転職

短期間での転職はただのわがまま?転職を繰り返す人が知っておくべきこととは?

  • 更新日:2019/11/06

今は転職が当たり前の時代になったので、転職を経験している人も多いと思います。そんな中で、こんな話を聞いたことはありませんか?

「短期間で転職するとよくないよ」


さらに、短期間での転職が複数回になると、こんなことを言われたりします。

「短期間で転職するのは、ただのわがままだよ」

「忍耐力が足りないだけ」

「次の仕事を見つけるのに苦労するよ」


一般的には短期間の転職には良いイメージがないですよね。

でも、それってなぜでしょうか?


短期間で転職をするデメリット

困るOL

短期間で転職すると何がどうよくないのか?は語られることが少ないです。そこで、まずは短期間で転職をするデメリットについて確認しましょう。


(1)すぐに辞めるのでは?と思われる

採用の書類選考で短期間で転職をしている履歴書を見ると、人事の担当者はまず「うちに入社してもすぐに辞めるのでは?」と思います。

人を採用するのには大きなコストと労力を必要とします。

その後、入社した後も教育する費用など大きなコストを必要とします。

もし、あなたが人事の担当者だったら、大きなコストと労力を使ってやっと採用した人がすぐに辞めてしまったらどう感じますか?


「なんだよ!」と文句のひとつも言いたくなりますよね。だから、人を採用する時にはとても慎重になります。

採用する時には、社風に合っているか、必要な能力やスキルを持っているか、経験があって活躍できそうか、などを見ます。

それと同じぐらい重視するのが「長くこの会社で活躍してくれそうか」です。なので、短期間で転職を繰り返せば繰り返すほど、採用されるのが難しくなっていくのです。


(2)仕事が熟練しない

仕事に必要な知識やスキルというものは、経験によって蓄積され、磨かれていくものです。また、人は経験したことはできますが、経験していないものはうまくできません。


そのため、ある仕事をする上で「一人前」と認められるレベルになるには、相当年数の経験を必要とします。でも、短期間で転職をすると経験の蓄積が少なくなるため、仕事が熟練していかないのです。


同じ仕事で転職すれば、仕事は熟練するのでは?と思った人もいるかもしれません。

でも、新しい会社に転職すると、その会社での仕事の仕方を覚える時間が必要となるため、まずは基礎的なところからスタートとなります。基礎的なところを覚えて次のステップに進んだところで転職すると、また基礎からスタートとなります。


社会人としてのステップを3段階上ったのに、短期間で転職すると2段下がったところから再スタートというイメージです。これだと、仕事が熟練していかないですよね。


(3)給料が上がらない

前述の「仕事が熟練しない」と関係しますが、短期間で転職を繰り返すと給料があがらないということが起きやすくなります。給料は「どんな仕事ができるのか?」という能力やスキル、それに伴う職務や役職に対して支払われます。

そうすると、仕事が熟練しないと「できること」が増えていかないので、給料も変わらないということが起きます。


また、転職をすると給料が上がると思っている人も意外と多いのですが、そんなことはありません。転職で給料が上がるのは3分の1、変わらないのが3分の1、下がるのが3分の1なのが現実です。

そして、短期間で転職を繰り返すと、仕事の熟練度が低いまま年齢だけが高くなります。同じレベルで仕事ができる2人がいて、どちらかを採用するとなると、年齢の若い方が長く働けるため採用されやすくなります。

すると、短期間で転職を繰り返している人は、給料が下がる転職しか選べない状況に陥りやすくなります。こうなると、給料が上がらないどころか転職する度に給料が下がるなんてことも起きるのです。


転職をする前に考えるべきこと

仕事探し

転職はもちろん悪いことではありません。ただ、短期間で転職を繰り返すと、デメリットが大きくなっていきます。

そのため、転職するにしても、1つの会社で一定の経験を積んだ後に転職することが望ましいです。

一般的には、一つの仕事を一人前にできるようになるには3年間は最低必要だと言われます。人事の担当者も、3年間の経験があれば一定の評価をすることが多いです。


なので、転職する場合には、今の会社を辞める理由を明確にしましょう。そして、次の転職先は、その辞める理由をクリアできる会社を選びましょう。

さらに、転職先の会社で最低3年間は続けることを前提として、自分はどんな会社・条件なら仕事を続けられるのかも整理しましょう。


これらが整理できたら、条件の合う転職先を探します。転職先もよく調べて、ホームページでわからないことは、面接などで確認します。

また、転職する時は、短期的な視点(例えば、今の仕事が嫌だとか、内定をもらったからなど)で考えるのは辞めましょう。

3年後や5年後のことを考えて転職をすることが必要です。


なぜなら、キャリアというのは、過去―現在―未来とつながっているものだからです。過去の経験によって今の自分が作られていて、今の経験や選択が未来の自分に大きな影響を与えます。

このことを意識して、「この転職は将来の自分のためになるの?」と自分に問いかけながら転職を考えることが大切です。


短期間での転職を選んでもいい場合

ブラック企業

ただし、どんな場合でも短期間の転職はダメかといえば、そんなことはありません。短期間での転職を選んでも良いときは、「自分を守ることが必要な場合」です。


世の中には、いわゆるブラック企業と言われる企業がたくさんあります。また、いまだにパワハラやセクハラなどのハラスメントをする人はいます。

そんな中でがんばって仕事をしていて、メンタル不調などで自分がつぶれそうなら、短期間でも辞めるべきです。自分の心や身体を壊してまで、仕事をする必要はありません。

あなた自身より大切な仕事なんてないのですから!



▼著者:浦田 大暁さんの人気コラム▼

2この人、理解できない!職場でのそんなイライラを和らげる方法とは?
育児介護休業法にある育児関係の制度って何があるの?
人にお願いができない人の5つのパターンと上手なお願いの仕方とは?
仕事における女性の活躍を推進する法律って知っていますか?
私の給料やボーナスって世間の平均と比べて高いの?低いの?
  • 浦田大暁 (キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag