お金の不安

「稼ぐ」より簡単な「お金の不安を消す方法」とは?

  • 更新日:2020/01/01

「老後の資金は○円必要だと聞くけれど、そんなに貯められる気がしない」「同世代の平均年収より低いけどこのままで大丈夫かな」など、お金に関して不安を感じている方は多いでしょう。


お金に対する不安から、財テクでお金を増やそうとしたり、様々な保険をかけたり、収入アップのためにキャリアアップスクールに通ったり、と工夫をする方も少なくありません。


そういったアプローチがお金の不安を軽減するために役立つ場合ももちろんあります。ですが今回は、一風変わったアプローチをとっているお金に関する書籍『これからを生きるための無敵のお金の話』を紹介させていただきます。


お金の不安を消すために必要なのは、お金ではなく「考え方」?

お金の不安を消すためには、たくさんのお金が必要だ、と考える人は多いでしょう。ですが、収入を短期間で増やすのは難しい、というのが現実です。『これからを生きるための無敵のお金の話』の著者で、「2ちゃんねる」の創始者としても知られているひろゆき氏は、「お金が必要ない生き方をうまく手に入れないと安心感は得られないので、安心感を得るために必要なのはお金ではなく考え方」だと述べています。


では、ひろゆき氏が考える「お金の不安が消える考え方」とは、どういったものなのでしょうか?


ひろゆき氏が本書のなかで繰り返し述べている主張は、「収入を増やすよりも、いかに無駄なお金を使わずに楽しめるか、を追及せよ」ということです。実際、会社員の場合、一万円の昇給を目指すことより、一万円無駄なお金を使わないことのほうが、何倍も簡単で現実的ですよね。


「お金の不安を消す」ための2つの考え方

では次に、具体的な「お金の不安を消す考え方を身につける」ためのヒントを見ていきましょう。


お金の不安を消す考え方1 「消費する・お金を使う」以外の趣味は最強

買い物する女性

ひろゆき氏は、「消費するだけの人は一生幸せになれず、お金の不安からも逃れられない」と言い切っています。なぜなら、幸せを感じるためにはお金を使わなければならない、という思考回路になっているからです。

楽しむことに常にお金がかかる人というのは、休日がある限り、お金をずっと払い続ける人生なわけです。カラオケだったり買い物だったり、「やりたい!」ではなく、暇でやることがないから、「買いものにでも行こうか」とか、「カラオケにでも行こうか」とかになってしまう。趣味がない人にとって、休みの時間って、日頃のストレスを解消するための時間で、その時間にはお金がかかる。そういう人はお金が貯まりません。(P.128-129)

ひろゆき氏は、「昇給することよりも、週末に一円も使わずに楽しめる趣味を見つける方が、よっぽど価値がある」と言い切っています。消費することだけを趣味にしてしまうと、「お金がなくなったら楽しみは得られない」と感じるためお金の不安を感じやすくなりますが、逆に、お金のかからない趣味があったり、逆にお金を得られる趣味があったりする人は、お金の不安を感じにくい、というわけです。


お金の不安を消す考え方2 「お金は使ったほうがいい!」に流されない。必要なものを買う

カードで買い物する女性

「お金はどんどん使ったほうがいい」という話を聞いたことがある方は多いでしょう。ですが、その言葉に乗せられるのは危険だ、と本書では指摘しています。

消費を煽ったほうが経済は良くなるので、そういう意味では煽りたい人たちが正しいと思いますが、それに乗っかってお金を使う人はバカだと思います。ビジネスをやっている人は、「皆さんお金を使ったほうがいいよ」って言いますよ。だって自分の商品を買ってほしいわけだから。でも普通の人は、お金は使ったら減るだけです。(P.119)

本当に自分が必要なものや、投資になるものならお金を使うことも必要です。ですが、そうではなく、単に「お金は使ったほうがいい」という言葉に踊らされただけの消費は、避けた方がよいでしょう。


世の中には、商品を買ってほしいと考える企業が仕掛ける「ありとあらゆる買わせるため・欲しくなるための仕掛け」が張り巡らされていますから、流されやすいという自覚がある人は「欲しいものではなく、必要なものだけ購入する」くらいの姿勢でいるくらいがちょうどいい、と言えるでしょう。


さいごに。お金がなくても楽しめる人は無敵!

友達と笑う

今回は、お金の不安を消すための考え方をご紹介してきました。


細々とした節約を意識するより、「お金のかからない趣味・生産的な趣味を見つけること」「企業に踊らされた消費を避け、必要なものを購入すること」のふたつの考え方を徹底することの方が、よっぽどお金の不安を和らげるために有効な施策ではないか、と思います。


本書では、このほかにも「お金の不安を和らげる考え方」が多数紹介されていました。気になった方は手にとってみてはいかがでしょうか。


今回ご紹介した本

『これからを生きるための無敵のお金の話』

著者:ひろゆき

出版社:興陽館



【バックナンバー】女性を幸せにする本

【卵子凍結の基礎知識】凍結卵子を使用した場合の出産率は?
スマホの電磁波は妊活に悪影響?【卵子・精子活性化のためのヒント】
生理前だけ「うつ」っぽい……それ、PMSじゃなくPMDDかも?
予防できる?「卵子を老化させる6つの原因」とは?
30代から知っておきたい「更年期を乗り切る7つのコツ」とは?
女性を幸せにする本
  • 今来 今 (フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag