エンタメ

AI時代になくなる仕事・伸びる仕事『10年後の仕事図鑑』

女性を幸せにする本

私が「これからの仕事」について考え始めたのは、子育て中で離職している姉から、「AIに仕事を奪われるって聞くけど、じゃあ結局これからはどんな仕事を選んだらいいのかな」と相談されたことがきっかけでした。


ここ数年、AIの発展は目覚ましく、私たちは嫌でも「近い将来、これまで人間のしていた大半の仕事がAIに奪われる」と認識させられています。


これまでは、事務職などの人件費が比較的低いものは、AIによって置き換えられるだろうと言われていましたが、近年では、弁護士や会計士などこれまで高度な知識が必要だと考えられていた職業でさえ、代替可能だろうと言われ始めています。


ではいったい、今後私たちはどういった仕事を選べばいいのでしょうか?


今回は、メディアアーティストで筑波大学准教授の落合陽一さんと実業家の堀江貴文さんの共著『10年後の仕事図鑑』を参考に、これからの仕事・働き方について紹介していきます。


AIに仕事を奪われても、なんの問題もない。自由時間が増えるだけ

「AIに私がしている仕事を奪われるかもしれない」というのは、多くの人にとって恐怖でしょう。ですが、堀江さんは「AIに仕事を奪われたとしても、なんら問題はない」と言い切っています。


人間がやらなければならなかった仕事の時間が減り、自由な時間が増えるだけのことで、生活コストはどんどん下がっていくので、無理にお金を稼ぐ必要は無くなっていく、というのです。


また、「AIに仕事を奪われる」と考えるのではなく、「AIの技術が発展してきた。ではどうやってそれを活かせるか」と考える方が建設的ではないか、と繰り返し述べています。


はっきりいうが、「AIによる職の代替=不幸」のロジックを持つ人間は、自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている点で、ダサい。仕事を奪われ「価値を失うこと」を恐れる前に、なぜAIを使いこなし「価値を生み出す」視座をもてないのだろうか。「価値を失う」ことに目がいくタイプの人間は、常に「使われる側」として搾取される状態にいることに気づかなければならない。AIが古い社会システムを刷新していけば、今、世の中の人が思っているよう「会社」のありようは失われていく。時代に合わせ、常に変化し続けられることが、これからの時代を生き抜く必須条件になる。(P.29)


10年後になくなる・減る仕事と、生まれる・伸びる仕事

10年後の仕事

では次に、具体的にどの仕事がなくなり、どういった仕事が伸びるのか、落合さんと堀江さんの未来予想について見ていきましょう。


■未来予想1:10年後になくなる仕事・減る仕事

・管理職…管理するだけの管理職はAIで十分。ビジョンを語れる管理職は生き残る

・秘書…スケジュール管理などの業務はAIが代替し、コミュニケーションを円滑にする存在としての仕事は残る

・営業職…「この人から買いたい」と思われるフォロワーを持つ営業職だけが残る

・現場監督…作業員など体を使う仕事は残るが、現場監督はAIに代替される

・エンジニア…自動化AIに代替される可能性が大きい

・弁護士…弁護士の仕事は過去のデータに基づいて判断することが多いので、給料の高い弁護士はAIでコスト削減される

・会計士・弁理士・社労士…法律関係はAIの得意分野。間違いなく減っていく

・スポーツの監督…データに基づいた指示出しはAIができる。ただし、モチベーション喚起などは人間が必要

・介護職…重労働はAIが行い、コミュニケーションは人間が行う

・事務職…計算を主とする仕事は、わざわざ人間がする必要はない

・医師…診断はAIが行える。医師は治療・手術に専念できる

・クリエイター…AIは言葉を扱う分野が得意。広告コピーなどはAIで代替できる可能性が高い。クリエイティブな仕事はAIに代替されないというのは幻想(ただし、アートを体験させるための運営などに人手は必要)


■未来予想2:10年後に生まれる仕事・伸びる仕事

・ドローンを使ったビジネス…空撮・測量・ビルの壁面検査など、幅広い需要がある

・ショービジネス…あらゆる作業が機械化されていく未来において、人間にしかできない仕事の価値はより一層上がっていく

・職人…自分の作業効率を上げるためにAIを使いこなせる職人は強い

・志のある個人経営の店…独自のこだわりを持っていれば、機械化・自動化されない


今できることは、好きなことにとことんハマること。ニッチな領域を選ぶこと

仕事

上記のような、「AI時代になくなる可能性のある仕事、伸びる可能性のある仕事」について姉に伝えたところ、「ドローンとかショービジネスとかできないし、興味もない」といった答えが返ってきました。実際「10年後にはこの仕事が伸びそうだ」と聞かされても、興味がない仕事はしたいとは思えないでしょう。


では、結局のところ、どのように仕事を選べばいいのでしょうか。


堀江さんは「好きなことにハマれば、お金なんて稼げるようになる。お金のために働くのではなく、好きなことでお金を得るほうが大切だ」といい、落合さんは、「人対コンピュータで考えた場合、同じ土俵で競えば人間は機械には勝てない。ただし、何をやるかが決まっていない状況なら、人間は機械に十分に勝てる。なぜなら機械にはやりたいという意思がないから。目的をもって、コンピュータが入り込む余地のない、そして誰も興味のないニッチな領域を追求せよ」と指南しています。


「好きなことばかりしていたら、仕事が減り、収入が減る」と言う人がいるかもしれない。たしかに、生活するにはまだまだ一定の収入が必要な時代だ。ただ、そういった人たちには、「「現代は好きなことでお金が稼げる時代だ」と教えてあげよう。自分の「好き」という感情に、ピュアに向き合い、ひたすらに没頭すれば、いつかそれは仕事になる。


これからの時代において、「仕事がないから、収入がない」というのは、言い訳に過ぎない。誰にとっても、仕事は「引き受ける」ものから「作るもの」へ変わっていくのだ。インターネット革命以降、仕事のあり方も、収入を得る方法も、すべては変わったのである。もともと幻想だった旧来の道徳や常識、安定志向も通用しない。(P.18)



【さいごに】女子が幸せになるための仕事との向き合い方。就職・転職以外の道は無数にある

女性の選択肢

今回は、これからの仕事・働き方について『10年後の仕事図鑑』を参考にご紹介しました。


女性は、結婚や出産、介護などで、仕事を中断せざるを得ない場合が多々あり、そのために、キャリア形成が男性よりも難しいと感じる人も多いでしょう。たしかに、「きちんとお金を得るには正社員になってひとつの会社で勤め上げるしかない」といった時代には、女性は稼ぎ手として圧倒的に不利な状態でした。


ですが現在では、正社員として働き続けることはひとつの選択肢でしかなく、組織に属さなくても、収益を上げる方法が数多くあります。まずは、「再就職が難しいから、仕事に復帰できない。転職できないから働けない」といった従来の考えから脱皮する必要があるでしょう。


また、「趣味が仕事になり得る」こと、好きを追求することこそが結果的に機械に代替されない価値を生み出すことも認識しておきましょう。好きなことを追求することで、仕事を「もらうもの」から「作り出すもの」に変えていける可能性があるのです。



今回ご紹介した本

『10年後の仕事図鑑』

著者:落合陽一・堀江貴文

出版社:SBクリエイティブ




【バックナンバー】女性を幸せにする本

「未婚の母は哀れ」は古い。あえて一人で出産・育児をする女性たち

副業で100万稼げたらいいと思わない?ネットワークビジネスの魅力と闇

結婚式と指輪の費用をひとりで出した女友達に凄いねって言えなかった

恋愛が終わったあと、どうやって夫婦を続ければいいんでしょうか

「幸せになるための3つのインフラ」と「8つの人生パターン」

  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ