妊婦の悩み

妊活中・妊娠中の義実家との上手なつきあい方【#48】

  • 更新日:2019/10/28

妊活・妊娠中にしばしば聞く「義母が干渉してきてつらい」などの義両親とのおつきあいに関する問題。ホルモンバランスの乱れやストレスのせいもあるのか、私も妊娠中、なぜかものすごく義両親とのつきあいを面倒に感じた一人。でも、冷静になれば義両親には悪気はないことはわかっていたので、その後のおつきあいに支障が出ないよう、あれこれ対策を講じました。


ただでさえストレスの多い妊活・妊娠中に、無理せず、お互いに気持ちよく義両親とおつきあいするためのヒントをご紹介します。


ヒント①まめにメールをする

女性メール

孫の誕生は義両親にとっても重大です。だからこそ気になるし、自分の経験を振り返ってアドバイスしたくなるのでしょう。子どもが産まれた後には、義両親に助けてもらうこともあるかもしれません。今は義両親に対して何か思うことがあっても、子どもの存在を大切に思ってくれる大人が夫婦以外にいることは心強いものです。


でも、初めての妊活や妊娠に自分自身が戸惑い、余裕をなくしているときに、義両親に口を出されるとしんどいときもあるでしょう。そんなときにおすすめなのは、先手を打つこと。聞かれる前に自分から近況報告をしましょう。電話や直接会うのがしんどければ、メールでもいいのです。まめに連絡が取れていれば、義両親も安心します。


その中で、「今ちょっとつらくて」「でも頑張っているし大丈夫です」と、絵文字やスタンプなども織り交ぜながら伝えてみてはいかがでしょうか。妊娠や妊活のつらさは、義母にだって少なからず経験があるはず。しんどいことを伝えておけば、顔を見せることができなくてもある程度は理解してくれると思います。


ヒント②葉書を送る

葉書

いやいや、まめなメールもしんどいわ……という人におすすめなのが葉書です。心身の余裕があるときに、暑中見舞いや寒中見舞いなどを義実家に送りましょう。もちろん、そのときだけは近況を伝えることも忘れずに。葉書のいいところは、義母とのメールでは義父にまで伝わりにくくなりますが、紙であれば義母・義父が共有するでしょうし、世代的にも手書きだと心が伝わるように感じてくれるでしょう。少なくとも葉書を書く間だけでも集中して心を込めれば、直接会ったり電話で話したりするストレスを削減できます。


ヒント③気丈にふるまう

妊婦と義親

義両親が干渉してくると感じるなら、それは心配されているからかもしれません。妊活や妊娠で余裕をなくしていることが、年長の義両親にはわかっているからこそ、アドバイスしたくなるということもあるでしょう。義両親の人柄や関係性にもよりますが、できるだけ「大丈夫です。何も問題ないですよ」と明るく伝えておくと、安心してくれるかもしれません。


私の場合、妊娠初期には義母が「つわり中は大変だろうから、何かあったらいつでも言って」としょっちゅう連絡をくれていましたが、「つわりはすごく軽いほうみたいです」と伝えていたら連絡の頻度が減った気がします。


ヒント④夫に頑張ってもらう

夫婦

体調が優れず、自分からメールや葉書をするのがどうしても億劫に感じることもあるでしょう。そんなとき、頼れるのはパートナーであり、義両親にとってはかわいい息子である夫です。


私は妊娠中に義両親とのつきあいを面倒に感じていたとき、夫に「義両親は何も悪くないのだけど、妊娠でやけに細かいことが気になったりして、ちょっと今はしんどい」と正直に伝えました。義両親は近くに住んでいて、ときどき食事をいただきに行っていたのですが、それを控えたいことも相談すると、夫は義両親との食事の回数を減らしつつ、自分は何かのついでなどに義両親のもとに顔を出したりして、私(とお腹の子ども)の近況も伝えてくれていました。


義両親にすれば、息子が顔を見せてくれて、状況も伝えてくれればとりあえず安心です。夫が「ちょっと今会いたくないんだって」とストレートに言ってしまうと身も蓋もないので、そこは念のため釘を刺しつつ、間に入ってもらえるとうれしいですよね。


うまくいけば、旦那さんに心から感謝できると思います。旦那さんにとっては、自分の親に顔を見せるというごく当たり前のことを通して、妻と子を最初に守るチャンスにもなります。


ヒント⑤正直な気持ちを伝える

妊婦電話

前述のように気丈に振る舞うのも対策にはなりますが、すでに義両親と良好な関係が築けているのなら、正直な気持ちを伝えてしまうのもひとつの手です。


もちろん、「義両親と会いたくない」と伝える必要はありません。「今は妊活や妊娠に集中しているから、できるだけ引きこもっていたいんです」ということを伝えてみてはいかがでしょうか。「慎重になっているから、あんまり友だちとも会ってないんですよね」、「赤ちゃんのために、すごく気持ちが内に向かうんですよね!」など、角の立ちにくい言い方を探してみましょう。言葉を選んで伝えれば、義両親も気持ちを理解してくれるかもしれません。


義両親も無事な出産を祈っている

安産祈願

私は妊娠中や子どもが新生児のときに義両親とのつきあいが億劫に感じたことがありました。義両親を知らない遠方の友人にそのことを愚痴って気持ちを軽くしたこともありましたが、子どもが成長するにつれて億劫な気持ちは消え、元通りのおつきあいができるようになりました。子どもを預かってくれたり、誕生日を一緒に祝ってもらったりして、義両親に感謝することも多々あります。


その経験を振り返ってみても、やはり妊活中や妊娠中は余裕がなくなり、いつもの自分ではないのだなと思うのです。子どものことに神経が行き過ぎて、周りが見えなくなることもあります。


義両親も、母子の無事を祈ってくれていることでしょう。妊活・妊娠中に義両親とのおつきあいに悩んでも、「今だけのこと」と受け止め、一緒に心からかわいい子どもや孫の誕生を祝えるような関係を築いていきたいですね。


▼知っておきたかった妊娠・出産・育児のはなし|バックナンバー

・【#43】同じ女性でも毎回違う!?妊娠の初期症状

・【#44】自然分娩、無痛分娩、帝王切開。ベストなのは?体験者の声

・【#45】いつか妊娠したいなら、独身時代からやっておきたいこと【#45】

・【#46】「妊娠した」っていつ伝える?職場や親族、友人それぞれにベストなタイミング

・【#47】「妊活中です」の正しい伝え方。職場や親族、友人間で気まずくならないために

▼鈴本りえさんの他の連載はコチラ

・『3人産んだ今だから言えること』我が家の少子化対策#1

・【女たちのネット詐欺事件簿 #1】ネットオークションの落とし穴

  • 鈴本りえ (ライター/エディター)

    旅・グルメ・動物・育児・住宅・ビジネスなど幅広いジャンルで執筆するライター/エディター。趣味はぐうたらしながら本を読むこと。元旅人。運動音痴。現在は地方在住、3児の母。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag