レタスの離乳食レシピ

離乳食レシピ:レタス(初期~中期)ママもたのしいあかちゃんごはん#35

  • 更新日:2019/07/31

春らしい心地良い風を感じるようになりましたね。赤ちゃんと一緒にお出掛けしやすい陽気になってきました。


今回、メインの食材として取り上げるのは、レタスです。レタスは春から夏にかけてが旬にあたりますが、1年を通して手に入り、使い勝手のいい野菜です。

レタスは、生で食べられるのは1歳以降になります。でも火を通すのに時間もかかりませんし、離乳食でも使いやすい食材です。


今回はそんなレタスを使った、離乳食初期(生後5~6ヶ月)、中期(7~8ヶ月)のメニューをご紹介します。


【初期】レタスミルク粥

レタスミルク粥 撮影:大崎えりや

・材料

10倍粥……30g

下ごしらえしてすり潰したレタス……5g

お湯で溶いたミルク……少々


・レタスの下ごしらえ

柔らかい葉の部分を熱湯で茹でて水にさらす。その後すりつぶしたり、細かく刻んだりして使う。


・作り方

①10倍粥と、下ごしらえしてすりつぶしたレタスを混ぜる。

②離乳食後に飲む予定のミルクを、①に少量入れて混ぜたら、出来上がり。


使用するレタスは、苦味が少なく柔らかいサニーレタスがオススメ。普通のレタスは淡色野菜ですが、サニーレタスは緑黄色野菜。赤い色の部分には、栄養がたっぷり含まれています。


この時期はまだ離乳食後すぐにミルクを飲んでいますよね? 離乳食の前にミルクを作っておき、それを少量レタス粥に入れてみましょう。ミルクの甘さやまろやかさが加わることで、レタスの青くささを感じにくくなります。


【中期】刻みレタスバナナペースト

刻みレタスバナナペースト 撮影:大崎えりや

・材料

下ごしらえをしてみじん切りにしたレタス……10g

バナナ……20g


・作り方

① バナナはすり潰し、耐熱性密閉容器に入れて、少し加熱する。

② ①と下ごしらえしてみじん切りにしたレタスを合わせて出来上がり。


バナナの粘りととろみで、レタスのシャキシャキ感が薄れ、しっとりとした舌触りで食べやすくなります。バナナは加熱することでさらに甘みが増し、いっそう赤ちゃん好みの味になります。

うちの息子も、レタスは大好き。もう2歳になるので、加熱せずにそのまま食べています。特に、マヨネーズを付けて食べるのがお気に入り。すでにマヨラー予備軍です。


次回も、赤ちゃんが喜んで食べてくれるような、レタスを使った離乳食後期と完了期のメニューをご紹介します。

離乳食レシピ

▼ママもたのしいあかちゃんごはんバックナンバー

離乳食レシピ:大根(初期~中期)

離乳食レシピ:大根(後期~完了期)

離乳食レシピ:ブロッコリー(初期~中期)

離乳食レシピ:ブロッコリー(後期~完了期)

  • 小河知惠子(オガワチエコ) (台湾料理研究家・離乳食アドバイザー)

    雑誌やTV、書籍、新聞等のレシピ作りや料理コラムで活躍中。著書に「おにぎらずの本」(泰文堂)「スティックオープンサンドの本」(講談社)など。2017年、台湾料理留学を機に台湾料理研究家として活動開始。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag