複数クリック詐欺

ワンクリックならぬ、複数クリック詐欺でもあせらずに!【#4】

  • 更新日:2019/05/14

ワンクリック詐欺。おそらく、その名前は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。かつてはアダルトサイト系がほとんどで、被害者も男性メインでしたが、最近ではアダルト系以外のサイトでも被害報告があるなど、女性にも身近な問題になっているのです。

知っておきたいワンクリック詐欺の現状について、事例とともにご紹介します。


【事例】暇にまかせて、ネットで芸能情報を見ていたら……

携帯を見る女性

乳児を育児中のA子さん。子どもがお昼寝した後、一緒に横になりながらスマホをいじるのが唯一の自分の時間です。その日も、何気なくネットを見ていたら、好きな男性アイドルの話題が。気になって、いろんなサイトをクリックして読み進め、関連動画を再生しようとしたら突然、


「登録ありがとうございます。年間購読料3万9800円を期日までにお振込みください」


というページが。しかも、ページを消しても何度も出てくるのです。「何、どういうこと?!」と焦っていると、


「誤作動の場合、こちらにご連絡ください。相談センター ☎000-××××」


という表記とともに電話番号が。クリックすれば、スマートフォンから直接電話ができますが、A子さんはここで思いとどまりました。検索して、これがワンクリック詐欺であることに気づいたのです。


まず、「ワンクリック詐欺」の常套手段とは

ワンクリック詐欺

昔からよくあるワンクリック詐欺の常套手段は、アダルトサイトなどで動画を再生しようとして、「20歳以上ですか?」の問に「はい」をクリックすると事例のような「登録ありがとうございます!○日以内に~円をお支払いいただけない場合、ご自宅または会社に請求させていただきます」などの怖いページが出てくる、というもの。

高校生や高齢者を中心に男性が被害に遭うケースが多発しましたが、最近ではスマートフォンが普及し、女性専用アダルトサイトも登場するなど、女性にとっても他人事でない話になってきました。


さらに、女性が「アダルトサイトを見ようとしたなんて人に知られたら恥ずかしすぎる」と、一人で対処しようとして被害に遭う事例も増えているようです。


IPアドレスやブラウザ、利用OSなどを表示して、個人情報を把握しているように装うのも定番。でも、実はこうした情報はサイトを見るときに自動的に相手に伝えられているだけで、住所や名前などがバレているわけではありません。


こんなにある!ワンクリック詐欺の進化版

悪徳サイト

被害者はアダルトサイトを閲覧しようとした、という引け目もあり、人に知られなくないという意識がある働くため、動揺します。

会社バレや親バレするなら、お金を払ってしまったほうが……と思ってしまう人もいるようです。というわけで、このシンプルかつ悪意に満ちた詐欺被害は、未だに後を絶ちません。さらに、事例のように


・アダルトサイトや出会い系以外でも、芸能情報や裏情報、ゲーム情報、コピーブランドサイト、占いサイトなどに広まってきた

・上記の内容のアプリをダウンロードし、起動したら同じような請求画面が表示される

・1度ではなく、何度かクリックさせることで、「自らのミスで登録してしまった」と思い込ませる


など、手口が広がっているのが現状です。


基本的には無視でOK!間違っても電話はかけないこと

相談窓口

基本的には、契約内容を確認することなくワンアクションで契約することは法律上ありえません。そのため、対処法としては「無視」でOK。それが2~4回などの複数クリックであっても同じです。

たとえば、1回クリックしても反応せず、3回ほどクリックしたら「契約ありがとうございました」と表示が出た。実は画面上にごく小さく「3回クリックしたらご契約」と書いてあって……という場合でも、契約内容を確認したことにはならないので問題ありません。


まずいのは、焦って「退会などのご相談はこちら」と表示されている相談窓口に電話やメールをしてしまうこと。それまでバレていなかった個人情報を申告することになり、何度も電話がかかってくるなどの被害に遭う可能性があります。


もちろん、お金を振り込むのもNG!カモとみなされ、二次三次の被害を招くことになります。


請求画面が繰り返し表示されないようにするためには、スマートフォンの操作方法を確認し、ページそのものはもちろん、履歴やキャッシュを消去すれば、次から表示されなくなります。


ワンクリック詐欺に遭わないために

詐欺

ワンクリック詐欺というものがあること、対処法としては無視でいいことを知っておけば、怖がらなくても大丈夫です。ただ、突然、偽の請求があったりすると心臓に悪いので、そもそも引っかからないようにするのが最善策。


・怪しいサイトや動画をクリックするのは避ける

・提供元のわからない怪しいアプリはインストールしない

・送信者不明のメールに表示されているリンクや広告はクリックしない


などの、基本的な対策を心がけておくようにしましょう。何より、無知につけ込まれることがないよう、こうした情報を日頃からチェックしておくことが大切です!



▸女たちのネット詐欺事件簿バックナンバー

#1 ネットオークションの落とし穴


#2 日常に潜むフィッシング詐欺の罠


#3 進化したなりすましにご用心!SNSアカウントが乗っ取られたら


  • 鈴本りえ (ライター/エディター)

    旅・グルメ・動物・育児・住宅・ビジネスなど幅広いジャンルで執筆するライター/エディター。趣味はぐうたらしながら本を読むこと。元旅人。運動音痴。現在は地方在住、3児の母。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag