お金がない人

結婚は人生最大の浪費or投資?「使って貯める」正しいお金の使い方

  • 更新日:2020/03/25

「お金は貯めたい。でも、ケチケチ節約するのは辛い…」そう感じている方は多いのではないでしょうか? 


幸せに生活するためにお金が必要なのに、ケチることでイライラしてしまったり暗い気持ちになってしまったりしたら本末転倒ですよね。ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんは、「お金は使うべきときや使いたいときに、存分に使ってこそ意味がある」という信念から、「正しく使って、どんどん貯める方法」を提唱しています。


たしかに、健康診断のお金をケチって病気になったり、勉強や本代をケチって将来への投資を怠ったりしてしまっては、入院費という出費や収入ダウンを引き起こしてしまう可能性もあるわけで、「使うべきときにお金を使わなければ、大きな損失を被る可能性がある」と言えそうです。


今回は、横山さん著『年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編』を参考に、「正しく使って、どんどん貯める方法」をご紹介していきます。


「正しく使って、どんどん貯める方法」とは?

ここでは、「正しく使って、どんどん貯める」ための2つのヒントをご紹介していきます。


正しく使って、どんどん貯める方法1 固定費をとことん見直す

ちまちま節約するよりも、固定費を削減した方が、よっぽどお金は貯まります。まずは通信費と家賃を見直しましょう。通信費は、格安SIMフリー携帯に乗り換えるだけで、月数千円節約できる可能性があります。


家賃についてよく言われるのは、「住居費の理想の割合は、収入の25%以内」というものです。つまり、月収20万円の方の場合、5万円以内の家賃の家に住んだ方がいい、ということです。横山さんは、「お金に余裕があるときでも、固定費は抑えておいたほうがいい」と主張しています。


このご時世、ボーナスカットや収入減などは、誰にでも起こり得ることです。固定費が抑えられるところは抑えておくに越したことはないでしょう。


正しく使って、どんどん貯める方法2 消費・浪費・投資を意識する

お金を使う際重要なのは、「その買い物が、消費・浪費・投資のうち、どれにあたるものか」を意識することです。

・消費

食料や住居費、水道光熱費、教育費、交通費など


・投資

嗜好品(タバコやお酒、コーヒー)、程度を超えた買い物やギャンブル、高金利など


・浪費

習い事、本代など学ぶための費用、投資信託、貯金など

(P.35)


自分にとって適切な使い方は「消費」です。

それ以外の無意識な使い方に関してはすべて「浪費」なのです。

(P.38)

消費・投資・浪費の理想的なバランスは70%:25%:5%だそうです。買い物に出かけた際は、逐一「この買い物は消費・投資・浪費のどれにあたるのだろう」と考えることで、浪費のパーセンテージを減らしていくことができるでしょう。


結婚は人生最大の投資or浪費?

結婚

横山さんは「結婚は人生最大の投資でもあり、浪費の機会にもなり得る」と指摘しています。


賢い投資をするために、パートナーの金銭感覚をチェック!

投資だ、というのは、相手選びによって、大きく経済状況が変わり得るからです。横山さんのところにも、パートナーのお金のトラブルで悩んで相談に来る方がとても多いといいます。また、「結婚相手は、年収よりも使い方が大切」とも指摘されています。私の知り合いでも、年収一千万を超えている相手と結婚したのに、相手に一千万の借金があった、という人がいます。


金銭感覚の違いでストレスを感じたくない方、金銭トラブルに巻き込まれたくない方は、事前に相手の経済状況やお金の使い方を知っておくべきでしょう。

チェックしておきたい項目をざっとあげておきますね。

・デートなど一緒に行動するときのお金の使い方

・服や靴、宝飾品などの買い物の頻度

・食事やお酒に使う金額

・趣味につぎこむ金額

・飲み会の回数

・クレジットカードを使う回数

(P.214)

お金の使い方をチェックし、賢い投資を行いましょう。


一生に一度のことに、使いすぎ! それ、人生最大の浪費ではないですか?

横山さんのところには、ブライダルエステなどで高額なローンを組んでしまった方からの相談もあるそうです。

「一生に一度」の機会は大切ですが、逆に、一生に一度のことに大金をつぎこんでいるわけです。結婚式で終わり、ではありません。結婚生活は、そのあとに地味に長く続いていくものなのです。その長く続く結婚生活のために、大金を生かすほうがずっとよいのではないでしょうか。(P.217)

結婚式や新婚旅行などで大金を使い、日常生活が苦しくなるなんて、バカらしいですよね。「一生に一度のことだから」大金を使うのではなく、「一生に一度きりのことなのに、その瞬間だけにこんなにお金を使う必要はあるのか」を冷静に判断する必要がありそうです。


さいごに。メリハリをつけてお金を使おう!

お金の使い方

今回は、正しく使って、どんどん貯めるコツをご紹介してきました。


「切り詰められるところはとことん切り詰めて節約!」ではなく、「この買い物は消費か、投資か、浪費か」を見極め、メリハリをつけてお金を使った方が、使うところに正しくお金を使え、ストレスなく貯蓄できるようになるでしょう。


今回ご紹介した本

『年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編』

著者:横山光昭

出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン



【バックナンバー】女性を幸せにする本

手取り20万でも貯金はできる!「多すぎる支出を減らす」方法とは?
パートナーが父親の自覚を持ち、妻の妊娠・出産をサポートするようになる方法
買うより借りる!レンタル&シェアで、節約と楽しさを両立させる生き方を!
共働きなのに貯金がない!?貯まる夫婦になるための3ステップ
「この人といると自己肯定感が下がる」ならDV・モラハラを疑ってみよう
女性を幸せにする本
  • 今来 今 (フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag