プレスリリースナシ婚

「結婚式も披露宴もなくていい」実は女性のほうが多かった!?

  • 更新日:2018/10/17

 真っ白なウェディングドレスに、華やかな披露宴。結婚式や披露宴といえば、昔から多くの女性の憧れの象徴でしたよね。しかし、最近ではそういうわけでもないようで、いま増えているのが結婚式も披露宴もしない“ナシ婚”。

 世の20~39歳の独身男女に聞いた、最近の結婚式事情をご紹介します!


式や披露宴は、「しなくてもいい」けど自分は「したい」

世の男女は、ナシ婚カップルについてどう思っている?

 まず最初に、”ナシ婚”カップルが増えていることについて聞いたところ、以下のような結果になりました。


画像1

 一番多かったのは「式も披露宴もしなくていいと思う」人で、33.0%。なんと、約3分の1の人が回答しています。一昔前だと考えられない結果かもしれませんね。

 式と披露宴(お披露目パーティー)の両方、またはそのどちらかだけでも「した方がいいと思う」人は全体の26.8%となり、「した方がいいと思う」人より、「しなくていいと思う」人の方が6.2ポイント多い結果となりました。



自分自身の結婚について“ナシ婚”はアリ!?

 ナシ婚でもいい派が多い中、自分自身の結婚についてはどう思っているのでしょうか?


画像2

 おもしろいことに、いざ自分が結婚する立場となると一番回答が多かったのが「式と披露宴の両方したい」。式や披露宴をするかしないかは個人の自由という考えは浸透していても、いざ自分に置き換えた時はそういうわけにもいかないのかもしれませんね。



式も披露宴もナシ派、実は女性のほうが多かった!

男女別に見た“ナシ婚”へのイメージとは?

 さて、世間のナシ婚への意見は先程ご紹介しましたが、今度は男女別に見た結果をご紹介したいと思います。


画像3

 女性の方が結婚式へのあこがれが強いのかと思いきや、意外な結果に。男女ともに一番多かったのは「式も披露宴もしなくていいと思う」ではあるのですが、その割合を比較してみると、女性のほうが男性より3.5ポイント高いんです。合わせて、式と披露宴の両方、もしくは片方だけでもしたほうがいいと考えている人を見てみると、男性が女性を5.7ポイント上回っていて、結婚式と披露宴についてしたほうがいいと考えているのは男性のほうが多いことが分かりました。



みんなが式や披露宴で好ましくないと思う所はココ!

 式や披露宴に対して、消極的な男女が多いのはなぜなのでしょうか。

 式や披露宴を行う上で「あまり好ましくないと思うこと、必要ないと思うこと」について、尋ねてみました。


画像4

 好ましくないと思うことのトップは「費用がかかり過ぎること」で約7割。次いで「準備に時間や労力がかかること」が約5割という結果に。その他にも新郎新婦の披露宴での余興や、親への感謝の手紙を書く(読む)ことなどがあがりました。



 いかがでしたか?

 ちなみに、筆者は結婚式や披露宴はしたい派です。結婚関連で使うお金を違うことに回したいというナシ婚派の意見も大いに分かります。ただ、結婚式は一生に一度(ではないかもしれませんが…)の晴れ舞台ですし、お世話になった両親や親戚、友人に感謝を示す場でもありますよね。結婚式の日くらい主役になって思う存分幸せな気分に浸り、周りにも幸せをばらまきたいと思うのは筆者だけでしょうか?



【参考】

株式会社パートナーエージェント

http://www.p-a.jp

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag