エンタメ

婚活手段を徹底比較!間違った場所を選んでいませんか?

女性を幸せにする本

「婚活」と聞いて想い浮かべることはなんですか?


合コン?

結婚相談所?

サークル活動?

婚活サイト?


人によって様々だと思います。

実際、どの婚活が一番良い出会いがあるのでしょうか?


それは、その人の性格によって異なります。


・「合コンではまったく出会いが無かくて疲れただけだったけど、結婚相談所に入ったらすぐに素敵な人と出会えた」

・「結婚相談所はお金のムダだったけど、婚活サイトでたくさん素敵な人に出会えた」


など、人によって感じ方は異なり、一概にどの方法が一番いいとは言い切れません。


今回は、楽天グループの結婚情報サービス大手であるオーネットのマーケティング部長、西口敦さんの著書『普通のダンナがなぜ見つからない?』を参考に、婚活手段のメリットとデメリットの比較を行います。


それぞれのメリット・デメリットを把握することで、ご自身に合った婚活手段を選ぶ参考にしていただければと思います。


5つの婚活手段を徹底比較

①知人の紹介・お見合い

★メリット

・自分のことを知ってくれているので安心


★デメリット

・断りづらい

・数が少ない


知人の紹介のいいところは、あなたと相手のパーソナリティをよく分かってくれていて、大きな失敗がないこと。(略)弱点は、個人ネットワークだけに限界があること。(P.121)


やはり、知人の紹介というのは安心感がありますよね。「ネットや相談所などで出会った人は、共通の知り合いがいないから心配」といった方におすすめです。


②合コン・婚活パーティ

★メリット

・手軽

・情報開示の必要があまりない

・友達と参加できる


★デメリット

・相手の属性が分かりづらい

・聞きにくいことが聞けない

・情報がウソであっても分からない

・既婚者がいる可能性がある


婚活の定番である合コン。お手軽だけど、複数参加である合コンではある程度の瞬発力が必要だ。(略)女子仲間に敵を作らない配慮も求められる。こうした「押し」「引き」といったちょっとした駆け引きが苦手な人が、合コンで成果を出すのは難しい。

もっと大規模な20人対20人のような「婚活パーティ」などもある。こちらも構図は合コンと似ていて、瞬発力が求められる。女性同士の参加だと、男性が声をかけにくかったり、女性同士お互い微妙に牽制しあったりという点は同じである。パーティや合コンでは、女子仲間に対して平気で抜け駆けできることも成功の秘密。女子ウケがきになる方には向いていない。(P.122)


合コンや婚活パーティなどでの一番のデメリットは、「開示している情報の信頼性が低い」ということでしょう。親しい友人との合コンであれば、知人の紹介と同じような安心感がありますが、婚活パーティなどは、気軽に参加できることもあり、既婚者の参加も可能であり、ウソの情報を伝えられる可能性もあります。


ただし、一度で多くの人と出会える場であることはたしかです。社交的にふるまう必要があるため、合コンや婚活パーティなどに向いているのは、人見知りをしない人、と言えるでしょう。


③結婚相談所

婚活の手段/>
<p>★メリット</p>
<p>・アドバイザーがいるため、客観的なアドバイスがもらえる</p>
<p>・身元がしっかりと保証されている</p>
<p>・結婚願望が強い人・真剣な人に出会える</p>
<br />
<p>★デメリット</p>
<p>・費用が高め</p>
<p>・登録の精神的ハードルが高い</p>
<br />
<strong><p>ネット系に比べれば決して安くはないし(オーネットの代表的なプランで初期費用11万円、月会費1万数千円)、心理的ハードルもあるだろう。まあ、逆にいえば、男性もそれだけの投資をしているわけで、本気で結婚を考える方にとっては、合理的な手段といっていい。(P.124)</p></strong>
<br />
<p>相談所のデメリットは、他の婚活手段に比べて、費用が高いことでしょう。紹介などであれば基本的には無料ですが、相談所となると登録時に数十万の支払いが必要となってきます。ですが、それは同時に男性側も数十万の支払いをしているということ。</p>
<p>ゆえに、かなり結婚に前向きな人と出会える、というメリットはあります。</p>
<br />
<p>ある程度費用を払っても、効率的に結婚願望の高い人に出会いたい、という人に向いている手段です。</p>
<br />
<h3 class=④属性を絞った結婚相談所

結婚相談所には、「誰でも入れる相談所」と「男性の属性が限定されている相談所」の2種類があります。

「属性を絞った結婚相談所」では、年収や職業が限定されています。俗に言う、ハイスペックな男性のみを取り揃えていることをウリにしているため、女性の支払いが高額で男性の登録料は割安になっています。


★メリット

・希望の属性の男性と出会える


★デメリット

・男性の本気度が低い

・女性の会費が高い


「医者や高収入男性、セレブ外国人」のみが会員だという都市部のみに存在する結婚相談所は、女性に夢を見せてくれる。良心的なところもあるが、一般的に女性の会員は数十万円単位のかなりの高額の費用を支払っている。一方で男性は無料か、せいぜい数万円で、これまた本気度は決して高くない。「タダ飯が食えて女の子と知り合えるから、頼むから来てよ」と言われてやって来ただけ、という男性も多いと聞く。(P.123)


男性の本気度が低いため、女性が積極的に行動する必要があります。また、そういった積極的な女性が多い中で選ばれる必要があるため、人気が高い男性に選ばれる自信のある女性に向いている婚活手段だと言えるでしょう。


⑤出会い系サイト・アプリ

★メリット

・手軽

・安い

・会員数が多い


★デメリット

・本人確認が甘い

・男性の本気度が不明


安く、家や携帯で活動できて、気軽。しかし、気軽ということは、相手にとっても気軽ということ。(P.122-123)


ネットでの出会いはまだまだ危険というイメージがある方が多いでしょう。実際に、相談所などに比べると本人確認は甘く、ほとんどのサイトが免許書や保険証の提出にとどまっています。ですから、「本当に独身か」「記載されている職業・年収は本当か」については確実性が低いのが実情です。


ですから、ちゃんと相手を見極められる人、自己責任で動ける人に向いている手段だと言えます。また、実際に出会うまでにメールでやりとりをするので、ネットでのコミュニケーションを煩わしく感じない人でないと難しいでしょう。


自分に合った方法を見極めよう

自分に合った婚活

一口に「婚活」と言っても様々な方法があります。

メリット・デメリットを知って、自分にとってより良い方法を選びましょう。


もちろん、「全部の方法を試してみる」「同時並行でしてみる」というのもアリだと思います。自分に合った方法を選び、新しい出会いを楽しんでいただければと思います。



今回ご紹介した本

『普通のダンナがなぜ見つからない?』

著者:西口 敦

出版社:文藝春秋




【バックナンバー】女性を幸せにする本

「私ってセフレかも」苦しい恋愛から逃れるたった一つの方法
自分からデートに誘いたい!成功率をアップさせる誘い方の極意
「がんばってるのに報われない」人へ。「諦める」は幸せへの近道
男性25%・女性14%は不倫経験者?不倫で幸福度は上がる?
彼の気持ちが分からない…を解消する3つのポイント
DV被害者は4人に一人。愛を理由に殴る・避妊をしない奴から逃げろ!

  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ