めてもらいたい!そんな意欲のある人には向いているようですよ。


あなたはいかがでしょうか?


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ