エンタメ

オヤジ化してきたかも!?旬のザクロで女子力を上げる!

 

 

毎日仕事仕事で、デートも合コンもしばらくしていない……。
女子力はめっきり減り、最近はなんだか「オヤジ化」してきた気が……。

 

ちょっと待って、こんなところで息絶えてはダメ! しっかり女子力を付けて婚活戦線を乗り越えなくては、生涯独身という負け組みまっしぐら。

 

そんなあなたに、Gow!Magazine衛生兵から、とびきりの女子力救援物資をお届けします。

 

 

■けっこう当てはまる……オヤジ化チェック

 

突然ですが、 あなたはいくつ当てはまりますか?

 

●最近、階段を使うのが億劫になった
●毎朝のメイクが面倒くさい
●鏡を見て、改めてシミの多さにびっくりする
●部下の失敗にすぐイライラしてしまう
●一度会っただけでは人の名前が覚えられない
●照れているわけじゃないのに顔がほてっている
●帰宅後のビールがないとやってらんない
●休日はパジャマのまま家でだらだらすることが多い
●肉やイタリアンなどを避け、ランチはもっぱら立ち食い蕎麦
●以前より二日酔いが治りにくくなった
●外出先でマッサージ屋の看板を見ると立ち止まってしまう
●大笑いした瞬間にちびっちゃうことがよくある
●新入社員に「若いエキス吸わせてよ~」とか言っちゃう
●朝起きて、自分の口臭にびっくりすることがある
●毎朝、トイレで10分以上粘る

 

「あ~、けっこう当てはまるわ~(笑)」とにやにやしているあなた。
オヤジ化が進行している可能性大です。かくいう筆者も、いくつか身に覚えがあります。

 

 

■なんとしてもオヤジ化は避けたい!

 

このオヤジ化の原因、実は女性ホルモンの減少によるものかもしれません。

 

女性は30~35歳を過ぎると女性ホルモンの分泌がだんだん減少してきます。女性ホルモンが減少すると、このように肉体的にも精神的にもオバサンを通り越してオヤジ化してしまうんです! まぁ恐ろしい!

 

そもそも、女性ホルモンとは何なのでしょう。フェロモンみたいなものかと思っていましたが、ちょっと違うようです。

 

女性の体内には、卵巣から「エストロゲン」という物質が絶えず分泌されています。簡単に言えば、このエストロゲン=女性ホルモンということになります。

 

しかし、エストロゲンは年を取るにつれて減少していくもの。それは体のメカニズムとして抗えないこととはいえ、今が働き盛り&遊び盛りの私たちアラサー女子が、こんなことでどうする! って話ですよね。

 

 

■女性ホルモンを含んだフルーツ!?

 

じゃあ、どうするか。実は、女性ホルモンに非常によく似た成分を含むフルーツがあるんです。

 

それが、今が旬のザクロ。
ザクロには、体内で減少するエストロゲンを補ってくれる「植物性エストロゲン」が含まれています。

 

「ザクロは美容にいい」という話は聞いたことがあると思いますが、それだけでなく、更年期障害・生理不順・成人病の予防や、なんと不妊症にも効果を発揮した例があるんです。

 

美容にも健康にもいいという、ザクロはまさに女性のためのフルーツなんです。

 

 

■ザクロを使った商品が続々登場

 

でも、いくら体にいいとはいえ、よほど好きでなければ習慣的にザクロを食べるという人などいないでしょう。
中には「ザクロってどんな形してたっけ?」という人もあるかもしれません。それに、ザクロをよく見たことのある人ならわかると思いますが、あまり気持ちのいいビジュアルではありません(ブツブツ系が苦手な人なら特に)。

 

そこで、普段から取り入れやすいサプリやジュースなどから摂取してみてはいかがでしょう。筆者が気になったザクロ関連商品を挙げてみました。

 

●「CALPIS BARTIME」桃ざくろ&カルピス(カルピス)
コンビニで手軽に買うことができるザクロ商品。白桃リキュールと、ザクロ果汁のお酒です。

 

●発酵黒ざくろ酵素ジュース(発酵本舗)
通販で買える、無添加ザクロジュース。焼酎やウォッカなどを割って楽しむのがおすすめ。

 

●ブラックエゴイスト(美的生活)
ザクロエキスを配合したバストアップサプリ。ネーミングにも注目。

 

注目したいのは、どれもザクロの「種子」が使われている商品であるということ。植物性エストロゲンは、種子に多く含まれているからです。

 

さらに、赤ザクロではなく黒ザクロであることもポイント。もっとも栄養価が高いとされているのは、その中でもペルシャ産のものですが、ちょっと値段がお高いのでご注意を。

 

さあ、ザクロパワーで今日から脱オヤジ宣言です!
女っぷりを上げて、ホルモンむんむん(?)元気ハツラツの肉食女子になって、魅力的な男性をハントしに行きましょう!

 

 

■関連コラム
ピンクは野菜と女性を救う?超ロマンティックな農業が話題
秋の味覚マツタケ危うし!高濃度の放射能検出で収穫禁止に
パンツェッタ貴久子の女子力アップなイタリアンレシピVol.1
ミスド+モス=モスドを見習って新しい企業コラボを提案してみた

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ