『愛がなんだ』スペシャルインタビュー

岸井ゆきのさん等身大の恋愛を語る! 映画『愛がなんだ』スペシャルインタビュー【後編】

  • 更新日:2019/04/13

【後編】では撮影での思い出深いシーンと御自身の恋愛観について訊いてみました。

<<先に前編から読む

テルコのことを大好きになりました!

──今回、一番残ったシーンというと?


岸井ゆきの(以降、岸井): マモちゃんとマモちゃんの新しい彼女・すみれ(江口のりこさん)、それとテルコの親友・葉子の彼氏・ナカハラ(若葉竜也さん)の4人で河口湖にバーベキューをしに行くシーンかな。マモちゃんがすごく甲斐甲斐しくスミレさんのことを見守っている姿を見るのはテルコにしてみたら「なんで私、ここにいるんだろう」って。すごく切なかったです。


──リアルにあったらかなり複雑な心境ですよね。


岸井: 他のシーンでもマモちゃんのことを表面上ではどこか諦めた感があっても、でもやっぱり「近くにいたい」って気持ちは変わらないんですよね。私だったら、耐えられないなって思ったし、こんな気持ちになってまでもマモちゃんの近くにいたいって言えるテルコはなんて強いんだろうって。

『愛がなんだ』スペシャルインタビュー ──こんな主人公テルコを見て、“切ない”って思う人もいれば“愚か”だと思う人もいると思うんですが、岸井さんご本人としては、どう感じましたか?


岸井: 最初に原作を読んだときは、テルコだったらもっと幸せになれるだろうけど、そうはなれないところが残念だなって思っていたんですけど、撮影後の今、テルコのことを可愛い可愛いってホントに好きになっちゃったんですね。だから、「テルコの思うように生きれば良いよ」という思いに変わりました。


グレーな関係はNO!ハッキリしたいです

『愛がなんだ』スペシャルインタビュー ──昔の恋愛モノって、好きか嫌いか、付き合うか付き合わないかハッキリしていたモノが多かったと思うんです。ところが昨今は、なんとなく始まってなんとなく終わる……ってグレーな話が多い傾向にあるかと思いますが、岸井さん御自身はどちらのタイプですか?


岸井: (ほぼ即答で)ハッキリしたいです!(笑)


──気持ち良いくらいストレートですね(笑)。岸井さんの周囲にはグレーな恋愛をされている方はあまりいらっしゃらないですか?


岸井: そもそも私はハッキリしていない状況に耐えられないですね。「うやむやな気持ちでどうして一緒にいられるんだろう」って。でも、そういう恋愛をしている友達にその辺りを聞くと「それで良いんだ。いまが良ければいいんだ」って(笑)。 冷たく聞こえるかもしれないですけど、そのコの人生ですから、それで良いんだと思ったら、「じゃあ、良いのかな」って。


──確かに、自分が選んだ選択ですからね。ちなみに、この映画ですと、自分は好きだけど相手は絶対好きになってくれないっていうのが痛いほど伝わってくると思うんです。これと全く同じ状況が岸井さんに訪れた場合どうなっちゃいそうですか?


岸井: テルコがマモちゃんに執着するのは蜜月の時期があったからだと思うんですね。だから、自分がそういう状況になっても同じ様に蜜月の時間があったら、諦められないかもしれないですね。でも、最初からちょっと好きだけど全然こっちを振り向いてくれない……ってなったら、好きな気持ちは大事にするかもしれないけど、向かっていこうって気にはならないかもしれないです。


――岸井さんには、すっきりはっきりしてくれる男性に出会って頂きたいですね!


モヤモヤの解消法はコメディ映画を観ること!

『愛がなんだ』スペシャルインタビュー ──劇中、テルコはマモちゃんに熱中するあまり、仕事に支障をきたしていきますが、岸井さん御自身が熱中し過ぎて仕事とかに影響を及ぼすことはありますか?


岸井: ほとんどないですけど、好きな海外ドラマやシリーズ物の映画を観ていて、途中で好きなキャラクターが死んじゃったりすると「嘘でしょ!?」って(笑)。結構、引きずっちゃいますね。


──なんだか岸井さんっぽくていいですね(笑)そういうときを含め、気持ちの切り替え方はありますか?


岸井: まだ模索しているんですけど、音楽を聴いたりしますね。

Edwin Starrの『War』を聴くと、応援されているみたいでテンションが上がります。


── CMでも使われてましたよね!テンションあがりそうです。
さて、最後に岸井さんのモヤモヤ解消法や落ち込んだときの復活法を教えてください。


岸井: 映画を観ることかな。何も考えないで済むようなベン・スティラ―のコメディとか。特にお気に入りは『ズーランダー』。これを観れば、もうオッケー、オッケーって元気になります(笑)。


──役どころによって、クルクルと違う表情を見せてくれる岸井さんの素の部分が伺えたインタビューとなりました!落ち込んだら『ズーランダー』と『War』をリピートしようと思います!本日はありがとうございました!


映画『愛がなんだ』は4月19日(金)より東京・テアトル新宿他にて全国順次公開。

愛がなんだ

岸井ゆきのプロフィール

1992年2月11日、神奈川県生まれ。T148㎝。AB型。2009年にドラマ『小公女セイラ』で女優デビュー。以降、映画、ドラマ、舞台などで活躍。2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。主な出演作に『ピンクとグレー』、『ここは退屈迎えに来て』などの映画、NHK大河『真田丸』、『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONⅡ』、『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』などのドラマがある。




作品情報

映画『愛がなんだ』
配給:エレファントハウス
©2019映画「愛がなんだ」製作委員会
愛がなんだ ヘアメイク/藤垣結圭 スタイリスト/須貝朗子
パンプス¥9,800/ミオ ノティス/エスメラルダ
イヤリング¥41,000/スタージュエリー/スタージュエリー表参道店
その他スタイリスト私物
※全て税抜き価格


<writing:鈴木一俊>

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag