SLきかんしゃトーマス号

女性でも大人でも楽しめる!SLきかんしゃトーマス号に乗ってみた

  • 更新日:2019/04/24

鉄道というと、どうしても目的地への手段となりがち。しかし、乗ること自体がメインになる観光列車って、実は数多く運行しているんです。

今回は、その中でも大人気のSL「きかんしゃトーマス号」をご紹介します。


◆本物のトーマスに乗れる!大井川鐡道のトーマス号

シュッシュッポッポッと蒸気機関車が煙を吐きながら走るSL。どこか懐かしいレトロな雰囲気に、鉄道ファンでなくても「乗ってみたい!」と思う女性は多いでしょう。静岡県を走る大井川鐡道では、なんと、きかんしゃトーマスのSLが走っているんです。


なんといっても、この再現率がすごい! 決して子供だましのオモチャなんかじゃありません(笑)。実際に客車を引っ張る本物の機関車。ポッポーと汽笛を鳴らし、煙を吐きます。見ているうちに愛着が沸き、どんどんかわいく見えてくるっ! かわいいよトーマス。ハァハァ。


もとい、トーマス号を運行している大井川鐡道は、もともと年間300日以上SLを走らせている鉄道会社。SLはある意味お家芸なんです。新金谷駅と千頭駅間の37.2kmをトーマス号、日によってお友達のジェームス号が走ります。


SLきかんしゃトーマス号

(画像のトーマスの後ろにジェームスが連結されている列車は、この日だけの特別運行)


◆SLに乗って雄大な景色に癒されよう

雄大な大井川に沿って線路が敷かれている大井川鐡道。SLの窓からそのダイナミックな景色を楽しめます。これがなんとも癒される! 進行方向右側に座ると、川沿いの景色を長く楽しめますよ。


沿線ではトーマス号を見つけて手を振ってくれる地元の人たちが、そこかしこに。こんなに愛されているなんて……なんだか感動しちゃいます。まるで皇室の方になった気分で、優雅に手を振るワタシがいました。


大井川鐡道

窓を開ければ包まれる、爽やかな自然の空気。そして香ってくる石炭のニオイ。これもSLの醍醐味! ちなみに、トンネルに入ったら窓を閉めることをオススメします。煙が車内に充満してしまうので。


車内はトーマスで飾り付けられ、アナウンスもトーマス、BGMもトーマス。とにかくトーマス尽くしの世界観。子どもたちが大興奮する要素満載ですが、大人でも十分楽しめるから不思議です。


◆トーマスに乗れるのは10月まで

大井川鐡道の、きかんしゃトーマス号・ジェームス号に乗れるのは10月14日(日)まで。公式HPにある運行カレンダーのチェックを。乗車料金は、大人1名片道:3,000円、小人1名片道:1,500円(乗車記念グッズ付き)。


沿線には温泉も多数存在します。トーマスに乗ったあとは、温泉でしっぽり癒されるプランもいいですね!


▼詳細はこちら

http://oigawa-railway.co.jp/2018thomas_james



▼女子も楽しめる乗り鉄関連記事▼

都内から2時間以内!日帰りでのんびりできる女子の鉄道旅・4選


ご当地グルメをお得に!週末を100%充実させるグルメきっぷ4選


女子でもハマる!旅ロマンあふれる寝台特急の魅力とは


  • 東 香名子 (恋愛コラムニスト)

    ひとり妊活実践者。独身女性の本音に切り込み、これまで1000本以上のコラムを執筆。

    著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag