プレスリリース若者のアルコール離れ

飲みニケーションはもう古い!?8割がお酒を飲まない人を理解

  • 更新日:2019/02/26

 皆さんはお酒が好きですか? 中には毎日飲むほどお酒が好きという人もいるかもしれませんが、最近は若い世代でアルコールを飲まない人が増えてきているといいます。ということで、今回のテーマは「若い世代のアルコール離れ」。ワインバザール調べによる、飲酒習慣やアルコール離れに対する年上世代の意見などをご紹介していきます!


4割が「お酒を飲まない」

 お酒を飲む頻度を尋ねたところ、「ほとんど飲まない」(15.4%)または「まったく飲まない」(24.7%)と答えた人が40.1%という結果に。一方で「毎日飲む」という人も全世代を合わせると5人に1人という結果になっています。


画像1

お酒を飲まないのは「そもそも好きではないから」40.8%

 先程の質問で、「ほとんど飲まない」または「まったく飲まない」と答えた人に、お酒を飲まない理由について聞いた結果がこちら。


画像2

 「そもそも好きではないから」という回答が最も多く40.8%でした。「体質的に受け付けないから」(30.4%)、「美味しいと思えないから」(29.7%)がそれに続きます。中には飲み会の雰囲気が苦手だからという声も。筆者は体質上ほとんど飲めないのですが、飲み会の場の雰囲気は嫌いではないので、「お酒を飲まない」ことにも人それぞれ理由があることが分かります。


若い世代のアルコール離れについてどう思う?

 続いて、若い世代のアルコール離れについて「とてもよい傾向」だと思うか質問。


画像3

 結果は、「当てはまる」(14.9%)、「どちらかと言えば当てはまる」(19.7%)と、肯定的に受け止めている人は全体の34.6%でした。健康面で考えると良い傾向だと言えるかもしれませんが、お酒を作る側の人からしてみるとそうは言えませんよね。お酒そのものが悪とも言えませんし、実際ほとんどの人が答えているように「どちらとも言えない」問題かもしれません。


「飲みたくないのに無理に飲む必要はない」が82.0%

 会社の飲み会に参加したがらない、乾杯もソフトドリンクですませる、など近ごろの若い世代は無理にアルコールを飲まない人が増えていると言われています。若い世代のアルコール離れについては世間一般的にどう思われているのでしょうか。


画像4

 結果、「気にせずソフトドリンクを飲めばいい」は76.6%、「飲みたくないのに無理に飲む必要はない」は82.0%が「当てはまる」と答えています。お酒を飲まない人に対する理解が進んでいることが分かりますね。


一滴も飲まないのは場がしらけるという意見も

 一方、若い世代のアルコール離れについて否定的な意見はどのくらいあるのでしょうか。


画像5

 61.7%が「飲みニケーションは必要だ」に「当てはまる」と回答。一方で「一滴も飲まないのは場がしらける」に「当てはまらない」と答えた人は56.2%でした。



 いかがでしたか?

 お酒を好んで飲む者同士であれば、飲みニケーションも有効なのかもしれません。しかしながら、無理してお酒に付き合うことになるならば、それは本来の主旨とは離れ、人間関係を悪化させる可能性も。極めて当たり前の事ですが、お酒が飲みたい人は飲めば良いし、飲みたくない人は飲まなくても良い。飲みたくない人が飲み会の席でも後ろめたく感じることなく、「お酒を飲まない」という選択ができる世の中へと進んでいくと良いですよね。



【参考】

株式会社バザール

http://bazaarjapan.co.jp/

ワインバザール

http://wine-bzr.com/topic/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag