佐野勇斗さんインタビュー

今はまだ“夢の途中”です。佐野勇斗さんインタビュー【後編】

  • 更新日:2019/05/28

映画『小さな恋のうた』主演・佐野勇斗さんインタビュー【後編】では、ちい恋バンドと映画のテーマでもある“夢”について伺いました。

<<【前編から読む】

全編沖縄ロケ!一日の終わりは郷土料理

佐野勇斗さんインタビュー

──撮影は一か月半に渡って全編沖縄ロケだったそうですね。同世代の方が多い現場でしたが、現地ではいかがでしたか?

佐野勇斗(以降、佐野): その日の撮影が終わると、池原航太郎役の森永悠希さんの部屋に集まって、森永さんに御飯を作ってもらってご馳走になっていました。森永さんとは映画『ちはやふる』以来のお付き合いですが、彼、メチャメチャ料理上手なんです。味付けが僕好みなんです。


──ちなみにどんな料理を作って下さったんですか。

佐野: 麻婆豆腐や沖縄の郷土料理で細く切ったニンジンと卵を炒めて作る「にんじんしりしり」とか「タコス」とか。それと、僕がゴーヤ食べられないって言ったらスパムを代用した「スパムチャンプル」を作ってくれたんです。いつの間にか、みんなが集まるようになって台本の読み合わせとかもしていました。


──美味しそうですね、ちょっと食べてみたくなります(笑)。


プレッシャーしかなかったライブ

佐野勇斗さんインタビュー

──さて、そんな皆さんと共に結成され、本作の公開イベントで劇中にも登場した「小さな恋のうたバンド」でライブをされましたね。

佐野: 劇中でも演奏シーンがあるので、ベースもボーカルも、一年ぐらい前から練習をさせてもらっていたんです。バンドの5人で、エキストラさんじゃない一般のお客さんの前で披露するというのはこの時が初めてで、ものすごく緊張しました。やる前は、あんまり盛り上がってくれなかったらどうしようって正直不安だったんですけど、そんな思いを吹き飛ばすぐらい盛り上がってくれたので、終わったときにはホッとしました。お客さんに救われたな、って感じでしたね。


──ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても音楽活動をされていますが、やっぱり違いましたか?

佐野: 今回はほとんど自分が歌っているので、「M!LK」とは活動量も全然違いました。やっぱりボーカルってバンドの象徴だし失敗出来ないというか……。


──「M!LK」のときとはプレッシャーは違ったりしたんですか?

佐野: プレッシャーしかなかったです、正直(笑)。「M!LK」の時以上に喉のケアもしたし、前日は早く寝ました。今回のメンバーは、少し歳が離れていたんですけど、ちゃんとバンド感はあったし、このメンバーで良かったなって思いました。みんなお互いのことを気遣えたし、見れていたし。このメンバーじゃなかったらヤバかったなって思います。


──なるほど。映画でのライブ・シーンではこれまでの佐野さんとはまた違う一面が見れそうですね。


芸能人には“なるんだ”と思っていました

佐野勇斗さんインタビュー

──本作は”夢”がテーマですが、佐野さんご自身の”夢“は叶いましたか?

佐野: う~ん、まだですかね。ただ、子供の頃から芸能人になるのが夢だったので、そういう意味では叶っているのかな。


──ずっと芸能人に憧れがあったんですか?

佐野: 母が元々TVなどで活躍されている方をみるのが好きで、「あんたもこうなってほしい!」って言われていて(笑)。もちろん、半分冗談ですよ。でも、僕自身も目立つことが大好きだったので、芸能人に”なりたい“ではなく”なるんだ“って思っていたところがあったんです。でも、友達には恥ずかしくて、野球選手とかサッカー選手に成りたいって言っていましたけどね。


──まだ叶っていないとの事でしたが、具体的な目標はありますか?

佐野: 日本のだれもが知っている、国民的な存在になることです!人に喜んでもらうことが好きなので、日本中の人々を幸せにさせられる人になることが目標です。僕は役者としてお芝居をさせてもらっているほかに、M!LKで歌ったり踊ったりもしているので、何でもできるオールマイティな人になりたいなって思っています。


──国民的スーパースターという事ですよね!そんな壮大な夢に向かって日々精進していらっしゃるかと思いますが、どうしてもストレスが溜まったりするかと思います。そういった時の解消法はありますか?

佐野: 服を買うことですね。上京してからすごく興味を持ち出して、オフのときには表参道や裏原宿、伊勢丹によく行きますね。


──どんなファッションがお好きなんですか?

佐野: そうですね。オーバーサイズというか、ちょっとダボっとした感じなのが好きです。あとは、YouTubeを見ること。


──推しのYouTuberはいらっしゃるんですか?

佐野: やっぱりHIKAKINさんですね。僕、中学生の頃から、それこそ流行る前の初期の頃から見ていて、一度、お会いしたことがあるんですけど、とても謙虚な方でそんな人間性にとても惹かれるし尊敬してます!



──HIKAKINさんと一緒に写っている猫も可愛いですよね(笑)。お母様への“親孝行”と壮大な夢、いつの日か実現できることを願っています!

本日はありがとうございました。


★映画『小さな恋のうた』は5月24日(金)より全国ロードショー




佐野勇斗プロフィール

1998年3月23日、愛知県生まれ。T178㎝。2015年、映画『くちびるに歌を』で俳優デビュー。2016年に放映されたドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』で連ドラ初出演、昨年公開された映画『青夏 きみに恋した30日』で映画初主演を果たした。他の出演作には映画『ちはやふる‐結び‐』、『羊と鋼の森』、ドラマ『トドメの接吻』がある。公開待機作に『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(9月6日(金)全国公開)。また、7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍中。


プレゼント

プレゼント

映画『小さな恋のうた』のムビチケ(ペア)をお土産に頂いてきました!今回は、女子カレLOVABLEのtwitterアカウントをフォローして固定ツイートをリツイートしてくれた方、抽選で1名様にプレゼントします。

女子カレのtwitterアカウントから、固定ツイートをリツイートしてね!

※当選者の発表は商品の発送を持って代えさせて頂きます

女子カレLOVABLEtwitter


映画『小さな恋のうた』作品情報

映画『小さな恋のうた』

出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈

眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他

監督:橋本光二郎 

脚本:平田研也 

Inspired by the songs of MONGOL800

配給:東映

©2019「小さな恋のうた」製作委員会


“小さな恋のうたバンド”によるCD『小さな恋のうた』は5月22日(水)リリース


ヘアメイク: 望月 光 / スタイリスト: 伊藤省吾(sitor)




<writing:鈴木一俊>

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag