エンタメ

日本の義理チョコ文化、実は男性の4割が否定的だった!?

プレスリリースバレンタイン調査

 2月の一大イベントといえばバレンタインデー。恋人用、友人用、会社用、はたまた自分用など購入を検討し始める時期ですよね。

 バレンタインといえば女性から男性にチョコを送るイメージが強いかもしれませんが、最近はなんと男性が購入するケースも増えているのだとか。そこで今回は、働く男女1,000人に聞いた2019年のバレンタイン調査をお届けします。


チョコ購入の割合は女性78%、男性は25%

 まず最初に、今年のバレンタインチョコの購入予定についての調査結果から見ていきましょう。


画像1 画像2

 どうやら、女性の78%、男性の25%がチョコレートを「購入する予定がある」ようです。昨年(2018年)の同調査と比較すると女性は7ポイント減。一方、男性は昨年より微増していましたが、直近3年間で大きな増減は見られなかったとのこと。

 しかし、それにしても男性の4人に1人がチョコレートを買っているとは、意外ですよね。まわりで実例がないので、いったい男性がどんな目的で購入しているのか気になります。


チョコレートの贈り先は男女ともに「本命」が1位

 バレンタインに贈るチョコレートには、贈る相手への気持ちや関係性によって「本命チョコ」や「義理チョコ」などいくつか種類があります。そこで、チョコレートを購入する人にどのような種類のチョコレートを贈る予定かうかがいました。


画像3

 1位は男女ともに「本命チョコ」でそれぞれ6割を超えています。2位以降もそれぞれ同じ順に、自分への「ご褒美チョコ」、家族への「ファミチョコ」、職場の上司や同僚への「義理チョコ」、仲の良い友達への「友チョコ」と続きます。


 本命チョコは男女でもそこまで差は見られませんでしたが、ご褒美チョコや義理チョコでは、男女に開きが見られますね。「自分へのご褒美」という意味で自分に物を買うのは女性だけかと個人的には思っていたのですが、どうやら男性側にもその意識が広がっているのかもしれませんね。



バレンタインチョコの平均予算は2年連続ダウン

 続いて、今年のバレンタインチョコにかける予算を尋ねました。


画像4 画像5

 全体の平均予算は「3,400円」で、2018年の同調査と比較すると、287円ダウン。2年連続で減少する結果となりました。男女別に見ると男性の平均予算は昨年よりやや増加していますが、メインの購入者である女性の減少率が大きく、なんと2017年と比較すると1,000円の開きが見られます。最近では、見た目や味の他に控えめな値段というのがチョコレートを選ぶ上で大切な要素なのかもしれませんね。


義理チョコ習慣は男女ともに4割の人が否定的

 昨年、有名チョコレートブランドのバレンタインデー広告をきっかけに、日本における義理チョコを贈る習慣の是非が話題になりました。そこで、1年たった今年、働く男女がこの義理チョコの習慣についてどのように考えているのか賛否を確認してみました。


画像6

 結果、「無いほうが良い」43%、「あったほうが良い」26%、「どちらとも言えない」32%(※1)で否定派の方が多いことが判明。男女別に見ても傾向に違いはほとんど見られず、義理チョコを贈る習慣は男女ともに4割程度の人が否定的なようです。


※1:無い方が良い=「無い方が良い」「どちらかといえば無い方が良い」の合算、あった方が良い=「あった方が良い」「どちらかといえばあった方が良い」の合算



 いかがでしたか?

 この3年間で男性の約4人に1人がチョコレートを購入しているということは、男性が購入する文化が定着してきているということかもしれませんね。とはいえ、まだまだ女性から男性に送る率が高いバレンタイン。大切な人との関係性を深めてくれるようなチョコレートを送りたいですよね。



【参考】

株式会社マクロミル

https://www.macromill.com

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ