エンタメ

【小説#28】自分の本音と今後に絶望!頼れるのはもう実家だけ

恋愛パラドックス ~しんどい女子の癒し方~

≪ 先に前回を読む

前回のあらすじ:「インド雑貨の輸入業を、友達とやっていた」借金の理由を聞いて、夏美の中には正直いい印象は浮かんでこなかった。なんで雑貨なのか、なんで友達同士で起業したのか。親はどこまで知っているのか。思いつく質問を精査し彼にぶつけてみると、弘からは「ただ知りたいんじゃなくて、安心させて欲しいだけでしょ?」と一喝され、反発心から「今の弘とじゃ結婚できるわけないじゃん!」と一喝してしまう。 思わず放った一言で自分の本心を知った夏美は、弘への怒りと自分への落胆で、涙を流しながらも、実家に一次避難することにした。

恋愛パラドックス ~しんどい女子の癒し方~:第28話:自分の本音と今後に絶望!頼れるのはもう実家だけ

昔に読んだ本に書いてあったけど、それはものすごくキレイ事なんじゃないか。今の夏美には、そうとしか思えない。


急な帰省に、母親はただただ心配したけど、特に話を聞くでも慰めるでもなく、お風呂だけ湧いている。と声をかけてくれた。それが冷たいような温かいような、いつもの日常だ。


ベッドに突っ伏すと、安心する匂いに少しだけ涙が止まる。だけど絶望的な状況は変わらない。

弘が1番気にしていることを、怒りにまかせて責めてしまった。そして自分は、弘との結婚ではなく、安心感を求めているだけだった。もっと言えば、借金のある弘となんて私は絶対結婚したくない。とすら思っていたのだ。


第28話

自覚した事実が罪悪感として、胃のあたりをチクチク攻撃する。弘が怒ったところは、何年ぶりに見ただろうか。むしろ初めてかもしれない。

大きな声を出すことのない彼に驚いたと同時に、彼もそれなりに2人の未来を考えていたんだという事実も思い出す。


「もう、どうしようもないけど……」


後悔なのか、絶望なのか。わからないけど、夏美は無意識にスマホを開いていた。


『今日はありがとう。急にごめんね。夏美ちゃん見てたら思わずあんなことしてて…でも遊びとかではないから』


幸太からLINEが入っている。そういえば数時間前、私はこの人とキスをしたのだ。ドキドキして運命かもと思った恋は、過去の思い出というアドバンテージにくわえ、彼から放出される結婚という安心感に、私は惹かれていたのかな…。妙に冷静に感情が整理されたとたん、自分と幸太に対して嫌な気持ちが湧き上がり、画面を閉じてしまう。


「はーっ」と大きなため息をついて、次に季子のHPを開き、今の状況を打ち込む。借金の一件から、状況を説明したら怒られるんじゃないかと思い、なんとなく気まずくてアクセスもできていなかったけど、頼れる場所が今はここしかなかった。

どうしたらいいか答えは出ない。でも……迷う気持ちを打ち込み、着替えを手にして、最後に一応弘からの連絡が入っていないかだけ確認する。もちろん、スマホは何も受信してはいない。


「だよね……」


それだけのことを、自分は言ったし、やってしまったんだ。


湯船につかると、暖かさが涙腺を緩め、涙が思い出したかのようにまた流れ出す。今日は妹がいないから、細かく何かを詮索されることもないし、比べて過剰に落ち込むこともない。

静かな浴室に、夏美の小さなすすり声だけが響いていた。



NEXT ≫ 第29話:「ただ結婚して安心したかった」その事実に気づけただけで、実はいいこと?



■連載を1話から読む

第1話:とにかく結婚したい!家族の輪から取り残されるのは、私が独身だから?



■恋愛パラドックス|バックナンバー

第23話:不意打ちにダウン寸前!彼ではない男との秘密の夜


第24話:握られた手、思わず急接近するデートの行方は…


第25話:キスの後の「この後どうする?」その時彼女の頭に浮かんだこと


第26話:微妙な温度から戻る二人の仲。そして彼が話した借金の真実


第27話:明かされる彼氏の借金の理由!ただ聞きたかっただけ?それとも安心させてほしかっただけ?



▼前作の小説はコチラ!

第1話:行きたくない合コン!そこで待っていた地獄の時間



  • おおしまりえ(恋愛ジャーナリスト/イラストレーター)

    水商売やプロ雀士、一部上場企業などを渡り歩き、のべ1万人の男性を接客。鋭い観察眼を磨き、ゆりかごから墓場まで関わる男女問題を研究。本人も気づかない本音を見抜く力で、現在メディアや雑誌でコラムを執筆中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ