プレスリリース男女で意味が変わる言葉

男女でこんなに違う!同じ言葉なのに意味が変わる言葉

  • 更新日:2020/03/10

 自分史上最高に気が合う相手と結婚したと思っていても、一緒に生活をしていると些細なことでいさかいが起きるもの。時には本気で相手の意図がわからないということもあると思います。そんな男女のすれ違いや誤解をほどくヒントを、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン『だからモメる! これで解決! 男女の会話答え合わせ辞典』からご紹介したいと思います。


すれ違いの原因は「言葉」の捉え方だった!

プレスリリース男女で意味が変わる言葉

 ひとつ屋根の下での暮らしが始まったとたん、「この人、こんな人だったっけ?」と感じてしまう大きな要因は、男女の「言葉」の捉え方が大きく違っていることにあります。

 しかし、私たちは捉え方の違いに気が付かないまま同じ言葉を使って話し、言いたいことが当然伝わっていると勘違いしているのです。


男女で解説、こんなに違うウラの意味!

 ご家庭でこんな会話をしたことはありませんか?


妻「また靴下脱ぎっぱなし。少しは大人になってよね!」

夫「わかったけど、そんなガミガミ言うなよ。君も大人になれよ」


 この場合、妻は「大人になってよ」を「自分の身の回りのことは自分でやってよ」という意味で使っています。一方夫は、「感情的になるなよ」という意味で使っているので、どちらも「相手の方が大人になれていないのに」と思ってしまうわけです。


夫「育児大変なんだったら、手伝うから言ってよ」

妻「手伝うってどういうこと?  二人の子どもなのよ!」


 同じように、「手伝う」という単語は、男性にとっては単にサポートを意味しますが、女性にとっては「責任を持たない態度」と捉えられます。育児や家事について夫から、「手伝うよ」と言われると、妻は「無責任な姿勢」と感じてしまうのです。


家庭内に平和をもたらすために必要なのは違いを理解すること

 女性は基本的に、感情豊かでよく気が利き、さまざまなことを同時進行で考えることができる生き物です。同じことを男性にも求め、「言わないけれど、わかってほしい」と願い、「どうしてわかってくれないの」とイライラしがちに。また、感情や気持ちを大切にするので、身近な人に「自分の気持ちがわかってもらえないこと」が、大きなストレスになるのです。


 一方男性は、基本的に物事や言葉をありのままに受け取り、一つのことをやり続ける集中力があります。女性に比べて、チームスポーツや会社など縦社会を経験する機会が多く、結果にこだわり、合理性が大好き。勝敗とプライドを大切にしているので、家族など身近な人にバカにされるのは許せません。


 では、男女の言葉の違いをもう少しご紹介します。


【忙しい】

:他のことが何もできない状態➡たとえ頼まれても、これ以上何かすることはできないという、拒絶の意思表示、および自己防衛に使う言葉。要は言い訳である。

:やることがたくさんある状態➡女性は複数のことを同時進行でこなせるので、この状態が常。ただし、愚痴っぽくこの言葉を発する場合、「私ばっかり」という言葉を暗にくっつけている場合が多い。


プレスリリース男女で意味が変わる言葉

【察する】

:辞書にないこと➡そもそもその能力も習慣もなく、必要性も感じていない。妻に責められると、それに似たことをやろうとするが、まったく的外れである場合が多い。

:人の心中を推測し、思いやること➡状況や発言から相手の気持ちを想像するのは当然のこと。そんな簡単なことが夫はなぜできないのか、まったく理解できない。


プレスリリース男女で意味が変わる言葉

【出かける準備】

:自分の支度をすること➡自分の支度だけなのですぐできる。基本的に待たされることは大嫌いなので、女性が遅いとイライラする。また、時間が読めないこともストレスになる。ただし、自分自身は必ずしも時間厳守というわけではない。

:自分と家族の支度をすること➡出かけるにしても、男性より段取りが多く、準備に時間を要する。ゆえに、時間を守ろうという気がないわけではないが、守れないことが多い。


プレスリリース男女で意味が変わる言葉

【老後】

:人生の不安な後半➡仕事をがんばってきたサラリーマンほど不安になる。「夫婦で楽しむ」という理想はあっても、具体的に描く材料もない。健康面も金銭面も何が起こるかわからないと思っている。

:人生の楽しみな後半➡いろいろなことから解放され、好きなことを満喫できる、第二の青春だと予想している。それを夫に邪魔されたくない。


プレスリリース男女で意味が変わる言葉

 こうして比較してみると、同じ言葉でも言葉のウラに潜む考え方にこんなに差があるのかと驚かされますよね。男女で考え方に差があるということなので、パートナーとは「違いがあって当たり前」ということを念頭において接することが関係を円満にするの秘訣になるのかもしれません。



【参考】

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン


【書籍情報】

タイトル:『男女の会話答え合わせ辞典』

刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン

本体価格:1,200円(税抜)

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag