プレスリリース日本人のモラル低下

無自覚のモラル違反に注意!75%が感じる日本人の「モラル低下」

  • 更新日:2019/11/05

 先日、人身事故をスマホで隠し撮りしようとした人がいたことがニュースで報道されました。一般人が撮影・編集した写真や動画が事件の証拠や報道の資料として扱われることが増えてきていることも事実ですが、ここにきて「撮影」に対するモラルが問われています。

 そこで株式会社エアトリは、20代~70代の男女1,141名を対象に「撮影モラル」に関する調査を実施。今回はその結果をご紹介します。


【調査1】昨今の日本人のモラルに関してどう思いますか?

 まず、昨今の日本人のモラルについて、世間一般が感じていることがこちら。


日本人のモラル低下について

 「モラルは低下している」と回答した人が75.0%と大多数を占めました。次に多かったのが「変わらない」で約2割。次いで「モラルは向上している」と回答した人はたった5.4%でした。


【調査2】友達や知り合いがモラルのない写真を投稿しているのを見たことはありますか?

 次いで、自身ではなくても友達や知り合いがモラルのない写真を投稿しているのを見たことがあるか質問した結果がこちらです。


友人がモラルのない写真を投稿しているのを見たことがある割合

 「ある」と回答したのは22.7%で、4・5人に1人は目撃経験があることが分かりました。「覚えていない」という人も1割以上存在するようで、もしかしたらその中には客観的に見るとモラルがない投稿をしているケースもあるかもしれませんね。


【調査3】どのような場面において撮影モラルが低下したと感じますか?(複数回答可)

 では、日本人のモラルの低下を実感している人たちは、具体的にどのような場面で感じているのでしょうか?


モラル違反を感じた場面

 「撮影モラルの低下を感じたことはない」と回答した人はたった6.0%のみで、大多数の人がなにかしらの場面で撮影モラルの低下を感じているようです。中でも最も意見が多かったのが「観光地」(65.9%)で、続いて「公共交通機関」(55.7%)、「事故・事件現場」(50.4%)までは「モラルの低下を感じる」と答えた人が過半数を超えるという結果に。


 モラルの低下を感じた状況を詳しく聞いたところ、「観光地」に関しては私有地や禁止区域への侵入の他、石碑に名前を彫って撮影していた、慰霊塔でピースサインなどの目撃情報も挙がっており、観光地の歴史的背景への理解やリスペクトの念が足りていない観光客が一定数見られることが窺えました。

 また、2位の「公共交通機関」に関しては特に「飛行機内」の経験談が多く、隣に知らない人が座る可能性の高い乗り物こそ注意が必要だと言えそうです。

 また、どの場面においても意見が多かったのが他人も映る場所から撮影する、他人も映った写真がSNSにアップされていたといった内容でした。SNSでの顔出しリスクや個人情報保護が声高に叫ばれている今、他人への配慮は最も重要と言えそうです。


●「観光地」で見たモラルのない撮影・写真

・立ち入り禁止区域に入って撮影している。看板も大きくある。物事は意味があって立ち入り禁止と記載しているのに。特に多いのは絶滅保存植物区域です。山・川・湖近隣。(60代・男性)

・観光地で落書きをしている友人の写真動画を撮っていた。注意をしたら逆に叱られた。(50代・女性)


●「公共交通機関」で見たモラルのない撮影・写真

・飛行機の機内搭乗に際し、ビジネスクラスの乗客が席の写真撮影に夢中になり、エコノミークラスの乗客の着席に支障をきたしていた。(60代・男性)

・飛行機内で、周りの人と近い距離なのに勝手にバチバチ写メしてて。。。なんか軽くで良いから一言言ってほしい!(50代・女性)

・通勤時の駅構内のビデオ撮影。第三者の顔が映りこんでそれをSNSにアップしてると思うと朝からやる気が失せる。(30代・男性)


● 「事故・事件現場」で見たモラルのない撮影・写真

・同じマンションの方が飛び降り自殺をしたが、その現場を上の階からスマホで撮影されているのをこの目で見た時には大ショックを受けました。(60代・女性)


【調査4】撮影モラルが低下した原因は何だと思いますか?

 続いては、撮影モラルの低下を感じている人に対して低下の原因を聞いています。


撮影モラルが低下した原因

 「インターネット・SNSの普及」(77.0%)と「スマホ(カメラ)の普及」(76.0%)と回答した人が大多数となりました。物やサービスが豊かになったことが理由の1・2位に挙がる一方で、3位には「道徳・倫理教育の不足」(65.0%)がランクインしています。


【調査5】自身で「いけない」と思いながら撮影した経験はありますか?

 ここまで、周りの人のモラル違反について質問してきましたが、実際に自分でも撮影モラル違反をしてしまった経験がある人はどのくらいいるのでしょうか?


自分で撮影モラル違反をした経験

 「いけない」と思いながら撮影した経験が「ある」と回答した人は12%という結果に。調査2において「友人や知人がモラルのない写真を投稿しているのを見たことがある」と回答したのが10ポイント以上高い22.7%となっていることから、無自覚に撮影モラル違反をしてしまっている人も一定数いそうですね。


【調査6】「いけない」と思いながら撮影したのはどのような場面でしたか?

 実際に「いけない」と思いながら撮影をした経験がある人に対し、どのような場面だったかを聞いたところ、以下のような回答が集まりました。


いけないと思いつつも撮影をした場面

 1位は他を大きく引き離して「観光地」(46.0%)、続いて「ライブ・イベント会場」(20.4%)、「公共交通機関・旅客施設」(17.5%)がランクインしました。「公共交通機関・旅客施設」の中でもほとんどが飛行機や空港、旅行に行く際の新幹線といった日常とは違う場面を挙げており、“なかなか行けない、なかなか見られない、なかなか会えない”といったレアな場面がモラルのない撮影を誘発しがちであることが分かりました。また、回答の中には“他の人も撮影していたから”“どさくさに紛れて撮影した”というものもあり、人混みの中でこそ周りに振り回されずに正しい判断が求められると言えそうです。


●「いけない」と思いながら撮影してしまった経験について

・飛行機が好きなのでCAさんがいるとつい写したくなります。(50代・女性)

・海外の公演後のアンコールで周りの人達が撮影し始めたので、撮影したら後ろ斜めの外国人から注意されてしまった。(40代・女性)


●モラルのない撮影に関する意見

・撮影に限らずモラルやマナーが低下していると感じる。またある意味「無関心」がそういったことを増長させているとも感じる。(40代・男性)

・私はツアーコンダクターとして20年仕事しましたが、写真モラルを注意すると、何様だとかえってクレームになっていました。どうしてもモラルハザードを設けるなら残念だが罰金でもしないとだめだろうと思う。外国旅行中は特にモラルが低下する人多し。(50代・女性)

・社会構造が年配者等から(幼児期の)教育を受ける状況ではなくなっている。また、少子化とも関連するが、兄弟姉妹同士の葛藤の克服や協調性を醸成する場面が不足している。(60代・男性)

・事故現場などで何か証拠となる物が写るときや災害で被害の大きさを伝えるのはTVよりも早くリアルなものがある場合もあるので一概に撮影モラルが悪いとも言い難い。自己責任できちんと行うべき。(40代・女性)



 今回の人身事故の事件もそうですが、動画を撮る人はもちろん、その動画を見ておもしろ半分に拡散する人にも問題がありますよね。ゴシップ誌なども「下世話なネタを欲しがる人がいるから」という理由で倫理観を疑うようなネタを扱うこともあるようですが、そういった情報の中には、そもそも知らないなら知らないままで良いものもたくさんあるように思います。

 人には刺激の強いものに引かれる傾向があるかもしれません。だからこそ、そういった局面でやっていいことかいけないことかを判断するために必要になってくるのが、まさしく「モラル」ですよね。今回の調査でも発覚したように、無自覚にモラル違反をしているケースも少なくないと思うので、今一度自分自身の持っているモラルについて考え直す必要があるかもしれません。



【参考】

株式会社エアトリ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag