プレスリリース身近な詐欺トラブル回避術

約5人に1人が詐欺に遭っている!身近な詐欺トラブル回避術

  • 更新日:2020/03/21

 ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺は、誰でも被害に遭う可能性のある身近な詐欺のひとつ。最近は流行りのフリマアプリを使った詐欺まで出てきているのだそう。金銭的に負担がかかることはもちろん、精神的にもダメージが大きい詐欺トラブルについて、株式会社GV実施の調査から、実際にあった被害例やトラブル回避術をご紹介します。


およそ5人に1人が「詐欺トラブルの被害あり」

 まず、世間のどのくらいの人が詐欺トラブルに遭っているのか調査をした結果がこちら。


プレスリリース身近な詐欺トラブル回避術

 結果「詐欺トラブルの被害あり」と回答したのは19.0%(190人)と、およそ5人に1人が被害に遭っていることが明らかとなりました。自分の家族や友人の5人に1人が被害に遭っているかもしれないと思うと恐ろしいですよね。


吉田 美希弁護士 考察

 被害者の割合を見ると、20代~40代の若年層の被害が目立ちます。最近では、老後2,000万円問題への不安をはじめとし、若い世代において将来に向けた経済面での不安が蔓延しています。また、賃金が上がらず生活が楽にならないなど、日々の生活においても経済的に疲弊しています。そのため、少しでも資産を増やしたいと考えている人がこの世代には特に増えています。詐欺師は、こういった人々の不安な気持ちやコンプレックスにうまくつけこみ、近づいてきます。


詐欺トラブルで多い内容と被害額の平均は?

 続いては、前述の質問で被害ありと回答した190人を対象に、詐欺トラブルの内容や被害額、そして解決までの行動について、吉田 美希弁護士の考察とともにご紹介します。


プレスリリース身近な詐欺トラブル回避術

 詐欺トラブル被害で最も多かったのは「副業・情報商材詐欺」31件で、平均被害額は133,333円でした。次いで、「ワンクリック詐欺」28件・平均被害額61,875円、「名義貸し・契約詐欺」21件・平均被害額2,536,667円と続き、詐欺トラブルの内容によって被害額も大きく異なります。

 また回答者190人中、最低被害額は「チケット売買詐欺」による3千円、最高被害額は「名義貸し詐欺」による1,000万円という結果でした。


<詐欺トラブル内容 件数・平均被害額 上位5項目(件数順)>

副業・情報商材詐欺      :31件 平均被害額 133,333円

ワンクリック詐欺       :28件 平均被害額 61,875円

名義貸し・契約詐欺      :21件 平均被害額 2,536,667円

チケット売買詐欺       :17件 平均被害額 34,600円

オークション・フリマアプリ詐欺:17件 平均被害額 27,000円


吉田 美希弁護士 考察

 副業・情報商材詐欺の被害の多さが目立ちます。

 ノウハウや裏技をセットで売り込もうとしてくるもので、該当のサイトでは情報商材のレビューが掲載されており、一般的な情報商材との違いのアピールやそれらしい口コミ等が出てきます。それなりに論理的で納得性のある書き方をしているため詐欺であることに気づくことができず、情報商材を購入してしまう恐れがあります。

 しかし、売上や成果を事前に数字で予測すること等できるはずがありませんし、誰でも成功するノウハウ等あるはずはありません。どの種類の詐欺でも言えることですが、やけに目をひく広告や心をつかまれる広告は、一度疑ってみた方がよいでしょう。


詐欺トラブルの被害相談・相談先は「第三者に相談予定または相談中(済)」がおよそ6割

 次のグラフは、詐欺トラブルの被害相談の有無と相談先をあらわしたものです。


プレスリリース身近な詐欺トラブル回避術

 詐欺トラブルの被害相談ついては、「第三者に相談する予定」7.4%、「第三者に相談中(済)」48.9%と、被害者のおよそ6割が外部へ相談するという回答結果となりました。

 こちらの「第三者に相談予定」、「第三者に相談中(済)」と回答した56.3%(107人)の相談先については以下の通りで、最も多い相談先は「警察」42.1%でした。


<被害相談先>

警察        42.1%

友人・知人     26.2%

行政窓口      13.1%

弁護士       6.5%

NPO法人等の民間窓口 6.5%

その他       5.6%


 また、「誰にも相談しない」は43.7%(83人)であり、その内訳として、「詐欺被害について泣き寝入りする」57.8%、「自分で対応する」42.2%と、被害者全体の内4人に1人が詐欺被害について泣き寝入りしている事実が明らかとなりました。


吉田 美希弁護士 考察

 相談先から詐欺の二次被害を受けることも多くなっているため、適切な相談先を選びましょう。警察には「#9110」(警察相談ダイヤル)という相談専門の窓口があります。110番するほどの緊急性はないけれど警察に相談したいときに気軽に相談できます。また、消費者庁が設置している「188」(消費者ホットライン)や各地の消費生活センターに相談する方法もあります。二次被害のリスクがないという意味では、弁護士への相談もおすすめです。

 泣き寝入りされている方も、まずは相談だけでもしてみると、最終的には諦める結果になるとしてもご自身の選択への納得感が得られて精神的に楽になるのではないでしょうか。


詐欺トラブルの被害を相談した結果……?

 では、詐欺トラブルの被害に遭ったという方は、相談した結果損害を取り戻すためのアクションは起こせたのでしょうか?


プレスリリース身近な詐欺トラブル回避術

 第三者に詐欺トラブルの被害相談をした結果、「損害を取り戻すためのアクションを起こすことができた(できそう)」と回答した方は51.4%となり、およそ半数が被害を抑えるための行動を起こし、その内「損害は取り戻せた(取り戻せそう)」が69.1%、「損害は取り戻せなかった(取り戻せなさそう)」が30.9%と、アクションを起こした人の約7割が損害を取り戻せるという前向きな結果となりました。


 一方、「アクションを起こすことができなかった(できなさそう)」と回答した人は42.2%であり、その理由として、「相手が特定できない」59.6%が最も多く、被害を取り戻すためのアクションをするために、まずは相手を特定することが重要であることを示す結果となりました。


<アクションが起せなかった理由>

相手が特定できない 59.6%

証拠が不十分    19.2%

相手にお金がない  7.7%

不安・恥ずかしい  7.7%

その他       5.8%


吉田 美希弁護士 考察

 ポイントは事実関係の整理とそれを裏付ける証拠を確保することです。加害者は誰か、被害額はいくらか、どのような経緯で被害にあったのか(たとえば、情報商材を購入したら、今度は高額なセミナーに勧誘、セミナーに参加したらさらに高額な顧問契約を締結させられた等)を整理し、それを裏付けるメールのやり取りや申込画面、契約書等を保管しておきます。

 相談することに不安を抱いたり、恥ずかしいと感じたりするのはもっともです。しかし、騙される方が悪いということはありません。人の不安やコンプレックスにつけこんで騙す方が圧倒的に悪いのです。被害を拡大させない、あるいは二次被害を防ぐためにも、怪しいと感じたら、せめて相談だけでも勇気を出してしてみましょう。親切に対応してもらえると思います。


詐欺トラブル解決までの費用は平均値108,338円、中央値20,000円

 最後に、詐欺トラブル解決までにかかった費用と日数について質問した結果がこちらです。


プレスリリース身近な詐欺トラブル回避術

 詐欺トラブル解決までにかかった費用については、190人中45人が回答し、「1万円以上~5万円未満」が最も多く46.7%、次いで「10万円以上~50万円未満」が22.2%と分散し、平均値は108,338円、中央値は20,000円と大きく差が生じる結果となりました。

 本調査回答でのトラブル解決までにかかった最低費用は「友人・知人に相談」による5,000円、最高費用は「弁護士に相談」による750,000円でした。


 また、トラブル解決までに費した日数については、「1週間(7日)以内」が最も多く37.5%、次いで「1ヶ月(30日)以内」21.9%と続き、平均値は55日、中央値は30日という結果に。

本調査回答でのトラブル解決までに掛かった最短期間は「ワンクリック詐欺」および「フィッシング詐欺」による1日、最長期間は「チケット売買詐欺」による240日でした。


吉田 美希弁護士 考察

 詐欺の解決は、詐欺師が逃げる前、お金を使い果たす前にやらなければ被害が回復できないため、早期に着手、解決することが重要です。実際に解決できたケースにおいて、解決までの日数が1週間以内~1か月以内のケースが半数以上をしめているのも、そのような背景があります。

 早期に解決するためには適切な相談窓口を選ぶことが大切です。被害額が大きい場合は、最初から思い切って弁護士の有料相談に行き、そこで被害回復に向けた見通しを確認して動き始めた方が、最終的には低コストで解決できるということもあります。焦って怪しい窓口に飛びつくと二次被害を受けることもあるため、注意してほしいと思います。



 筆者が最近テレビを見ていて知ったのが、Twitterなどで見かける「フォロー&リツイートで現金プレゼント!」といった「プレゼント企画」をうたった詐欺被害。一見おいしい話のように見えて、その裏側には登録したアカウントを売買されるという闇が潜んでいます。その他にも世の中には情報弱者を狙った詐欺被害が溢れており、誰でも被害に遭う可能性があります。今ある詐欺の実態やその手口、被害に遭ってしまった場合の対処法を知り、自衛することが今後ますます必要となりそうです。



【参考】

株式会社GV

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag