エンタメ

肥満危険度1位は岩手県!都道府県別・肥満要注意ランキング

プレスリリース平成最後の脱メタボ

“冬は一年の中でも太りやすい季節”そう思っている人も多いかもしれませんが、実は代謝だけ見ると夏よりも冬のほうが高いのだそう。今回は、肥満要注意という都道府県ランキングと、おいしい食べ物が豊富なこれからの季節に気をつけたい生活習慣をご紹介します。


よく聞くけど、そもそもBMIってなに?

 体重測定などで耳にすることも多いと思いますが、BMI(Body Mass Index) とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数のこと。数値が高くなると肥満であると判断します。BMIの計算式は世界共通ですが、肥満の判定基準は国により異なるのだそう。


世界保健機関(WHO)の基準

画像1

BMIから「肥満要注意」な都道府県を見てみると……

 こちらの表はアンファー株式会社が調査した、BMIから判断する肥満要注意の都道府県ランキングです。


画像2

 5位までを見てみると、なんとすべてが東北、北海道地方という結果に。そして最も危険度が小さいのは新潟県。TOP5を見ると日本の中でも特に冬が寒い地方に共通するのかと思いきや、そうとも言えないようです。危険度1位から最下位までを見てもBMIの基準では普通体重の範囲内に収まっていますが、1位と47位の1.5ポイントの差はかなり大きいと考えられます。



要注意3県の危険ポイントとは?

画像3

1位 岩手県

 アンケートによると「生活習慣を注意されたくない」といった声が多く見られたとのこと。病院へ行かない理由としても「周囲の人に身体が弱い・根性がないと思われたくない」という傾向があるようで、周囲から干渉されたくない傾向にあるようです。また、運動習慣が全国41位であることも肥満要注意県第1位の要因と考えらます。

「体重・体脂肪・血圧のチェック頻度」は30位、「ストレスを感じたり、気持ちがふさぎこむことが少ない」は2位なので、非常に楽観的であり、肥満を気にしていないことがうかがえます。BMIが“前肥満”となる25を超えている人の人数も全国で最も多く、肥満要注意県であると言えます。


2位 福島県

「肥満に対する外見のケア」が全国45位であることに加え、肥満を予防しない理由は「時間に余裕がない」が全国2位となっており、対策を後回しにしてしまっている傾向が見られました。


3位 山形県

「メタボリックシンドローム・肥満」の罹患を不安に思っているランキングでは堂々の1位。しかし「運動頻度」44位、「ジム通い」45位と、意識と行動が伴っていない傾向にあるようです。


健康3県の特徴は!?

画像4

47位 新潟県

「病院はなるべく行かない」という項目では3位の新潟県。病院へ行かない理由は「周囲の人に身体が弱い・根性がないと思われたくない」という項目が1位で、プライドの高さがうかがえます。予防しない理由には「何をしてよいかわからない」という回答が全国1位だったにもかかわらず、肥満度が最も低かったのは新潟県が実施している政策のおかげかもしれません。


 新潟県には「健康にいがた21」というサイトがあり、サイト内で肥満度のセルフチェックができ、運動や食事など、県民が健康に生きるための情報が多く載っています。また、県の政策として、運動教室やウォーキングイベントを実施しているのだとか。

「健康にいがた21」WEBサイト:http://www.kenko-niigata.com/21/index.html


46位 神奈川県

「運動習慣」2位、「食生活に気をつける」5位となっており、日頃からバランスの良い食事をとり、体を動かす習慣が身についているため、「健康に対する不安がない」の項目で3位となっているように健康に自信があると考えられます。


45位 京都府

「医師が信用できない」の項目で1位となった京都府ですが、他にも「寝具にお金をかける」1位、「予防に投資する金額/月」3位、「脳ドッグを受診したことがある」1位で、自分で情報を得ながら、お金をかけて健康増進に取り組んでいると考えられます。


実は夏より冬のほうが「痩せやすい」

画像5

「基礎代謝は夏よりも冬のほうが高い」と言われています。基礎代謝とは、人間が生命を維持するために使われるエネルギーのことで、言い換えれば、何もしていないときの代謝のこと。中でも、筋肉によって消費される量は基礎代謝の多くを占めています。そのため筋肉量が多い人ほど基礎代謝も高く、じっと横になっているだけでも「エネルギーを消費しやすい=痩せやすい」のです。


 基礎代謝にも個人差があり、性別や年齢、体格、体温などで大きく変わる他、季節によっても基礎代謝は変動することが知られています。気温が下がると体温保持のため、からだの熱産生が高まり、基礎代謝が上がるというのがそのメカニズムで、これに則り、冬は一年の中でも最も代謝が上がって痩せやすいのだそう。


これからやってくる、おいしい季節に気を付けること

食べ過ぎた翌日はちょっとした運動を心掛け、活動量を増やす

 エレベータを使わずにできるだけ【階段を使う】、1駅分【歩く】(大きな筋肉がある下半身をよく動かすのはとても効果的)、【電車では立つ】、【家事】を精力的におこなうなど、 日常生活での活動量を高めるようにしましょう。また、【よい姿勢】を保つだけでもエネルギー消費を活発にします。【スクワット】や肺を大きく動かす【深呼吸】などもおすすめです。


なるべくからだを冷やさない

 からだを冷やすと血行が悪くなり、基礎代謝にも影響してしまいます。寒さで縮こまったり同じ姿勢のまま長時間動かさないことでガチガチになりがちな肩甲骨周りをほぐすなど、【からだ全体のケア】も大切です。


できるだけ夕食は就寝3~4時間前までに済ませる

 1日3食を基本に、適切なタイミングで食べるといった【食事のリズム】を乱さないことも大切です。1日2食などで空腹時に一気に糖質を摂ると血糖値が急上昇し、インスリンが大量に分泌され、太りやすいと言われています。不規則な食生活や極端な食事制限を続けると、からだは防衛本能を働かせ、摂った栄養を脂肪として溜め込もうとするため、太りやすい体質になってしまうことにもつながります。


良質な睡眠を取る

 代謝を促進する成長ホルモンは、ノンレム睡眠時に多く分泌されると言われています。睡眠不足だと十分に分泌されず、代謝が低下して太る原因に。また、睡眠不足は食欲をコントロールするホルモンの分泌にも影響を及ぼすと考えられています。



 いかがでしたか?

 肥満は、糖尿病や高血圧といった生活習慣病にもつながるリスク要因。これからの寒い季節、外に出ないでこたつに入ってゴロゴロしたりおいしいご飯を食べたりするのも魅力的ですが、「食事」「運動」「生活」の3つのポイントを意識し、冬の太りすぎには気を付けましょう。



【参考】

アンファー株式会社

http://www.angfa.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ