節約

年間18万の節約も夢じゃない!食費が自然に減る4つのステップ

  • 更新日:2020/07/30

「無駄遣いはしないようにしているけど、もっと節約できる方法はないかな」と考えている方におすすめなのが、食費の見直しです。

食費は、いっけん必要経費だと思いがちですが、同じ系統の調味料を何種類も買ってしまったり、使いきれずに腐らせてしまったりと、実は無駄が発生しやすいところでもあります。

マネーコンサルタントの市居愛さん著『お金を整える』では、「冷蔵庫を整える」ことで、食費の無駄を削減し、賢く節約する方法が紹介されています。今回は、本書を参考に、食費を節約するためのヒントをご紹介していきます。


食費節約のキモは「冷蔵庫の使い方」にアリ! 食費が自然に減る4つのステップ

多くの節約本において、食費節約のために勧められている方法は、「まずは一ヶ月の食費をこまかくチェックし、食費をいくら使っているか把握しよう」というものです。しかし、食費をこまかくチェックして、日々、牛乳一本買うのにも値段を気にする生活では、楽しく節約はできませんよね。

本書で紹介されているのは、そういった節約方法とは一味違い、キリキリと節約しなくても、自然と無駄な食費を減らせる方法です。この方法を実行した方の中には、年間18万円もの食費を削ることに成功した方もいるとか。では、以下で具体的な食費節約方法について見ていきましょう。(参考P.92-P.107)


食費が自然に減る「冷蔵庫の整え方」ステップ1 不要なものを捨てる

まずは、冷蔵庫からすべての食材を出し、「いるもの」と「いらないもの」を選別していきましょう。買ったのはいいけれど使っていないドレッシング類や調味料が数本あった、という方も多いのではないでしょうか?

どれも値段は数百円と高くないものかもしれませんが、年間の出費で考えるとバカにできません。不要なものを捨て、捨てたものを覚えておくようにしましょう。

捨てたものを覚えておくと、その後買い物に行ったときに、それが本当に必要かどうかをきちんと考えるクセをつけることができます。また、自分で作れるものは買わずに作る、という習慣にもつながります。

たとえば、「すき焼きのタレは、半分も使わずに賞味期限が来てしまい、捨てることになった」となれば、買うよりもタレを手作りする方が経済的です。「すき焼きのタレ 作り方」で検索すれば、簡単レシピがたくさん出てくる時代ですので、「作れるものは作る」を習慣付けましょう。

そうすれば、必要な分量を必要なときに作ることになるので、不必要な食費をカットできます。


食費が自然に減る「冷蔵庫の整え方」ステップ2 一週間買い物リストを作る

不要なものを捨てたら、つぎに、一週間の食材を書き出しましょう。

まずは、よく買っている食材を中心に書き出します。先週の買い物を思い出してみるのもいいでしょう。このリストをもとに、まずは冷蔵庫にないものだけを買い足します。

この買い物リストは、一度作ったら終わり、ではありません。翌週、もし食材がひとつ余ったとしたら、リストからその食材をひとつ減らします。これを何週間か繰り返していくうちに、一週間分の食材の量の目安がつかめてくるはずです。


もちろん毎週同じ食材ではないと思いますが、書き出していってみると、意外に同じような食材を使っていることに気がつくはずです。こうして一週間に使い切る量がわかってくると、料理を作りすぎて捨てたり、食材を腐らせてしまったりすることを防ぐことができ、経済的です。


食費が自然に減る「冷蔵庫の整え方」ステップ3 買い物は週に2回、曜日を決める

本書では、「食材や日常雑貨の買い物は、週に2回までにすべき」と提唱しています。また、曜日を決めておいた方がいい、とも述べています。


買い物の頻度と曜日を決めておくことで、なんとなくスーパーに立ち寄ったり、特売のチラシにつられて不要なものを購入したり、といった無駄な出費を削減できます。


食費が自然に減る「冷蔵庫の整え方」ステップ4 冷蔵庫の段ごとに食材の位置を決める

不要なものを捨て、一週間の食べる量を把握し、買い物の頻度や曜日を決めたあとは、「冷蔵庫の中の食材の位置」を決めましょう。たとえば、チルドには肉や魚、いちばん下の段は夕飯の下準備を入れるためになるべく空けておくスペース、2段目は副菜や常備菜や前日の残り物、3段目は朝ごはん、4段目はビールやチョコなどの嗜好品、といった分け方が考えられます。


この際に大切なことは、「奥まで入れないこと」です。奥の見えないところに食材を置いてしまうと、腐らせてしまったり、存在を忘れてまた買ってしまったり、といった無駄を引き起こすことになりがちです。無駄を省くために、すべての食材を見やすい位置に置きましょう。


さいごに。冷蔵庫を整えて、無駄な食費を削ろう!

食費の節約

今回ご紹介した、食費の節約になる冷蔵庫の整え方は、数時間あれば簡単にできる節約方法です。冷蔵庫を整えるだけで、食材のロスも減らせて、無駄なお金も減らせるのですから、やらない手はありませんよね。「食材を腐らせがち」「調味料の期限切れで捨てることがよくある」「食費の無駄をカットしたい」という方は、ぜひ試してみてください。


今回ご紹介した本

『お金を整える』

著者:市居愛

出版社:サンマーク出版


▼もっと節約を頑張りたいあなたに

・家計簿が続かないズボラさんにおすすめ!超簡単節約術
・節約ゼロで「お金が貯まる体質」に変わるための5つのクイズ
・どうしても削れない!「ファッション代」を節約するためのコツ
・「プレゼントはしない・見栄消費をしない」人生を豊かにする究極の節約哲学

【バックナンバー】女性を幸せにする本

産婦人科医に聞く。高齢出産はネガティブな情報ばかり……希望が持てることは?
知っておきたい「高齢出産の2つのリスク」
家計のやりくりは妻と夫どっちがするべき?配偶者の借金を見抜くには?
「プレゼントはしない・見栄消費をしない」人生を豊かにする究極の節約哲学
女性を幸せにする本
  • 今来 今 (フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag