プレスリリース男性の育児休暇

男性の育休取得、世のママたちはどう思ってる?

  • 更新日:2020/01/23

 2020年1月16日、小泉進次郎環境大臣が通算2週間程度の育休を取得することを発表されました。まだまだ男性が育休を取得しづらい中、思い切った決断のように思えますが、世のママさんたちの意見は賛否両論あるようで……?

 ベビカム株式会社が実施した緊急アンケートの結果をご紹介します。


小泉進次郎環境大臣の育休取得、賛成? 反対?

小泉進次郎環境大臣が2週間分の育児時間を確保する意向を固めましたが、あなたは賛成ですか?反対ですか?


プレスリリース男性の育児休暇

賛成:83.8%

反対:16.2%


YESと回答した人の意見

・国が推奨している施策は推奨している側が積極的に行うべきだから。

・影響力のある人が育休を率先して取得することは重要だと思います。批判する人がいるようですが、先進国の中で育休取得を批判するなんて日本だけだと思うので、悲しいです。

・本当に取得することより、男性の育児休業についてこれだけ議論を沸かせたということが良いことだと思う。

・部下がとりやすくなる。しかし取り方が半端な感じがする。取るなら連続で取ってほしい。

・男性女性関係なく、我が子の育児に関わることは大切なことだと思います。 ブラック企業でも育休が取れる世の中になるといいな。


NOと回答した人の意見

・自分が取得したからと言って世間が取りやすくなるわけない。

・大臣職という、変えの効かない要職である場合は適当ではないと思う。

・大臣がとっても一般社会に影響があるとは思えない。自分がとるよりどうしたら取りやすい環境になるか対策を考えて欲しい。



 8割以上という高い割合で賛成派のママが多い結果となりました。中でも、「男性も育休を遠慮なく取得できるようになって欲しい」と考えている人がとても多く、想像以上にママたちはパパの助けを必要としているようです。


夫の育休取得事情。取りたくても取れない背景も……。

 上記の質問への回答から、パパの助けを必要としているママたちの声が分かりましたが、実際のところ育休を取得したというパパたちはどのくらいいるのでしょうか?


旦那さんは育休を取得しましたか?(もしくは取得する予定ですか?)


プレスリリース男性の育児休暇

取得した(する予定)20.4%

取得しない79.6%


旦那さんが育休を取得しなかった人のエピソード&思い

・シフト勤務で、夜間も不在にするので取得して欲しいが、昇進に響くと思うので取れない

・中小企業なので、会社としては前例がなくかつ人手不足なので取得はできませんが、夫自身は可能であれば取得したかったようです。

・私は取得して欲しい。以前会社で2ヶ月とか育休とる男性社員がいましたが、私の旦那には1ヶ月とかは言わないから、必要な時期に2週間とかとって欲しいと思う。

・上2人の時は里帰り出産をしましたが、3人目の時は旦那しか頼れない状況でした。 育児休暇を取って欲しい気持ちはすごくありましたが、休暇を取ったことでお給料は下がるし、昇進に関わることから取る事はできませんでした。 小泉さんや芸能人のようにお給料たくさんもらっててそこそこ上の立場、戻ってきてもその立場が保証されていれば取っていたかもしれません。

・同僚(男性)の方が育休を取得したと聞いたので期待していたが、部下の育休産休が何人もかぶり仕事が大変になってしまい、取得は見送ることになりました。正直とても残念でした。


旦那さんが育休を取得したエピソード&感想

・私たちは頼れる身内がいなかったので、必要にせまられてといった感じです。主人は、産後の私の体の回復を最優先に、食事、掃除、洗濯など、全ての家事をしてくれました。とても助かりました。

・1人目の妊娠がわかった時から2人で育休を取ろうと相談して、夫は社内初の男性育休取得者になりました。

・入院中の上の子供たちのお世話のために、育児休業を取得した 一週間だけでしたが、職場で育児休業を取得した同僚は少なかったようなので、仕事の調整が大変だったようです。



「男性も育休を取得しやすい世の中に」という考え方が広まりつつあるとはいえ、まだまだ女性に比べて圧倒的に取得率が少ない日本。今回のアンケートで寄せられたように、収入のや職場環境など問題は山程ありそうです。今回の小泉さんの育休取得によって、すぐに男性も育休を取得しやすい世の中に変わるわけではありませんが、世の中が育休取得の現状を見直すきっかけになると良いですね。



【参考】

ベビカム株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag