エンタメ

複雑な現代社会が生んだちょっと変わったストレス解消法8選

ストレス解消法

以前なら泣いたり叫んだり、時には枕を壁に投げつけたりしてストレス解消していたのに、最近はどうもそれじゃあ物足りない。


多様性が求められる現代社会を生きていると、そこで生まれるストレスもまた、一筋縄ではいかないものばかり。

そんな現代的なストレスとおさらばするために、少し変わったストレス解消法をご紹介!


■とにかく磨け!没頭系ストレス解消法

●「床を磨きます。床拭き、ワックスがけは当然として、ブラシを使って溝に溜まった汚れも落とします。床を磨いているときは無心で、ストレスの原因すら忘れますね。床に映った自分と目が合ったときに初めて“むかついていたこと”がちっぽけに感じます」(28歳・女性/セールス)


これらから読み取れるのは“没頭せよ”ということですね。

じつはこの“没頭する”という行為、ストレスにじつに効果的。

何故なら、趣味や家事などの作業に没頭しているとき、人間の脳内はリラックス&瞑想をしているときと同じ状態にあるからです。


●「2種類の歯ブラシ、歯間ブラシと舌ブラシを使って念入りに歯みがきをします。普段は人並みの歯磨きなんですが、これはストレスがたまったときのスペシャルです。もちろん歯垢チェックも忘れずに。友達にこのストレス解消法を話したら「変だ」って言われました。変ですかね?」(32歳・男性/会社員人事部)


こちらも“没頭系”のストレス解消法ですね。

ちょっと変ですけど、週1程度のストレスで白く輝く歯が手に入るでしょう。


●「どうしようもないほどイライラしたときは包丁研ぎに限ります。包丁の研がれる音に聞き入っていると、だんだん癒されてくるんですよ(笑) 包丁もよく切れるようになるし、ストレスも解消されて、まさに一石二鳥です」(25歳・女性/会社員営業)


見た目はホラーですが、ストレス解消と同時に、切れ味鋭い包丁も手に入るのですから、まさに一石二鳥な解消法と言えるでしょう。

くれぐれも、研いでいる最中に相手の名前を唱える事はやめてください、怖いので。


■とにかく突き刺せ!攻撃系ストレス解消法

●「ビリヤードです。といってもただプレイするのではなく、キューで突くときの玉をストレス対象者の顔と重ねるんです。そうすると突くときに力がこもるし、突いた瞬間にスカッとするんですよね。おかげでビリヤードが得意になりました」(24歳・女性/販売員)


ただやみくもに物にあたるのではすっきりしない……苦労の末に生まれた苦肉の策なんでしょうね、きっと(苦笑)


●「バリバリと音の鳴る硬いものを食べて、その音を頭蓋骨に響かせるんです。みんなにはわかってもらえないんですけど、あの“バリバリ”って音に集中しているとだんだん心が安らいでくるんですよ。ただ、歯が弱い人にはおすすめできませんね」(33歳・女性/接客業)


頭蓋骨に響くバリバリという咀嚼音で心が和らぐとは……世も末でしょうか。


●「ストレスがたまると何故か献血します。昔から注射に抵抗がなかったというのもありますが、最近では針を刺して血を抜くときにハイテンションになっていますね(苦笑)変だという自覚はありますが、お金も周囲への迷惑もかからないし、結果的に慈善行為になっているからおすすめしたい解消法です」(36歳・男性/SE)


これは自傷行為の延長線では!?(笑)

もちろん、本人もおっしゃってるとおり周囲への迷惑がかからないうえに慈善行為なのですから優れた解消法だとは思うんですけどね。

まさか、明るく爽やかに堂々と自傷行為を行える日が来るとは思ってもいませんでした。


■やりたいことをやる!女性芸能人の解消法

最後にご紹介するのは、その名を誰しもが耳にしたことがあるであろう女性有名人たちのストレス解消法。

有名人というだけでストレスをつねに感じる身です。どのようにストレスを解消しているのでしょうか。


●「自分を甘やかす(眞鍋かをり)」

意外と自分を甘やかすのって難しいですよね。

最近では、“甘えられない女子”なんて雑誌の見出しがあるぐらいですから(苦笑)

眞鍋さんは一人旅や、趣味に没頭するなどおひとり様上手で知られています。ストレスも自己解決してしまうのでしょう。

彼女を見習って、めんどくさい事はすべてどっかやってしまって、自分を思いっ切り可愛がってあげましょう。


●「嫌なことは嫌って言う。すんご~く嫌だってハッキリ言う(米倉涼子)」

言いかたは違えど“好きなことを好きなだけやる”といった方法でストレスを解消している女優さんはたくさんいました。

自身を商品として扱う女優にとって、心へもお肌へも負担をかけてしまうストレスはあってはならない存在。

ワガママも商売のうち、ということです。


ストレスは現代人にとって、切っても切り離せない存在。

重要なのはそれを無理矢理はねのけることなのではなく、どう付き合っていくかということではないでしょうか。


数々のストレス解消法をヒントに、あなたのストレスが少しでも和らぎますように!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ