エンタメ

2019年はこれが流行る!海外も大注目の食べ物5選

プレスリリース2019年フードトレンド

 食べ物ジャンルで振り返ってみると、チーズタッカルビやタピオカなどがブームとなった2018年。中には韓国や台湾など、海外から取り入れられたメニューもいくつか見られました。

 そこで今回は、今海外で注目が集まっていて、2019年にその人気が日本に飛び火してきそうな食べ物をご紹介。なんと日本に馴染みの深い物までランクインしていますよ!


LA発動画サイトが予測する「2019年のフードトレンド」とは?

 「Tastemade(テイストメイド)」はロサンゼルス発のライフスタイルにまつわる動画を配信するプラットフォーム。そんな「Tastemade」を運営するTastemade Japan株式会社が予測・分析を行った「2019年のフードトレンド」から、5つの注目ワードをご紹介します!


【1】ハリッサ

画像1

 2017 年はパクチー、2018 年はホアジャオと、日本ではここ数年、刺激的でインパクトのある食材や調味料が人気を集めています。こうした中で、2019 年に注目したいのが「ハリッサ」。


 ハリッサとは、生の唐辛子をベースに、オリーブオイルやニンニク、コリアンダーなどを組み合わせた調味料。地中海料理に欠かせない存在であり、フランス、イギリスなどのヨーロッパ圏では日常的に家庭料理に使われています。ペースト状で使いやすく、辛さだけではなく香りも楽しめるのが特徴です。


 パスタ、クスクス、トマト煮込みといった地中海料理はもちろんのこと、ローストした肉や魚に添えたり、トーストしたパンに塗ったりと、シンプルな料理でも楽しむことが可能。さまざまな料理に活用できる万能さは大きな魅力といえます。


 また、他の調味料と組み合わせることなくこれ1つで味が決まる手軽さも、時短を重視する近年の日本における調理トレンドにマッチするといえるでしょう。



【2】ラタトゥイユ

画像2

 世界的にヘルシー志向が定着しつつある近年。日本でも生活者の健康意識は年々高まりを見せており、グルテンフリーや朝ベジといった新しい考え方も浸透してきています。

そのひとつの象徴が、2016 年頃にニューヨークから日本に飛び火した「サラダブーム」。チョップドサラダ、パワーサラダなど、新しいサラダの食べ方が広まり、都内を中心にサラダ専門店も数多く登場しました。


 そして、Tastemade Japan がサラダの次にくると予測しているのが「ラタトゥイユ」です。近年の「作り置き」トレンドで、日本でも急速に市民権を得てきているラタトゥイユは、サラダ以上にカラフルでフォトジェニック。ラタトゥイユ自体はフランスの家庭料理ですが、最近はニューヨークやロサンゼルスといった流行の発信地でも、健康に意識的な若者を中心に人気を集めています。


 そのまま食べるのはもちろんのこと、クロワッサンやサンドイッチにはさんだり、オムレツや肉料理にかけたりと、さまざまなアレンジが楽しめる点も嬉しいポイントです。


【3】ルビーチョコレート

画像3

 季節ごとのイベントは、フードトレンドの宝庫。中でもバレンタインデーのシーズンは、毎年チョコレートに関連したさまざまな流行が生まれています。ここ数年は「ビーントゥーバー(カカオ豆をローストしてチョコレートにする工程をワンストップでおこなったチョコレート)」、「シェアチョコ(大人数でチョコレートをシェアすること)」などのキーワードが話題を集めました。

 そして、2019 年のバレンタインデーにブレイク間違いなしといえるのが「ルビーチョコレート」です。ルビーチョコレートとは、ダーク・ミルク・ホワイトに続く「第4 のチョコレート」と言われており、着色料を一切使っていないにもかかわらず、天然のルビーカカオにより鮮やかなピンク色をしているのが特徴です。海外はもちろん、日本の食品メーカーからもルビーチョコレートを使用したお菓子がぞくぞくと登場しています。


【4】WAGASHI

画像4

 いま、海外で注目を集めているのが、日本の「WAGASHI(和菓子)」。訪日観光のお土産としてはもちろんのこと、近年は日本の老舗和菓子店が海外に出店しはじめたことで、さらに認知が広がっています。

 人気の理由は、抹茶やあずきといった和の素材ならではのやさしい味わい。さらに、日本人の細やかさがあらわれた「アート」な見た目も注目を後押ししています。


 そして現在、このWAGASHI ブームが、日本に逆輸入されつつあります。特筆すべきは、店舗で販売されている和菓子だけでなく、家庭の手作り和菓子も注目されているという点。見た目が美しく、かつ手のこんだ印象を与えられるオリジナルの和菓子をInstagram で投稿する人が増えてきています。


 さらに2019 年は、新天皇の即位式がおこなわれたり、東京オリンピックが近づいたりと、“日本の良さを再発見しよう”という機運が高まりやすいタイミング。今後、手作りレシピを中心としたWAGASHI ブームは、ますます加速していくと考えられています。


【5】タコス

画像5

 2018 年に入りぞくぞくと専門店がオープンしている、いま注目のメニューが「タコス」。中目黒、吉祥寺、赤坂、三軒茶屋と、都内のさまざまな人気スポットにタコスのお店が登場しています。


 ワンハンドで手軽に楽しめるファーストフード的なメニューだけでなく、素材にこだわった本格的なメニューを提供する店舗も多く、現在、タコスのおいしさを新発見する人が続出中。こうした流れから、2019 年はタコス人気が一気に爆発する年になりそうです。


 また、タコスといえば、いろいろなカスタマイズができる楽しさも魅力のひとつ。タコスの本場・メキシコでは、定番の「メキシカンタコス」だけでなく、小さめのトルティーヤで具材をまいた後にカラリと揚げた「タキートス」も人気です。また、アメリカでは数年前から、スクランブルエッグやベーコン、ビーンズなどをまいた朝食用の「ブレックファスト・タコス」が話題に。さらには、フルーツ、生クリーム、アイスなどを組み合わせた「デザート・タコス」なども登場しています。日本でも、今後さまざまなスタイルのタコスが登場し、人気を集めていきそうです。



 いかがでしたか?

 海外でも流行が予想されている食べ物の中に「和菓子」が入っているとは、日本人としては嬉しいですよね。その他、ラタトゥイユやタコスなどこれまでにも耳にしたことがある方は多いと思いますが、それが流行する背景や食べ方などに今までとの違いがありそうな気がします。第4のチョコレートとして注目の集まるルビーチョコレートは、バレンタインシーズンでは見かけることが多くなるかも? 目にも鮮やかな色を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。



【参考】

Tastemade Japan 株式会社

https://www.tastemade.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ