エンタメ

男子の人気は羽ばたき系!?「2018年上半期赤ちゃんの名前TOP20」

プレスリリース赤ちゃんの名前

 最近の子どもの名前と聞いてキラキラネームを想像する方は少なくないはず。メディアでもよく取り上げられていたせいかそのイメージは強いですよね。でも、調べてみるとどうやらそうでもないみたいなんです。

 今回は、2018年上半期で人気だった赤ちゃんの名前についてご紹介します。


女の子のランキングに漢字三文字の名前が初登場!

 株式会社赤ちゃん本舗が発表した「2018年上半期赤ちゃん命名・お名前ランキング」を参考に見ていきます。

画像1

【男の子】

 まず男の子を見てみると、1位は「蓮」という結果に。ランキングを眺めてみると、まず気づくのが「はると」と「ゆうと」の多さではないでしょうか。20位以内に合わせて6つもランクイン。同じ読みでも、使われる漢字によってそれぞれ印象が変わる気がします。

 ただ、一つ言わせてもらうと「陽大」なんてどう見たって「ようだい」じゃないですか!?と、一瞬編集部が揺れましたが(笑)とはいえ、2018年上半期にわかっているだけでも54件もこの名前がつけられているということは、この読み方がいまのパパママの間では流行っているのかもしれませんね。

 ちなみに、筆者の勝手なイメージですが、男の子のランキングは全体的に爽やかな名前が多いという印象を受けました。


【女の子】

 次に、女の子。去年実施されたランキングでも首位だった「咲良」が2年連続首位をキープしているようです。

 上半期としては春を意識した名前がランキングの上位に来る傾向があるそうで、実際に見てみても「春」や「さくら」を使った名前がランクインしています。

 そして、注目したいのが20位の「陽菜乃」。女の子で漢字3文字の名前が20位以内にランクインしたのは2005年にランキングが調べ始められてから初めてなんだとか! 三文字の名前って漢字も三文字以上だったらバランスが悪いし長くなるので、個人的にも難易度が高いように感じました。


男女共に人気の漢字とは……?

画像2画像3

【男の子】

 先程の名前ランキングを振り返ってみても納得のいく結果ですが、男の子は「太」や「大」「翔」といった漢字が上位3位までにランクイン。その他も「陽」や「晴」などほがらかな印象の漢字がいま人気のようです。

「翔」の多さからして、自分の息子を羽ばたかせたいと願うパパママは多いんですかね? ということで、ここでは「羽ばたき系」と命名することにいたします!


【女の子】

 女の子は「菜」「花」「咲」「桜」「華」など草花にまつわる漢字が多く見られます。女の子の名前には、やはりかわいらしくて華やかな漢字が好まれると言えそうですね。


 そして、男女共通で人気が高いのが「希」「優」「結」。中でも「結」が男女共に去年からランクアップしていて、男の子の漢字として20位以内に入るのは初めてのことだそう。人と人との結びつきや繋がりを大切にしてほしいとの思いが窺えますね。



 いかがでしたか?

 男の子も女の子も、全体的に筆者が子どもだった頃には見られなかった漢字の使われ方がされている気がします。

 ちなみに筆者は自分の年齢にしては古風な名前で小さい頃は好きではなかったのですが、いまや逆にそのレアさと響きが気に入っています。名前って、よく言われますが親から子どもへのかけがえのないプレゼントですし一生モノなので、今年生まれた子どもたちも自分の名前を好きになってほしいなと思います。



【参考】

株式会社 赤ちゃん本舗

https://www.akachan.jp

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ