エンタメ

落ち込んだら「今は朝ドラの木曜日」と思う?! 横澤夏子さんインタビュー【後編】

横澤夏子さんインタビュー

映画『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』 主演・横澤夏子さんインタビュー:後編

 後編では先日行われた東京映画祭に出席されたときのことと、結婚生活のことを中心にお話を聞かせてもらいました。


<<前編から読む

“ 主演女優 ”を7回も連呼したレッドカーペット!

──本作は今年10月に行われた第31回東京国際映画祭に特別招待作品として出品されましたが、出席されていかがでしたか?

横澤: この時、真っ赤なドレスでレッドカーペットを歩かせてもらいましたが、赤に包まれてホント顔だけが浮いちゃっていましたね(笑)。カーペットの両脇でたくさんの記者やカメラマンの方に迎えられて「うわ~幸せ! 女優みたい」って。


──そういえば、挨拶では“ 主演女優 ”って言葉を7回も連呼されていたことがニュースになっていましたよね。

横澤: そんなに言いましたっけ、ヤバっ!(笑)


──主演女優としての勇姿をひとりでも多くの方に見てもらいたいですね!

えちてつ物語る

結婚前と後で変わったことは……!?

──さて、プライベートでは昨年7月に一般の方と入籍され、今夏には“ 追い込み婚 ”に関する婚活本も出版されましたよね。実際に結婚されてみて、結婚前と後で変わったことはありますか?

横澤: 結婚前は、今夜誰と飲みに行こう……って、とにかく予定を入れたかったんですけど、今は帰ると相手がいるのでそれをしなくても良くなったことですかね。結婚前はひとりで家に帰って、夜の11時前に玄関のドアノブを握るのがすごく嫌だったんです。マンションの住人に「あいつ金曜日の夜に誰も約束ないのか」って思われるのが嫌で……(笑)。


──なんかわかります(笑)きっと誰も気にしてないんでしょうけど、気になりますよね。

横澤 そうなんです。だから、金曜日の夜だけはすごく充実させたいっていうルールみたいなものが自分の中にあって。わざと劇場に残って12時過ぎに帰ったりして、「何しているんだ、私」って自己嫌悪になったこともありました(笑)。

結婚前と後で変わった事

──結婚前は、結婚に対する“ 幻想 ”みたいなものを誰しも抱いていると思うんですが、それが崩れたり、逆に良くなったりしたことはありますか?

横澤: 崩れたものは、私、絶対に朝ご飯を作るときの包丁のトントントン……って音や主味噌汁の匂いで旦那を起こすんだろうなって思っていたんですね(笑)。


──結婚を夢見る女子なら一度は思い描きそうですね。

横澤:でも現実はギリギリまで寝てるし(爆笑)。ホント、なんで洗い物とかしてくれないんだろうって、包丁の音に憎しみが混じっちゃうこともありますね(笑)。逆に良かったことは、結婚したら区役所から封筒が送られてきて 「 これって区役所からのサプライズ!? 」と思って、開けてみたら選挙の投票用紙が私のと主人のとで二枚入っていたんですけど、なんで一緒に住んでいるって知っているのって(笑)。


──二枚一緒に届くって、なんかいいですね。

横澤:ちっちゃい事なんですが、最初はそれだけでウキウキして嬉しかったですね。結婚したんだなってなんか実感できて。投票の後に外食して帰ったりしてね。


――西野カナさんの歌みたいですね(笑)でもすごく幸せがつたわってきます!


落ち込んだら「今は朝ドラの木曜日」と思え!?横澤流ストレス解消法

横澤式ストレス解消法

──ところで女芸人さんって、テレビを拝見しているとみなさんすごく元気ですが、当然メンタル的にもきつい日があると思います。そういうとき、どうやってONの状態を保っているんですか?

横澤:落ち込んだときは「いまは朝ドラの木曜日だ」って思うようにしているんです。朝ドラの木曜日ってストーリー的に大抵、嫌なことや落ち込むようなことがあるんですよ。でも、翌々日の土曜日になるといい感じにまとまって、「来週は良いことあるさ♪」みたいな感じで終わるんですよね。だから、「早く土曜日来い!」って思ってます(笑)。 あとは、すごく落ち込んだとき、ここでナレーションが入るとしたらどういうのが入るのかなって考えるんです。「夏子はすごく悲しいんだ。この後、なにか良いことが起こることも知らずに……」みたいな(笑)。それで頑張ろうと。そうじゃないとなんかナレーションの人に申し訳ないなって思ったりするんで(笑)。


──なんだか横澤さんっぽい(笑)。

横澤:それと7、8年前から裏アカウントに投稿してます。誰もフォローしてないし、されてもいないTwitterアカウントで、一つ年上のOLとして「何なのこの上司。キモいんだけど」とかって延々とつぶやいているんですよ(笑)。そんな風に第2の人生を歩んでいる人がいると思うと、自分の人生なんかちっぽけだと思えるというか、客観的に見られるんですね。でも後日、なんでこの時こんなことをつぶやいたんだろうと思い返しても全然憶えていないんですよね。


──そのアカウントでモヤモヤが完全に昇華されちゃうんですね。そういう裏アカ女子、結構多いみたいですね。

横澤:以前テレビでこの話をしたとき「私もやってます」って人が結構多くて、「私だけじゃなかったんだ。良かった~」って思いましたね(笑)。


──裏アカの流出だけは、くれぐれも気をつけてくださいね

主演女優なんです!

本日は映画の話から結婚生活の話まで聞かせていただき、とても楽しかったです。これからも面白いネタと、女優としての活動を楽しみにしています!ありがとうございました。



横澤夏子(よこざわなつこ)

1990年7月20日、新潟県生まれ。T172㎝。A型。東京NSC15期生。2009年、ヨシモト∞ホールでデビュー。2014年、ドラマ『俺のダンディズム』で女優デビュー。以降、『せいせいするほど、愛してる』(16年)、『増山超能力事務所』(17年)などのドラマに出演。現在はバラエティ番組『発見!仰天!!プレミアもん!!!土曜はダメよ!』、生活情報番組『ノンストップ!』などに出演中。今年7月には著書『追い込み婚のすべて』を上梓。


映画『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』は福井県先行公開中。11月23日(金・祝)より東京・有楽町スバル座 他全国ロードショー

公式サイト

配給:ギャガ

©2018『ローカル線ガールズ』製作委員会

えちてつ物語
  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ