プレスリリース読者が選んだオススメ恋愛小説ベスト10

“君の名は”が2位!読者が選んだオススメ恋愛小説TOP10

  • 更新日:2019/05/01

 待ちに待ったゴールデンウィーク。いつもより自由に過ごせる時間が多いからこそ、じっくりと読書する時間を取れたら、と思っている人もいるのでは? 旅行に行くという人も自宅でまったりするという人も、空いた時間で読んでほしい「絶対に外さない」オススメ恋愛小説ランキングをご紹介したいと思います!


読者が選んだオススメ恋愛小説ランキングTOP10

 電子書籍ストア「BookLive!」を運営する株式会社BookLive!は、会員を対象に「おすすめの恋愛小説」に関するアンケートを実施。以下がその結果です。


【1位】 君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

「純愛に号泣。」

「タイトルが独特だけど、読み終えたあとの切なさを保証します。」

「タイトルの意味を知った時、涙が止まらなくなります。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©住野よる/双葉社

【2位】 小説 君の名は。

小説 君の名は。

「記憶を忘れてしまっても確かにお互いの存在が残っていて運命的。」

「内容がハラハラドキドキして見応えある。」

「運命とは残酷…愛するとは何かを知らされる。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©Makoto Shinkai/2016「君の名は。」製作委員会​


【3位】 世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「泣きました。」

「最後は悲しいが、泣ける。」

「愛の終わりはあるのだろうか?胸に秘めて生きるのか。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©片山恭一/小学館


【4位】 阪急電車

阪急電車

「オムニバス形式で進む展開の中に、人の絆を感じさせる。」

「どの話もキュンキュンして大好き。」

「阪急電車に乗りたくなります。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©有川浩/幻冬舎


【5位】 時をかける少女

時をかける少女

「ハラハラドキドキする内容。」

「魅惑的タイムスリップ。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©Yasutaka TSUTSUI 1976, 2006

【6位】 植物図鑑

植物図鑑

「樹くんが今までにないタイプのヒーローで素敵です!」

「植物男子と美味しいごはんの組み合わせがいい。」

「実際にあったらいいと思える出逢い方。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©Hiro ARIKAWA 2009


【7位】 いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます

「泣ける恋愛小説として必読書です。」

「超感動できる作品。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©市川拓司/小学館


【8位】 塩の街

塩の街

「年の差の恋愛がよかった。」

「絶望しかない世界で寄り添って生きる二人に幸せを願わずにはいられない。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©Hiro ARIKAWA 2011

【9位】 舟を編む

舟を編む

「コトバを扱うこと、伝わること、伝えられないこと、余韻の長い作品。」

「辞書に恋してる。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©三浦しをん/光文社


【10位】 小説 秒速5センチメートル

小説 秒速5センチメートル

「静かな情景が浮かんで来ます。」

「桜が散って落ちる速度と二人の淡い恋心がタイトルにピッタリ。」

(BookLive!ユーザーコメントより)


©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films 2007


 1位の『君の膵臓をたべたい』(通称:キミスイ)は、小説投稿サイト発の作品で、発売当初その衝撃的なタイトルと実は青春小説というギャップが話題となりました。2016年本屋大賞第2位をはじめ、数々の賞を受賞し、2017年に実写映画化、2018年にアニメ映画化されました。BookLive!でも、2018年に「BookLive!ユーザーが選ぶ名作小説ベスト100ランキング」に選出されるなど、名作小説としてもおすすめできる作品です。


 2位の『小説 君の名は。』は、2016年にアニメ映画が公開された作品であり、小説は新海誠監督みずから執筆した作品です。アニメ映画は日本のみならず、世界各国でも人気を博しました。


 3位の『世界の中心で、愛をさけぶ』(通称:セカチュー)は、2004年に映画化され「セカチューブーム」と呼ばれる社会現象となり、上位3位には話題となった恋愛小説の新旧揃い踏みとなる結果となりました。

※ランキングページでは各作品へのユーザーからの選定コメントを紹介しています。


★ランキングを50位まで見たい方はこちらから



 映画から派生した小説として、新海誠監督の作品が2作品ランクインしていますが、話の終わり方が対照的な作品なので比較をするとおもしろいですね。筆者の世代だと、青春時代にちょうど映画化されたこともあり、『時をかける少女』人気が高そうな気がします。

 普段は恋愛小説を読まないという人も、GWを利用してぜひ読んでみては?



【参考】

株式会社BookLive

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag