エンタメ

年始の疲れた胃腸に!レバ刺し風鶏レバー

飲み会

忘年会から年越し、お正月に新年会と、肝臓を酷使した季節が終わろうとしています。

よく働いてくれた内臓をねぎらうため、こんなメニューはいかがでしょうか?

鶏レバーやごま油は二日酔いにも良いですよ。


レバ刺し風鶏レバー

レバ刺し風鶏レバー

【材料】2人分

レバー 200g

塩 小さじ1

ごま油 適量

しょうがの千切り 適量

ラディッシュスプラウト 適量


作り方

①レバーを1口大の大きさに切り、血の塊や白い部分を取り除いて、ボウルに入れる。塩を入れて混ぜ合わせ、10分ほどおく。生姜は千切り、ラディッシュスプラウトは食べやすく切る。


②鍋に湯を沸かし、①のレバーを入れてごく弱火で30秒ほど加熱し、そのままふたをして10分ほど放置する。


③②を鍋から引き上げ、あら熱がとれたらラップをして冷蔵庫に入れる。


④生姜、ラディッシュスプラウトを、ごま油を付け合わせとして盛り付ける。


⑤③がじゅうぶんに冷えたら器に盛り付け、ごま油をまわしかけたら出来上がり。④と一緒にいただく。


レバーはこのように、100度以下で調理すれば臭みが出ません。まるで牛のレバ刺しのようにあっさりといただけますよ。


しかも鶏レバーは安いし、この時期心配な肝臓にも良い働きをします。

さあ、今夜はスーパーから鶏レバーが消えますよ。ダッシュで買いにいきましょう!


▼著者:オガワチエコさんの人気コラム▼

おせちの余りが大変身!黒豆と甘栗のチェー

切って焼くだけなのにおしゃれ!柿入りオーブン焼き

健康的に美しく!菊とアボカドのポン酢和え

食物繊維たっぷり!牛肉と切り干し大根の煮物

冬時期の便秘解消に!さつまいもとディルのハニーマスタード和え

  • オガワチエコ (料理研究家/離乳食アドバイザー)

    雑誌やTV、書籍等のレシピ作りや料理コラム等で活躍中。著書に「純愛ごはん」(セブン&アイ出版)「おにぎらずの本」(泰文堂)「スティックオープンサンドの本」(講談社)。2016年10月生まれベビーの母。

    公式サイト:>>OGAWACHIECO FOOD WORKS

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ