プレスリリース夏の恋活バテ

恋へのやる気も減少!?夏の「恋活バテ」が急増中!

  • 更新日:2019/09/06

 「ひと夏の恋」という言葉もあるように、「夏=恋の季節」というイメージのある方も多いのではないでしょうか?

 ということで今回は、SEモバイル・アンド・オンライン株式会社が実施した調査から、最近のイマドキ男女の夏の恋愛事情をご紹介します!


恋の季節=夏が1位!理由は気候が関係?

 まず、25歳~44歳の恋人募集中の未婚男女を対象に、恋の季節を聞いたところ以下のような結果となりました。


恋の季節

 上位3位まではかなり僅差ですが、最も回答数が多かったのは500人中325人で夏。理由としては、「アクティブになるためどこかに一緒に出掛けたい」や「開放的になって恋愛にも積極的になる」、「気温が上がり行動的になる」など気候に関係する回答が多く挙がりました。その他に回答数の多かった季節として、春は入学式や入社式など、新しい出会いがある季節であることや、冬はクリスマスなどの恋人同士で過ごしたいと思うイベントがあることから、このような結果になったことが予想されます。


夏のイベントに恋人と参加するために恋活をした人も​

 続いて、夏のイベントに恋人と参加したいと思ったことがあるかを聞いた結果がこちらです。


夏のイベントに恋人と参加したいと思った人の割合 恋人を作るために起こした具体的な行動

 なんと84%の人が「ある」と回答。そのうち、夏のイベントに一緒に参加するために恋人を作る行動を起こした人は56.2%いることも分かっています。起こした行動としては、SNSやメールなどのデジタルコミュニケーションツールを用いる人がほとんどで、そのほか直接会って誘う人や電話をする人もいるようです。夏は花火大会やフェスなど、イベントが多いこともあり、恋人作りにも積極的になることがうかがえます。


夏の恋活に疲れている人は約65%

 以下のグラフは、夏に恋人を作ろうと努力したものの、恋活に疲れてしまった経験がある人の割合を示したものです。


恋活に疲れてしまった経験がある人の割合

 調査の結果、65.2%の人があると回答しました。

 恋活に疲れた理由としては、「暑すぎて人と会いたくなくなる」や「暑くなって気が滅入る」、「体力的に余裕がなくなる」などが挙がり、夏の暑さが恋活のやる気にも影響を及ぼしていることがうかがえます。最近の夏の暑さは、夏バテだけでなく、恋人作りにもバテる「恋活バテ」にも繋がっていると言えそうです。


<夏の恋活に疲れてしまった理由(一例)>

・夏の暑さに心身共に疲れるから。(女性40歳)

・暑いしいろいろ面倒になるから。(女性40歳)

・暑くて色々と疲れるから。(男性40歳)

・暑いし何をしてもバテるから。(女性37歳)

・暑すぎて人と会いたくなくなるから。(女性43歳)

・体力的に余計なことを考えている余裕がなくなるから。(男性32歳)

・暑くて気分がイライラするから。(女性37歳)

・暑くて外出が億劫。(男性29歳)

・暑くなってきて気が滅入る。(女性33歳)

・暑さが嫌になって色々とやりたくなくなるから。(女性36歳)

・体的にも精神的にも疲れてしまうから。(男性40歳)


婚活に焦りを感じる始める季節は……?

 続いて、「恋活よりも婚活に焦りを感じ始める時期」を聞いたところ、以下のような結果に。


恋活よりも婚活に焦りを感じ始める時期

 恋活よりも婚活に焦り始める時期を聞いたところ、春が最多の34.4%。次いで冬が32%と多くなりました。前述の「恋の季節」に関しての質問では1位だった「夏」が最下位になるという興味深い結果が出ています。やはり「夏=ひと夏の恋」というイメージが強いのか、婚活となるとまた話が違うのかもしれませんね。


 日本政府の人口動態統計によると、1年の間で婚姻件数が増える季節は、新生活がスタートする春に多く、次いで冬であることから、本調査での婚活への焦りの時期と一致していること分かります。この結果から、周囲の結婚ブームに乗れずに焦る人が多いと推測できます。


年次別婚姻件

 恋の季節と婚活に焦り出すシーズンって、同じように見えて違うんですね。結婚までの期間はカップルによって異なるとは思いますが、婚姻件数が多い冬や春に周りの友人達が結婚していく様子を見て焦る、という事態を避けたいのであれば、暑さからくる恋バテもせず、気候も落ち着いたこれからの季節が最適なのかも?



参考

SEモバイル・アンド・オンライン株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag