離乳食レシピ

離乳食レシピ:梨(後期~完了期)ママもたのしいあかちゃんごはん#47

  • 更新日:2019/10/29

▸▸梨(初期~中期)のレシピはこちら


食欲の秋ですね。この時期に旬を迎える果実というと、柿や栗、ぶどう、そして梨があります。

梨の魅力はやっぱり、みずみずしさと食感。食べたときのシャリシャリ感と、口に広がる清涼感は格別です。大人から子どもまで、幅広く愛されるフルーツですよね。


そこで今回は、今の時期にもっとも美味しい梨を使った、離乳食後期(生後9~11ヶ月)と完了期(12~18ヶ月)のメニューをご紹介します。


【後期】梨納豆

梨納豆 撮影:大崎えりや

材料

ひきわり納豆……10g

梨……20g


作り方

① 皮を取った梨は5mm程度に切り刻む。

② ひきわり納豆は茶こしに入れて熱湯をかけて殺菌する。

③ ①と②を合わせて出来上がり。


納豆は栄養が豊富で、粘りがあって離乳食にも取り入れやすい食材です。ただ、赤ちゃんは抵抗力が弱いので、念のため加熱による殺菌をすることをおすすめします。

ややクセのある納豆も、梨が加わることで爽やかな一品に。独特なニオイも気にならなくなり、赤ちゃんも美味しく食べてくれるでしょう。


【完了期】梨ときゅうりの千切りサラダ

梨ときゅうりの千切りサラダ 撮影:大崎えりや

材料(大人のぶんも含めて)

梨……1/2

きゅうり……1/2

お酢……小さじ1

オリーブオイル……大さじ1

塩……ひとつまみ


作り方

①梨ときゅうりは千切りにする。

②お酢とオリーブオイル、塩で和える。大人用はこれで出来上がり。

③赤ちゃん用には1センチ程度に切ってから、レンジで少々加熱する。


ほんのり塩味が加わることで、梨の自然な甘みが引き立ちます。お酢の酸味が味を引き締め、オリーブオイルでヘルシーにまとめた一品。きゅうりと合わせることで、シャキシャキとした食感がいっそう楽しめます。

大人も美味しく食べられて、食事中の箸休めにもピッタリ。是非、赤ちゃんと一緒にお召し上がりください。


梨にもいろいろ種類があります。豊水や幸水、二十世紀など、スーパーでも手に入りやすいです。どれをとってもこの時期は美味しいので、味の違いを比べてみてもいいかもしれませんね。

梨以外にも、秋の味覚はまだまだたくさんあります。赤ちゃんと一緒に楽しめる、季節を感じられるメニューを、次回もまたご紹介します。



▼ママもたのしいあかちゃんごはんバックナンバー

離乳食レシピ:パプリカ(初期~中期)
離乳食レシピ:パプリカ(後期~完了期)
離乳食レシピ:インゲン(初期~中期)
離乳食レシピ:インゲン(後期~完了期)
離乳食レシピ:梨(初期~中期)
離乳食レシピ
  • 小河知惠子(オガワチエコ) (台湾料理研究家・離乳食アドバイザー)

    雑誌やTV、書籍、新聞等のレシピ作りや料理コラムで活躍中。著書に「おにぎらずの本」(泰文堂)「スティックオープンサンドの本」(講談社)など。2017年、台湾料理留学を機に台湾料理研究家として活動開始。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag