人生崖っぷち母ちゃん

子鉄にはたまらない!?一泊2500円から泊まれる寝台列車の旅

  • 更新日:2019/03/07
» 連載を1話から読む マンガ19話

年が明けたと思えば、もう3月。

年々月日が経つのを早く感じます。こんにちは、漫画家の赤星ポテ子です。


ちょっと先の話になりますが、今年のゴールデンウィーク(GW)は史上最大の10連休ですね。

小さなお子さんがいらっしゃるみなさん、GWのご予定はもう決まりましたか?

今年は国内線も国際線もすでにキャンセル待ちで、宿泊費も例年以上に高騰しているようですね。


とはいえ、せっかくの大型連休。「安・近・楽」(安く近場で楽に遊びたい)で旅行気分を楽しめる「寝台列車」の旅はいかがでしょうか。


今は亡き寝台列車「北斗星」をイメージしたゲストハウス

北斗星

現役から退いてしまった寝台列車「北斗星」で実際に使用されていたパーツを再利用した「トレインホステル北斗星」に、親子で先日泊まってきました。


鉄道ファンはもちろん、電車好きな子鉄・ママ鉄に是非泊まって欲しいゲストハウスでした。

ゲストハウス

子連れにも優しいゲストハウス

そもそも「ゲストハウス」とは!?

ゲストハウスという言葉をはじめて聞くという方は意外と多いかもしれません。

まずはゲストハウスについて簡単に説明したいと思います。

ゲストハウスとホテルの違い

● 宿泊客どうしで交流ができる共有スペースがある

● 相部屋が基本、宿泊費が安い

● 多種多様な人種が集まり国際色豊か

● シャワーやトイレなどの水回りが共有


ホステル北斗星には、ドミトリーと半個室があるので、女性専用のドミトリーと半個室が母子旅行にオススメです。私は息子(5歳)と一緒に女性専用のお部屋に泊まりました。


私は学生時代、バックパッカーで海外旅行をする際、宿泊費を抑えるためにゲストハウスをよく利用していました。学生ならまだしも、子連れでゲストハウスに泊まるなんてハードル高すぎる!!と思った皆さん、ご安心ください。

子連れにこそゲストハウスをオススメしたい理由があります。


子連れにやさしい理由

持ち込み可のキッチンエリア

家族連れに強い味方ファミリーレストラン・デニーズをはじめ、個性豊かなお店も多く外食にも困りません。

また、飲食物の持ち込みが可能なので、食費を安く抑えることもできます。二軒先にはセブンイレブンもあります。


5歳から保護者同伴で宿泊が可能

5歳から宿泊が可能。5歳から中学生までのお子さんは保護者の同伴が必要になります。ちなみに、小さいお子さんは、転落防止のため下段ベッドでの就寝となるようです。

保護者同伴で宿泊が可能

子どもが寝たあとは宿泊客達と大人の時間が楽しめる

私にとってのゲストハウスの醍醐味、それは…仲良くなった宿泊客と子どもが寝た後にお酒を飲むこと。


普通のホテルに泊まったら、こんなことまず出来ないじゃないですか~!


旅先で、国籍に関係なくいろいろな人達と交流できる環境は、子どもにとってもいい経験になります。ホステル北斗星に限らず、ゲストハウスは多種多様な人たちが集まる場所なので、子連れに温かい人たちが多いように思います。

ゲストハウス

東京観光に抜群のロケーション

浅草橋駅や東日本橋駅に近く、東京観光にはもってこい!

宿の外に出るとスカイツリーが眺められます。


急遽泊まることを決め、手ぶらで素泊まりしましたが、近くにドラッグストアがあり、歯ブラシや化粧品などのお泊りグッズも買えたので何とかなりました。

やんちゃ盛りの息子の着替えを用意していなかったことが、今回の旅で一番痛かったです(苦笑)。


フォロー割に挑戦!赤星ポテ子の影響力の価値はいくら?

SNSのフォロワー数と投稿に付いた“いいね”の数で宿泊料金が安くなる【フォロー割】に挑戦しました。

フォロー割

Instagramのフォロワー数が1305人、いいね数が80。

Facebookの友達の数が874人、いいね数が105。

計 2,364


割引のお値段は…。


1,000円でした~!


私のSNSの投稿を見て応援してくださった方々、ありがとうございました。

私のTwitterを見て、早速ご家族で予約を入れてくれたフォロワーさんがいたので、1000円以上の貢献が出来たと思います(笑)。


ホステル北斗星に宿泊する際は是非フォロー割に挑戦されてみてはいかがでしょうか?



▷▷人生崖っぷち母ちゃん|バックナンバー

#1『ポチャッと小太り赤星ポテ子です』


#14『「虐待だな」イヤイヤ期に言われて一番つらかった言葉』


#15『カットデビューできなくて残念!!「1000円カット」はじめて物語』


#16『「バツイチ、子持ち」は婚活市場において不利!?』


#17『ワンオペ育児の救世主「中国ルンバ」家電レポート』


#18『「二人目が欲しい」その想い、本当は誰のため?』



▼赤星ポテ子さんの作品はコチラ!▼




  • 赤星ポテ子 (イラストレーター&漫画家)

    武蔵野美術大学卒。不妊治療を経て一児の母に。いつか息子と海外移住できることを夢みている。 著者「ベビ待ちバイブル」「子どもにちゃんと伝わるお金の「しつけ」」(共著)など

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag