プレスリリース預貯金や子供を持つことに関する世間の声

「子供を持つ余裕なし」7割!預貯金や子供に関する世間の声は?

  • 更新日:2019/10/08

 2019年も10月に入りましたね。ちょうど増税のタイミングということもあり、お金の問題に関して敏感な時期ではないでしょうか。そこで今回ご紹介するのは、ビッグローブ株式会社(以下ビッグローブ)が実施した「お金に関する意識調査」。将来のお金のことを不安視する人が多い今、子供や貯金の問題について世間の人はどのように考えているのでしょうか?


「経済的に子供を持つ余裕がない」7割、30代で6割強、20代は8割弱

 ビッグローブは、20代から40代の男女600人を対象に「現在、経済的に子供を持つ余裕がないと感じるか」と質問。その結果がこちらです。


経済的に子供を持つ余裕がないと感じるか

 全体平均で、最も多かったのは「感じる」(42.3%)という回答。4割以上の方が明確に不安を感じているようです。次いで多かったのは「やや感じる」(28.3%)という結果に。ふたつを合わせると、全体の約7割が経済的に子供を持つ余裕がないと感じていることがわかりました。なお、年代別に見てみると、20代は約半数が「感じる」、30代は3割強が「感じる」と回答しており、割合に差はあれどどちらの世代も不安を感じている人は多いようです。


適切な預貯金「できていない」が7割強

 年金問題について騒がれる今、どの世代も心配になるのが「預貯金」の問題ではないでしょうか。続いては、20代から60代の男女1,000人に「現在、適切な預貯金ができていると思うか」と質問した結果を見てみましょう。


適切な貯金ができているか

 「どちらかというと思わない」(38.5%)、「思わない」(33.6%)となり、適切な預貯金ができていないと考える人が7割を超えることがわかります。


 また、グラフを見ていただくと一目瞭然だと思いますが、「思う」と自信を持って回答された方はどの世代でも1割以下。年代が上がり金銭に余裕ができるにつれて増えていくのかと思いきや、若干数ではありますが最も「ある」という回答率が高かったのは20代。「どちらかというと思う」という回答も合わせると最も多かったのは60代でしたが、年金問題のことを聞かされて育ったという背景があるからか、20代でも早いうちから対策を練っている人も多いのかもしれませんね。


 また、「お金をためる自信があるか」質問したところ、「あまりない」(45%)、「ない」(22.6%)となり、全体の7割弱がお金をためる自信がないことも明らかになっています。


お金を貯める自信があるか

経済的に豊かではないと感じる時は「欲しいものを買う時に躊躇」

 続いての質問は「世間と比べて経済的にどのように感じるか」。自分たちのことを経済的に豊かだと思っている人はどのくらいいるのでしょう?


経済的に豊かだと思うか

 最も回答が集まったのは、「どちらかというと、経済的に豊かではないと思う」で約4割の人が選択しています。「経済的に豊かではないと思う」も合わせると、全体の7割弱が経済的に豊かではないと感じていることがわかりました。


 最後に、20代から60代の男女で、経済的に豊かではないと感じている666人を対象に「経済的に豊かではないと感じるのはどのような時か」を質問したところ、以下のような結果が出ています。


経済的に豊かでないと感じる時

 「欲しいものを買うのに躊躇する時」(62%)が最多。次いで「預貯金の残高を見た時」(55.6%)、「質よりもまず価格が気になる時」(41.1%)、「年金に強い不安を感じる時」(40.2%)と続きます。



 預貯金の残高を見た時だけでなく、常日頃買い物をするときにも経済的な不安を思い起こさせられる人は多いようです。筆者も化粧品や洋服を買う時に躊躇するので気持ちはよく分かります。年金のことも不安視されている世の中なので、今後ますます早いうちから計画的に行動することが重要となっていきそうですね。



参考

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEプレスルーム

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag