エンタメ

2位は“結”!女子カレLOVABLEユーザーが選ぶ2018年の漢字は?

プレスリリース2018年総集編

 2018年もいよいよ終わりを迎えようとしています。皆さんにとって、2018年はどのような年でしたか? 良いことがあれば悪いこともあったと思いますが、この1年を振り返ってみるというのは、区切りをつけるという意味でも大切なことかもしれません。ということで、女子カレLOVABLEユーザーに2018年を振り返ってもらいました!


2018年のあなたの評価は?

 まず、2018年の自分自身に点数をつけてもらった結果がこちら。100点以上からマイナスまでの7項目で選択してもらいましたが、最も多かったのは……?


画像1

 回答数が最多だったのは71~90点という人。良すぎもせず悪すぎもせず、2018年は“そこそこ”の年だったという方が多いようです。次いで31~50点、51~70点が続き、比較的低めの点数をつける方が目立ちました。


 そして、グラフの右側に目をやってもらうと気づくと思うのですが、 “むしろマイナス”と回答した方がなんと10人に1人の割合でいらっしゃいます。よっぽどの厄年だったのか、そこそこ多くの方が回答していると考えると悲しいですね。



結婚した人がいれば離婚をした人も

 2018年の自分の評価について、良い点数を付けた方と悪い点数を付けた方とで分けてその理由を聞いてみました。



良い点数を付けた理由

・自分が思っていた以上に色々な経験ができた。(女性 36~40歳 パート/アルバイト)


 ――目標は計画を立てて行動することで実現できそうだと思いますが、それ以上の体験ができるのは嬉しい誤算ですよね。


・嬉しい事、楽しい事がたくさんあったけど、もう少し頑張れそうだから。(女性 46~50歳 会社員)


 ――この方は、良い点数を付けているものの、もっと上があると考えて少し控えめに採点をされたのかもしれません。向上心を持って物事に取り組むのは良いことですよね。


・いいことも悪いこともあったけど、トータルしたらいいことのほうが多かったし、自分でつける点数を悪くすると「あぁあまりよくない1年だったな」とネガティブになってしまうので、満点ではないけど高い点数。(女性 21~25歳 会社員)


 ――中には、この方のように意識的に高めの点数をつけたという方も。悲観的に考えるときりがないので、なんだかんだ良い年だったと思えるほうが良いですよね。


・私にとって本当に大事なものがわかった一年でした。(女性 41~45歳 会社員)


 ――ステキな一年だったことが伝わり、こっちまで嬉しくなりますね。


・大事な時に体調を壊してた( .. ) けど大好きな人と結婚が出来た♡(女性 21~25歳 会社員)


 ――ご結婚おめでとうございます! 何はともあれ、体調が回復されて今が幸せなら良いですよね。



悪い点数を付けた理由

・旦那の不倫に傷ついた。(女性 46~50歳 会社員)


 ――読んでいるこちら側もダメージを受けるお話ですね……。2019年は良い方向に進むことを願っております。


・新しく出来た事もあったけど、失う物や、つらい事がたくさんあって、乗り越えられなかったから。 我慢出来なかったから。(女性 11~15歳 学生)


 ――なにか我慢できずに失ってしまったものがあったのかもしれませんね。でも、これ以上悪いことはないと考えれば、未来も明るく感じませんか?


・高齢のおばあさんに、車をぶつけられ、私は悪くないと言い張られ、面倒だった。 クレジットカード、不正利用された。(女性 31~35歳 主婦)


 ――車の事故にクレジットカードの不正利用になんとも災難な年でしたね。事故の際、お体は無事だったのか、心配です。


・お金の出て行く事が多過ぎたから。(女性 36~40歳 主婦)


 ――お金の問題は大きいですよね。お子さんがいるご家庭のようなので、育児にかかる費用などもあるのかもしれません。


・機能性過多月経になり生理が憂鬱 会社を退職し、彼とも別れた(女性 41~45歳 パート/アルバイト)


 ――体の不調から仕事や恋愛にも影響が出ている感じでしょうか? 大変な一年だったこと、お察しします。



2018年、最も良かったジャンルは“家族”!

 続いて、2018年で最も良かったジャンルについて聞いてみました。


画像2

 一番回答数の多かったのは21.2%で“家族”という結果に。ご結婚されていてすでに家庭を持っていらっしゃる方も多く見られたので、納得の結果ですね。次点は“仕事”で、20.4%の方が回答しています。恋愛・結婚と回答された方も多く、中には恋人との交際がスタートしたという方や新たにご結婚されたという方もいるのでしょう。2019年も公私共に充実した一年になると良いですよね。


漢検発表の今年の漢字“災”は2位!

画像3

 先日、日本漢字能力検定協会が発表した2018年の漢字。記録的な豪雨や台風などの自然災害が多かったことなどから、“災”という字が選ばれましたが、女子カレLOVABLEユーザーにとっての今年の漢字とは……?



・“波” 良いことも悪いことも辛いことも沢山あって、波のように流された1年だったから!(女性 26~30歳 会社員)


 ――本物の波と同じように逆らっても仕方ないこともあると思うので、ある程度流れに身を任せるというのも処世術の一つかもしれませんね。


・“楽” 中学校生活最後を精一杯楽しむことが出来たから!(女性 11~15歳 学生)


 ――最後の中学校生活を存分に楽しめたということで、良かったです。2019年は新たに進学をされるのかもしれませんが、新しい環境でも楽しめると良いですね。


・“新” 勤務体制が変わり、心機一転、新たな気持ちで仕事ができたから。また、孫ちゃんが誕生し、新たな生命が繋がったので。(女性 46~50歳 会社員)


 ――仕事の新体制への変更やお孫さんの誕生まで、まさに“新”しいことをたくさん経験された一年だったようですね。


・“梶” 声優の梶裕貴さんに捧げた1年だった。彼の演じるキャラクターのグッズ購入したり、遠征したり。梶くんのおかげで生きた1年だった。(女性 21~25歳 会社員)


 ――なるほど(笑)。声も良ければ演技も上手で、熱狂的なファンも多い方ですよね。彼のおかげで充実した1年になったようでなによりです。


・“寂” 安室ちゃん(女性 41~45歳 パート/アルバイト)


 ――まさしくアムロスですね。早いもので引退をされてから3カ月以上経ってしまいましたが、平成の歌姫の引退を寂しく思った方は多いのではないでしょうか?



 ……などなど、本当に三者三様の答えだったのですが、上位だけランキングにまとめた結果がこちらです。



第1位:苦

第2位:災

 〃 :結

 〃 :動

 〃 :平



 漢検発表の今年の漢字“災”が2位にランクインしており、ユーザーの皆さんにとっても苦い年になったようです。全体としても、ご紹介した漢字の他に“悪”“悩”“疲”のように悪い印象の漢字が目につくことが多かったのがなんとも悲しい結果に。

 一方で、2位にランクインしている「結」などご結婚をされて幸せいっぱいという方もちらほら見られたというのが救いでしょうか。良いことばかりというわけにもいきませんが、来年はもっと良いことがあるように期待するばかりです。



みんなにとっての、2018年の流行語とは?

画像4

 続いては、2018年の流行語について。ユーキャンが発表した今年の新語・流行語は「そだねー」でしたが、皆さんにとっての流行語とは……?



・それな おこぷれのぴ(女性 11~15歳 学生)


 ――筆者は最初“おこぷれのぴ”が全くなにかわからなかったのですが、どうやら女性5人組YouTuber「おこさまぷれ~と。」のメンバー「のぴ」さんのことだそう。


・こたつむり こたつに入って、動かなくなる事。(女性 11~15歳 学生)


 ――中高生たちの頭の機転ってすごいですよね。これなら筆者の世代でも使えそうなので、積極的に使っていこうと思います!


・ボーッと生きてんじゃねーよ!(女性 ひみつ 会社員)


 ――チコちゃんですね(笑)。筆者も、帰省した時などによく親が見ているので一緒になって見ています。


・はばかりに なぜか職場でトイレに行く際に、はばかりに行ってきます、が流行った。(女性 31~35歳 公務員)


 ――楽しそうな職場ですね。「トイレ」と言ってしまうより、上品で良いのではないでしょうか。


・アムロス(女性 41~45歳 パート/アルバイト)


 ――先ほどの今年の漢字でもありましたが、多くの方が安室奈美恵さんの引退にショックを隠しきれないようですね。



女子カレLOVABLEユーザーが体験した、今年一番の大事件は?

画像5

 最後に、ユーザーの皆さんが体験した、今年一番の大事件を聞いてみました。



・旦那の2度の不倫(女性 46~50歳 会社員)


 ――これは大事件以外の何ものでもありませんよね。1度でも罪深いのに2度までとは……。心中、お察しします。


・一生に一度のすごく楽しい幸せな結婚式を挙げられたこと(女性 26~30歳 会社員)


 ――文面からハッピーオーラが伝わってきますね。ご結婚おめでとうございます!


・初めて市内音楽会に参加できた(女性 11~15歳 学生)


 ――以前から憧れの舞台だったのでしょうか? 初参加できたということで夢が叶って良かったですね。


・三年付き合った彼氏に電話で振られた(女性 16~20歳 学生)


 ――つらいですよね……。失恋を癒やしてくれるのもまた新たな恋。次の恋へと進めると良いですね。


・家を新築購入(女性 41~45歳 自営業)


 ――一世一代の買い物! ステキなご新居で幸せに過ごしてくださいね。



 いかがでしたか?

 一年の漢字として“災”が選ばれたことからも、世間全体としてはしんどい年だったのかもしれません。でも、1人1人の声を聞くと、たしかにつらい体験をされた方もいますが、幸せな体験をされている方も多く見られました。起こりうる悪い出来事を0にするのは難しいですが、少しでも2019年は良い出来事が増えることを祈っています。

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ