エンタメ

セクハラ・パワハラ被害の救世主誕生!匿名通知サービスはじまる

プレスリリースセクハラ

 セクハラやモラハラに困った経験はありませんか? もしくは、自分はされていなくても見たことがあるというケースもあるかもしれません。自分からは直接言いにくいけれど、このまま放っておくわけにはいかないし……。といった悩みを抱える皆さんに朗報です!


 株式会社クアレレ(Quaerere)(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:吉田 樹生)が、画期的なサービスを開始しました。その名も、ハラスメント代理通知サービス「ソレハラ」。


気づいたら即通知がお互いのためになる

画像1

 使用方法は簡単。5つの質問に答えるだけで、「◯◯ハラスメントを行っています」という内容の匿名メールを本人宛に送ることができます。無料で利用でき、かつ会員登録も不要です。さらに、一方的に送りつけるだけではなく、送られた側も反応を示せるところがこのサービスの良いところ。「心当たりがある・ない/言ってくれてありがとう、直します、君の誤解だ」といったリアクションを返すことが出来ます。

 気がついた時に誰でも匿名メールを送ることができるため、組織内ハラスメントを軽度な段階で認知させることが可能です。


サービス名称 :ハラスメント代理通知サービス「ソレハラ」

公式リリース日 : 2018年5月30日

URL :https://sorehara.com

利用料 :無料 ※法人利用は現在テスト中で将来的に課金制に移行予定


代表が語る『開発のきっかけは、部下に言われた一言でした』

画像2

 開発のきっかけは、部下に言われた一言だと代表の吉田氏は語っています。居眠りをしている部下に何気なくカフェイン剤を勧めたところ、返ってきた言葉は「それはパワハラになります」。言った本人にそんな気は無くとも、言われた相手がどう受け取るかがハラスメントに該当するかどうかの基準。「どこまでがハラスメント行為なのか」世代や上下関係の壁を超えて教え合うことで、被害者・加害者・会社が最悪な事態に陥るのを防げるのではないかという思いで、サービスの提供に至ったそうです。


今後の展望

 今後は、匿名メールからハラスメント情報のデータを分析・加工し、「どのような場面・人間関係でハラスメントが起こるか」がわかる分析ツールとしての展開が予定されています。


 どんなハラスメントも、それが不快であると伝える事は勇気がいるものですよね。

 でも、そんな不快な環境に身を置き続けるのはストレスでしかありません。

 いつも我慢してしまう……そんな方が、勇気を出して投稿することで、ハラスメントに立ち向かうきっかけになればいいなと、筆者自身も心から願っています。


会社名:株式会社Quaerere

URL:https://quaerere.app

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ